「18歳まで医療費無料」全国で実現可能? ひろゆき氏も「うまい」と絶賛の“兵庫・明石市モデル”
ひろゆき×明石市長日本の少子化対策を議論 »

 医療費は18歳まで全員無料、給食費は中学生完全無料、第2子以降の保育料は全員無料、遊び場は親子とも利用料無料、おむつも満1歳まで無料……兵庫県明石市で“5つの無料化”を成し遂げた泉房穂市長(58歳)。功績は上記だけに留まらず、人口や税収も増加。その辣腕には全国からも賞賛の嵐が寄せられている。

【映像】子どもの医療費、給食費、おむつ…兵庫県明石市に住むと“無料”になるもの

 ニュース番組『ABEMA Prime』では、明石市の取り組みに着目。泉市長が実践した“明石モデル”は全国でも実施可能なのだろうか。泉市長とともに、議論を行った。

 ネット掲示板『2ちゃんねる』創設者のひろゆき氏は「明石市の政策は、補助に所得制限がない。うまいなと思った」と絶賛。続けて「わりと『金持ちは所得制限してもいいだろう』となりがちだが、所得制限をしないことで金持ちが寄って来て、逆に所得制限すると貧乏人ばかり寄ってくる。考え方として、補助をちゃんとやっていれば『明石市は子どもにやさしい街だからそこに住んだ方がいいよね。だって保育園にも子どもがいるし、子どもが多いとベビーカーを持って電車に乗っても舌打ちされないよね』となる。金持ちが寄っていくので、結果として税収が上がったと僕は思っている」と見解を述べた。

「18歳まで医療費無料」全国で実現可能? ひろゆき氏も「うまい」と絶賛の“兵庫・明石市モデル”

 ひろゆき氏が「“所得制限なし”の入れ込みは難しくなかったのか。『金持ちにお金を渡す必要はない』となりそうだが」と聞くと、泉氏は「そこは難しいかどうかではなく、所得制限をかけないとお金がかかる。一方で、所得制限をかけたら安いお金で済むが、効果はほとんど現れない」と回答。

「所得制限をかけないことでお金はかかるが、税収は増える。明石市は、5つの無料化などの施策によって、安心が生まれた結果、どんどん人が入って9年連続で税収が増えた。所得制限をかけていないから、ダブルインカムで納税者がどんどん入ってくる。地域にお金を落としてくれるから、地域の経済が回り始める。商店街も今、プチバブルの状況で過去最高益だ。それくらい地域経済が回りだした」

「18歳まで医療費無料」全国で実現可能? ひろゆき氏も「うまい」と絶賛の“兵庫・明石市モデル”

 所得制限をかけないことで、好循環が生まれた明石市。泉氏は「効果を考えると、所得制限はかけない方がいい」と断言する。では、明石市の政策は全国で通用するのだろうか。

 番組司会のテレビ朝日平石直之アナウンサーは、ひろゆき氏がTwitterに投稿した内容を紹介した上で「単純によそから(人口を)奪ってきているだけではないか。よそが貧乏になってしまう可能性があると思うがどうか」と泉氏に質問。泉氏は「そこは半分当たっていて半分違う」と答える。

「実際、明石市への転入はお子さんがいる家庭がほとんど。多くが30歳前後の人、小さな子が周りから明石市に入ってきている。ただもう1つポイントがあって、入ってきた方が『明石市だから』といって、2人目、3人目の赤ちゃんを産んでいるから、出生率が上がっている。つまり単に転入が増えているだけでなく、来た後に明石市だから2人目、3人目を産める状況にある。これを全国がやればいい。『産みたいのにお金が心配』などの理由で躊躇した人が、普通に産みたいと思って産めば、当然出生率が上がる」

「18歳まで医療費無料」全国で実現可能? ひろゆき氏も「うまい」と絶賛の“兵庫・明石市モデル”

 “5つの無料化”も含め、全国的にスタンダードな政策として広めていけるのだろうか。泉氏によると「明石市の周辺の自治体がぞくぞくと政策転換を図ってきている」という。

「18歳まで所得制限もかけずに医療費完全無料化するのは、大変お金がかかる。これまでは『変わり者の明石市長だからできている』と言われていたが、そんなに変わり者でもない周りの市長もぞくぞくと明石市並みの政策をするようになってきた。オセロゲームのように政策転換が始まって、私も正直驚いている。私は荒っぽく、予算をバーンと削減してお金を持ってきたわけだが、そんなに荒っぽくない市長さんも(明石市並みの政策が)できているので、私が荒っぽさを反省しているくらいだ」

「18歳まで医療費無料」全国で実現可能? ひろゆき氏も「うまい」と絶賛の“兵庫・明石市モデル”

 明石市の市長を10年以上務め、過去には衆議院議員の経験もある泉氏。「自分が総理なら、子育て政策も含めて3年で日本を立て直せる」と発言しているが、どのような真意があるのか。

 泉氏は「これは私もちょっときつく言いすぎた。こんなことを言うから叩かれる」と苦笑いを浮かべ「総理に言いたいのは、今は人事権もあるから、省庁を横断的に予算シフトしないと、今の各省庁縦割り体制が前提ではお金を作ろうと思っても作れない」とコメント。

「具体的にいうと、国土交通省とか経済産業省は無駄だらけだと思う。省庁が無駄にしているお金を子育て支援に回せばいい。高齢者から回すとか、子どもたちのお金(予算)からやりくりする発想はせこい。そうじゃなくて、違うところからお金を持ってこられるのは総理だけ。少子化担当大臣になったところで、大したことはできないと思う。総理じゃないとできない。そこにぜひ期待したい」

(「ABEMA Prime」より)

【映像】ひろゆき×明石市長日本の少子化対策を議論
【映像】ひろゆき×明石市長日本の少子化対策を議論
【映像】ひろゆき「お酒が悪いのではなく…」 財務省幹部の“泥酔暴行”に言及
【映像】ひろゆき「お酒が悪いのではなく…」 財務省幹部の“泥酔暴行”に言及
【映像】純愛ならOK? 教師と生徒の禁断の恋
【映像】純愛ならOK? 教師と生徒の禁断の恋