財務省キャリア官僚、泥酔暴行で現行犯逮捕 ひろゆき氏「世の中がきれいになっていく」
【映像】“お酒”ではなく呑まれる方が悪いのでは? 泥酔暴行の財務省幹部を逮捕 »

 20日未明、財務省のキャリア官僚が酒に酔い、東急田園都市線の車内で乗客に殴る蹴るの暴行を加え、現行犯逮捕された。体がぶつかり、注意を受けたことがトラブルの原因と見られている。容疑者は将来の事務次官候補の一人とも言われていた。

【映像】乗客を殴る、蹴る…逮捕された財務省・総括審議官の容疑者(56歳)

 この事件にニュース番組『ABEMA Prime』に出演した、ネット掲示板『2ちゃんねる』創設者のひろゆき氏は「官僚がたまに事件をやらかすが、隠ぺい構造だったり、人格をある程度無視されたりすることがある。早めに逮捕されて、こういう人が出世しないような状況にしたほうがいい」とコメント。

 また、時事YouTuberで元NHKディレクターのたかまつなな氏は「今回どのようなケースで逮捕されたか、まだ分からないところもある」と前置きした上で「お酒の席でやらかす人はたくさんいる。社内だと揉み消されてしまうことが多いので、被害者の方がいらっしゃるので『良かった』という言い方はあれかもしれないが、隠ぺいされるよりこういう形で明らかになって良かったと思う。芸能界の飲み会の席も見てきたが、それが問題になっているケースは少ないなと思う。やっぱり若手が我慢することが多い」と答えた。

 キャリア官僚の泥酔暴行事件にTwitter上でも「お酒は怖い」などの声が寄せられている。また、コロナ禍で一時は減った飲み会だが、今になって飲み方を忘れてしまっているのではないかという意見もある。

 ひろゆき氏は「別にお酒が悪いわけじゃない。嫌な人がお酒を飲んだ結果、本性が出てまずいことになっているだけだ」と指摘。「包丁が悪いのではなく、(凶器として)包丁を使う人が悪いわけじゃないか。だからお酒が悪い、お酒が怖いみたいにお酒のせいにすると、本人はまるで問題がないかのような誤解を生むので『お酒が悪い』と言ってしまうのは良くないと思う」と見解をコメント。その上で「やっぱり偉い人でおかしな人は多いが、前の時代だとそれが隠されていたと思う。そういうのが表に出るようになったし、電車内だと誰かが録画しちゃえば揉み消すこともできなくなる。世の中がきれいになってるんじゃないかと思っている」と述べた。(「ABEMA Prime」より)

【映像】ひろゆき氏「『お酒が悪い』と言うのはよくない」
【映像】ひろゆき氏「『お酒が悪い』と言うのはよくない」
【映像】“4630万円”持ち逃げの男性にひろゆき氏が「YouTube開設」勧める理由
【映像】“4630万円”持ち逃げの男性にひろゆき氏が「YouTube開設」勧める理由
【映像】ひろゆき氏「相談できる友達ができないのでは?」子どもに“転校”はマイナスか
【映像】ひろゆき氏「相談できる友達ができないのでは?」子どもに“転校”はマイナスか