小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛
番組をみる »

 6月12日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』act.5が放送され、女優の橋下美好の優しさを、小森隼らスタジオメンバーが絶賛する場面があった。

【動画】スタジオ大絶賛だった人気モデルの行動(35分30秒頃~)

『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』とは

小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛

 同番組は、期待の若手俳優たちが毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーは近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務め、ゲストには俳優の佐野勇斗を迎えた。 

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、上大迫祐希(以下:ゆうき/21歳)、小池亮介(以下:りょうすけ/26歳)、白石優愛(以下:ゆあ/20歳)、鈴木志遠(以下:しおん/25歳)、橋下美好(以下:みよし/23歳)、橋本裕太(以下:はっしー/27歳)、松川星(以下:あかり/25歳)、松村陸斗(りくと/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。今シーズンでは、前シーズンとは違って男性メンバーと女性メンバーが別れて共同生活をし、男女が顔を合わせられるのは限られた時間のみ。ただし、オーディション前日にはくじで当たりを引いた男子メンバーが気になる女子の部屋へ訪問する“お忍び稽古”というルールが追加された。また恋愛ドラマの内容は、「おとぎ話」をテーマに原案を募集し、子どもの頃誰もが一度は夢見た「おとぎ話」の世界を現代の恋愛と掛け合わせ、女性にとっての憧れがたっぷり詰まったストーリーとなっている。

念願の主演勝ち取るも…撮影で落ち込むりくと

小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛

 ドラマ第3話のオーディションは、中間告白を兼ねた男子からの告白オーディション。指名された女子は、男子からの告白に、自分の気持ちとは関係なく両想いの結末に向かって応えなくてはならない。他のメンバーは、誰が誰のことを指名したか、どんな告白をしたかは知ることができず。その様子を知るのは、リモートで繋がれた審査員の一般視聴者100人のみとなっている。

小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛

 第一印象から一途にみよしのことを想い続け、ドラマ第2話の撮影の裏ではみよしを呼び出しその想いを伝えていたりくと。そんなりくとが告白オーディションの相手に選んだのは、もちろんみよしだった。

 告白場所に現れたみよしは、りくとの顔を見るなり、「嬉しい、顔見れて安心した」とにっこり。りくとは「緊張してる」と言いながらも、「前も伝えたけど…みよしと主演獲りたいって本当に思ってる。逆に言えば、他の人と主演獲ってるみよしは見たくない」と男らしくきっぱりと想いを伝え、その姿にスタジオからは「おお~!」「男らしいね~」と絶賛の声があがった。

小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛

 さらにりくとは、「俺が引っ張れてないから、そういう意味でも主演とって男らしいとこ見せたいと思ってる」と明かした上で、「前は一番気になってる人がみよしって言ったけど、今は一番気になってるじゃなくて好きだと思ってる」とみよしへの気持ちが大きくなっていることを宣言。

 みよしもりくとのドジな一面を思い返し、「そういうところを可愛い、愛おしいと思う」「私だけが見れてる部分かなと思って、めっちゃ愛おしいなと思ったの。今後もっとそういうりくとくんらしいところとかをいっぱい知れる時間を作りたいなって思う」と愛おしそうに語り、最後に「ハグしてもいいですか?」とお願い。りくとは力強くみよしのことをハグし、2人は幸せそうに笑いあった。

小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛

 可愛らしいやりとりには、「いい~」「可愛いこのカップル」「可愛い~」「りくとたまらんやろな」とスタジオも大興奮。一般審査員100人にもその温かい雰囲気が伝わったのか、100票中60票という圧倒的な票数でりくと&みよしペアが主演に選ばれた。

 結果発表後のインタビューで、りくとは「みよしちゃんと主演獲れて最高です」「オーディションでも言ったんですけど、いつもフォローされている感じがあるので自分が引っ張って気持ちをこっちに向けさせたいですね」と気合十分。

 みよしも念願の主演に大喜びし、「嬉しいしかでてこないですね」「りくとくんすごいまっすぐに自分の気持ちを伝えてくれたのが、すごい伝わったんですよね。私もそれにちゃんと応えたいと思って、全部言えた気がします。思ってること」と話した。

 2人が演じるドラマ第3話は、『ロミオとジュリエット』をモチーフとした恋物語。恋人同士であることを隠すため、撮影現場でしか会うことができない俳優と女優のお話だ。

小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛

 演技経験がほぼないりくとにとって、主演を務めるドラマ撮影はこれがはじめて。はじめての主演ドラマの撮影現場に緊張してしまったりくとは、演技にも力が入り、監督からは「悲壮感がすごい」「段取りでやろうとしてる感じが…」と注意されてしまう。自分のせいで何テイクも撮り直したりと、先輩俳優やスタッフに迷惑をかけてしまったことに、頭を抱え落胆。泣きそうになりながら周りに謝る場面もあり、スタジオからは「恋愛どころじゃないぞ、これは…」と心配の声があがった。

 さらに、落ち込みまくったりくとは、キスシーン前にみよしから「どうしたらほぐれる?」と声をかけられるも、「わかんない」と自暴自棄な返答。「めちゃくちゃカッコ悪い」「主演とって頑張りたいみたいな、見返したいみたいなこと言ったのに…」と撮影前の自身の言葉を振り返り、悔しそうな表情で遠くを見つめていた。

小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛

 しかし、みよしはそんなりくとのこと見捨てるわけでもなく、キスシーンのリハーサル中にも落ち込むりくとを抱き寄せ、頭を撫でてあげるなど姉御肌な一面を見せ、スタジオからは「すごいな」「みよしめっちゃ優しい」「お姉さん!」との声が。

小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛

 キスシーンの撮影でも、自分のことで精一杯だったりくとが一言も発することもできずに終わってしまったにも関わらず、「お芝居がどうってよりかは、それ以前に一緒に作り上げていくドラマなのに、りくとくんのサポートが全然できなかった」と自分のことを省みた上で、「ずっと慰めてばっかりも逆に相手も辛いし、私もそんなことしてあげたくないし。それもそれでりくとくんだから」とありのままのりくとを受け止めるという大人な対応。

小森隼「この子は離しちゃダメ」 フォロワー100万人超えのモデルの行動を絶賛

 スタジオメンバーは「すごい!」「優しい~この子」「器デカすぎ」「めちゃくちゃ良い子」と絶賛し、小森からは「この子は離しちゃだめっすね」と最大級の褒め言葉が送られた。

 キスシーンのあるドラマ撮影を通して、みよしの気持ちはどう変化したのか…?全貌は、ABEMAにて配信中。『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』act.6は、6月19日(日)よる10時~の放送だ。

恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
#5 1時間SP!運命の中間告白
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
#1:おとぎ話のような恋の始まり