若手俳優がキスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける「ABEMA」オリジナル恋愛番組のシリーズ9作目となる『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』(以下、ドラ恋)が5月15日(日)夜10時からスタートした。

【動画】桜田通、若手俳優&女優の恋愛模様を見た様子

 「主役を取る」という目標に向かってメンバーが切磋琢磨する姿、本気の恋愛、友情など、普段は見ることのできない俳優たちのリアルな様子が毎シーズン注目を集めている。すでに2回の放送を終え、恋の矢印は傾き始めている。注目の#3、#4は、スタジオゲストとして俳優の桜田通が登場。子役から芸能界の道を走り続ける桜田にとって、若きドラ恋メンバーたちの芝居する姿や恋愛はどう見えたのだろうか。さらに、自身の恋愛観なども教えてもらった。


――本日はよろしくお願いいたします。桜田さんはこれまで『ドラ恋』はご覧になったことはありましたか。

正直に言うと、一度も見たことがありませんでした。今日、番組に参加させてもらって初めて見たのですが、とても面白いことを知りました。魅力もわかったし、世の中で流行っている理由もわかりました。本当に面白くてビックリしましたよ。

――どういう部分に面白さを感じましたか。

出演者の人たちの嘘のないリアルな姿ですね。熱心に心を動かしあっている若い人たちの姿を見ていたら、自分が忘れ去っていた気持ちがよみがえってくるような感覚があってときめきました。切なくて苦しいところもありますが、どこか美しい。この経験は、メンバーにとっていい人生経験になるだろうなと、勝手に見守るような気持ちになっていました。

――若い役者さんたちが集まっていますが、同じ役者として親近感や共感する部分はありますか。

恋愛だけじゃなくて、全力でオーディションに向き合っているプロフェッショナルな部分がすごくいいなと思いました。主役になれなかったときに、ものすごく傷ついていることも画面越しに伝わってきますし、そういう部分は見ていて応援したくなりました。今はまだ恋愛に向き合えていないとしても、役者としてオーディションに受かりたいという人や、すでに好きな人とペアになってお芝居の練習をするときの気持ち。一人一人がいろんな感情を持ちながら、同じ目標に向かって本気で取り組んでいる姿が見られるのはいいですね。

――気になるメンバーはいましたか。

みんなステキでしたね。その中でも、りょうすけ君とみよしちゃんの姿は印象に残りました。みんなの中に恋愛だけじゃなくて友情も芽生えているんですよ。りょうすけ君とみよしちゃんは今は友達同士で、お互いの悩みを相談しあっている。その友情が美しくてグッときちゃいました。

――長期間共同生活をすることもあって、メンバーの仲のいい姿も見どころの一つですね。同じ役者として、もしあの場所にいたらと考えたりしませんでしたか。

『ドラ恋』のすごいところは、恋愛を止めないところじゃないですか。僕は基本的に恋愛を止めるところで生きているので。同じ役者として、彼らはすごい覚悟を持って出演していると思いました。恋愛の部分をさらけ出しながら芝居にも取り組んでいく。その姿を見せるっていうのはすごいことですよ。正直、僕にはできないなあと思いながら見ていました。

――恋愛番組ということで、桜田さんの恋愛観も聞いてみたいです。

恋愛も人間関係も狭いんですよ。寂しいことかもしれませんが、基本的に自分で解決したいと思ってしまうタイプです。だから恋愛に発展するのは、そのハードルを越えている人。すごく特別な存在になるので、もし恋愛したとしたら、その人以外が見えなくなってしまうかもしれないです。

――そうなんですね。こういうときに恋に落ちる、など恋愛するタイミングはありますか。

突然だと思います。ただ、もともと恋愛のフィルターで生きてないんですよ。女性の方と知り合う機会があったとしても、友達になっちゃうことが圧倒的に多いです。

――桜田さんが恋愛に発展する場合は、友達として人として信頼関係がすでに出来上がっているときということでしょうか。

多いかもしれないですね。なので『ドラ恋』のように、初対面の人と恋愛をするのは難しいと思います。もちろん、この人はステキだなと思うことはありますけど、それが恋愛感情になることはめったにありません。

――恋愛に対して慎重なのかもしれないですね。そんな桜田さんが最近、きゅんとした瞬間がもしあったら教えてください、

オンラインのお話会をやったとき、小さな子供たちの姿にキュンとしました。僕のファンのお母さんのお子さんたちなのですが、つたない文字で「通君大好き」と書いたメッセージを書いてくれていて、それがめちゃくちゃ可愛いかったです。いつかは僕のことを忘れてしまうだろうけど、幸せになってね、と思いました(笑)。


今後、恋愛をするとしたら…「恋愛ドラマな恋をしたいって僕が一番思っています」

――恋愛はあまりしないということなのですが、『恋愛ドラマな恋をしたい』というタイトルにちなんで、もし恋愛ドラマのような経験があったら教えてください。

いやあ、ないですね。仕事柄かもしれませんが、もしお付き合いしたとしても大っぴらにデートすることもないですし、報告もしないでしょうし。気を使っている分、恋愛ドラマな恋に発展することはないですね。

――ちなみに初恋はいつですか。

高校生のときです。普通に学校で出会った子でしたね。付き合いましたが、すぐに別れちゃいました。その後は、向こうが先輩といつの間にか付き合っていましたね。そのとき、女の人って怖いなって思いましたよ。男も怖いですけどね。

――恋愛をしなくなった一つの原因でしょうか。

その後に出会った人たちの影響かな。僕にも至らない部分があったかもしれないですけど、恋愛でいい思い出があんまりないですね。だから、恋愛ドラマな恋をしたいって僕が一番思っています。

――桜田さんに将来的に恋心が芽生えたとしたらどうしましょう。

素直になりたいですね。今は、もし大切な人ができたときに自分と一緒にいてほしいと思えるほど自分に自信がなくて、俺じゃない誰かと幸せになってほしいと思ってしまいます。いつか、自分が誰かのことを幸せにできる自信が付いたときに、素直な気持ちで恋愛をしたいと思います。

――最後に『ドラ恋』ファンのみなさんにメッセージをお願いします。

今後の展開は全く読めませんが、僕も最後まで見守っていきたいと思っています。幸せの陰には悲しい結果になる人がいるかもしれないですが、一緒に応援しながら楽しみましょう!

――楽しいお話をありがとうございました!

取材・文:氏家裕子
写真:山口真由子
 

恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれる?
パーフェクトクライム
パーフェクトクライム
桜田通主演 話題のコミック作品を実写ドラマ化
白石麻衣似女優の部屋でイケメン俳優が朝まで…「門限、破るね」「もう後戻りできない」