日本一のコスプレイヤー・えなこが恐怖体験を告白「私の家に霊がいるかもしれない」
番組をみる »

 人気お笑いコンビ・EXITの冠レギュラー番組『青春スチャラカ学園』(5月29日 夜9時30分~)の第4話がABEMA SPECIALチャンネルにて放送された。

【動画】えなこの配信部屋には霊がいる!?

 同番組は、芸人・タレント・YouTuber・俳優など、人気者たちが幅広く勢ぞろいする夢の“学園”を舞台にした、コントとリアルの混在するシチュエーションコメディ。この日の放送では、大きな気持ちで人助けをする部活=通称“だいじょう部”を結成したメンバーたちが、ゲスト・えなこのお悩みを、即興コントを混じえながら解決に導いた。

■日本一のコスプレイヤー・えなこが怖すぎる悩みを告白「深夜、勝手に…」

 番組の冒頭、「実は最近私の家に霊がいるかもしれなくて…」とコスプレイヤーのえなこ悩みを話しはじめ、続けてゲーム好きで家の配信部屋でも配信を行っていると明かしながら、「誰も部屋にいない状態で、深夜3・4時頃勝手に配信がついてたりする…」と恐怖体験を告白。対処法として通販サイトで購入したものを披露したのに対し、兼近大樹が「ダメダメダメ!それは一番効かないんだよ!」と謎すぎる独自の見解を告げ、現場の笑いを誘った。

■「成長の音が聞こえた」イケメン俳優・藤岡真威人に感激

 その後番組内では、えなこのもう1つのお悩み「SNSにあげる写真をバスらせたい!」を解決するため、「バズる“#”(ハッシュタグ)」を考えることに。SNSに詳しいNICOの「画像に#をつけると、#検索からカテゴリに興味のあるユーザーが、自分の投稿を見てくれる可能性が高くなる」というアドバイスをもとに、メンバーたちがえなこの様々な写真を使って#を提案していく。

 そんななか、俳優の藤岡真威人が、「最近は、『#〇〇に使っていいよ』が流行っている」と告げながら、「『#夕飯は私が作るね♡』に使っていいよ」を提案すると、藤岡の命名したぴったりすぎる#を、他のメンバーたちが大絶賛。すると傳谷英里香が、「もう1個ある?」と無茶ぶりをし、まさかの展開に動揺が隠せない藤岡だったが、写真に写る緑を指摘しながら、「『#自然と一体化なうに使っていいよ』はどう?」と提案した。このファインプレーを目の当たりにしたりんたろー。は「本当に捻り出したな!」「今成長する音が聞こえた」と称賛し、ピンチをチャンスに変えた藤岡の成長ぶりに感心する様子を見せた。

■EXIT・りんたろー。が、えなこに渾身の“ちゅきちゅきポーズ”を伝授!?

日本一のコスプレイヤー・えなこが恐怖体験を告白「私の家に霊がいるかもしれない」
日本一のコスプレイヤー・えなこが恐怖体験を告白「私の家に霊がいるかもしれない」
日本一のコスプレイヤー・えなこが恐怖体験を告白「私の家に霊がいるかもしれない」

 番組の後半では、まだ決まったポーズがないと明かしたえなこに対し、メンバーたちが「えなこポーズを作ろう!」とそれぞれ思い思いのポーズを提案。

 そんななか「#企画」で他のメンバーたちから称賛されていた藤岡は、「女の子と言っても強さを見せたい!」と主にボクシングに用いられる構え“ピーカブースタイル”を披露。「拳でハートらしきものを作って…」と両拳を顔の前で揃えながらポーズのお手本を見せるのに対し、その様子を撮影していたりんたろー。は、思わず「ただのファイティングポーズじゃん!」とツッコみ、一躍現場の爆笑をさらった。

 その後も様々なポーズを提案していくなか、自信たっぷりのりんたろー。は、女優の菜々緒が披露したことで一躍話題となった“菜々緒ポーズ”を披露。そして、お尻をカメラに向けた状態で交差した脚を伸ばし、前に屈みながら手でハートを作り満面の笑みを見せると、スタジオは大爆笑に包まれた。

 そして、最終的に誰のポーズを採用するか迷った末に、えなこが“ピーカブースタイル”を披露すると提案した藤岡はガッツポーズで大喜び。この日大活躍となった藤岡に、スタジオでは称賛の声が上がった。

元歌のお姉さん・はいだしょうこ、破壊的な画力で「絵しりとり」に挑戦
青春スチャラカ学園 - 本編 - #0:始まる前の物語
青春スチャラカ学園 - 本編 - #0:始まる前の物語
【動画】#0の未公開シーン(早打ちガンマンEXIT対決、人間性モニタリング、学園の舞台と初対面)
【動画】#0の未公開シーン(早打ちガンマンEXIT対決、人間性モニタリング、学園の舞台と初対面)
EXITが毎週木曜にMCを担当『変わる報道番組#アベプラ』
EXITが毎週木曜にMCを担当『変わる報道番組#アベプラ』