プロMMAファイターとして活動する高須将大さん。ブログ「余命3ヶ月だった男」では、プロデビュー直後に肝臓がんと診断されてから復帰を果たすまでの日々を振り返ってつづっている。

【動画】がん罹患で感じた生きづらさ…病気と共生するために必要なこと

■プロ3戦目を目前に控えて

 4月から更新をスタートした「余命3ヶ月からプロのリングに戻ったストーリー」というシリーズ記事では、お腹の激しい痛みに違和感を感じて病院を受診した際のエピソードを紹介。「肋折れてるかもしれない」と思い、訪れた病院でレントゲンとエコー検査を行った結果、10cmを越える腫瘍が見つかったことを明かした。

■「只事ではない」

 続いて更新したブログでは、腫瘍の存在を聞かされ「どこか他人事のような感覚に陥りました」とコメント。検査結果を先に聞いていた父親の表情を見て「只事ではない」と察したとつづった。

「人目を気にして戦々恐々」がん罹患で感じた生きづらさ
「人目を気にして戦々恐々」がん罹患で感じた生きづらさ
高須将大『衝撃ビフォーアフター』
高須将大『衝撃ビフォーアフター』
高須将大オフィシャルブログ「余命3ヶ月だった男」Powered by Ameba
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと - Ameba News [アメーバニュース]
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと - Ameba News [アメーバニュース]
Ameba News [アメーバニュース]