GENE小森隼、推しの朝ドラ女優のキスシーンにニヤケおさえられず「好きです…!」
小森隼の推し女優を見る »

 6月19日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』act.6が放送され、女優の白石優愛の行動に、スタジオメンバーの小森隼がメロメロになる場面があった。

【動画】小森隼が心奪われたキスシーン練習の様子(15分30秒頃~)

『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』とは

GENE小森隼、推しの朝ドラ女優のキスシーンにニヤケおさえられず「好きです…!」

 同番組は、期待の若手俳優たちが毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーは近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務め、ゲストには俳優の佐野勇斗を迎えた。 

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、上大迫祐希(以下:ゆうき/21歳)、小池亮介(以下:りょうすけ/26歳)、白石優愛(以下:ゆあ/20歳)、鈴木志遠(以下:しおん/25歳)、橋下美好(以下:みよし/23歳)、橋本裕太(以下:はっしー/27歳)、松川星(以下:あかり/25歳)、松村陸斗(りくと/23歳)の男女8人。 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。

 その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。今シーズンでは、前シーズンとは違って男性メンバーと女性メンバーが別れて共同生活をし、男女が顔を合わせられるのは限られた時間のみ。ただし、オーディション前日にはくじで当たりを引いた男子メンバーが気になる女子の部屋へ訪問する“お忍び稽古”というルールが追加された。また恋愛ドラマの内容は、「おとぎ話」をテーマに原案を募集し、子どもの頃誰もが一度は夢見た「おとぎ話」の世界を現代の恋愛と掛け合わせ、女性にとっての憧れがたっぷり詰まったストーリーとなっている。

小森隼、ゆあの行動に大興奮&絶叫

GENE小森隼、推しの朝ドラ女優のキスシーンにニヤケおさえられず「好きです…!」

 ドラマ第4話のオーディションへ向けてのペア決めは、組み合わせがシャッフルされるように、これまで自ら指名した相手を選ぶことはできないという条件のもと、男女関係なく挙手制の早い者勝ちで決定。一番に手を挙げたみよしははっしーと、あかりはしおんと、ゆあはりくとと、ゆうきはりょうすけとペアを組むことになった。

 さらに先生からの提案で、それぞれの寮に2組ずつ分かれて自由に稽古をすることになり、男子寮には、はっしー&みよしペアとりょうすけ&ゆうきペア、女子寮にはしおん&あかりペアとりくと&ゆあペアがいくことに。ただし、“お忍び稽古”同様、深夜12時を過ぎたら自分の寮に戻ることはできないというルールが言い渡された。

GENE小森隼、推しの朝ドラ女優のキスシーンにニヤケおさえられず「好きです…!」

 気になるみよしと初主演を獲るも、ドラマ撮影を経て、演技面でも恋愛面でも自信をなくすりくとの一方で、そんなりくとを自ら指名したゆあは、インタビューで「気になる人っていったらもちろんしおんくんだけど、これ以上好きになっても相手が興味ないのがわかりすぎてて、しんどいのが嫌なのかもしれない」としおんへの気持ちが複雑であることを明かしつつも、「りくとくんのこと好きになれるんだったら、そうなってみたいとは思ってる」とりくとも視野にいれていきたいと発言。

GENE小森隼、推しの朝ドラ女優のキスシーンにニヤケおさえられず「好きです…!」

 女子寮での稽古でも、りくとのみよしへの気持ちについて探りをいれるなど、少しずつりくとへ興味を示していた。さらにゆあは、りくととキスシーンを練習すると、胸に手を当て頷きながら「普通にドキドキした」と一言。そんなゆあの姿を見たスタジオメンバーの小森は、思わず「好きです!!」と叫び、あ~ちゃんからは「ゆあファンがすごいのよ」「ゆあ推しが…(笑)」とツッコミが飛んでいた。

GENE小森隼、推しの朝ドラ女優のキスシーンにニヤケおさえられず「好きです…!」

 その後、女子寮組のしおん&あかりペア、りくと&ゆあペアは4人で夕飯タイムへ。いつもとは違った雰囲気の今回のペア決めに、想いが変わる人はでてくるのかを予想しヤキモキするメンバーの中、第一印象から誰もが分かるようにみよしへ一途に想いを寄せてきたりくとも、「(気持ちが変わることは)なくはないでしょ」「あっちが違う人のことが好きってなったらそれは切り替えなきゃいけないと思う」ときっぱり。テーブルにだらんと脱力しながら話を聞いていたゆあも、りくとの思わぬ発言には驚きつつも、自分の入る隙があることに嬉しかったのかにやりと意味深な表情を見せていた。

GENE小森隼、推しの朝ドラ女優のキスシーンにニヤケおさえられず「好きです…!」

 変化しつつあるりくととゆあの関係に、スタジオメンバーも「ゆあちゃんが何考えてるかちょっとまだわかんない」「(りくととの)キスシーンの練習で本当にドキドキした可能性もない?」と討論。しかし、小森は「あれ(ドキドキしたという発言)はゆあちゃんがあげてってくれてる感じじゃないですか?」とゆあファンとして、ゆあの性格から自信をなくしているりくとに、自信をつけさせてくれたのだと予想。続けて、「4人で話しているときにテーブルにこうなりながら話聞いてる感じとかも…」と切り出し、ゆあの気持ちを推測するのかと思いきや、「…よかったっすね」とうっとり。ゆあにゾッコンな小森には、女子メンバーからは呆れたツッコミが送られ、ゲストの佐野は大爆笑だった。

 果たして、ゆあは気になり始めているりくとと“お忍び稽古”でこのまま一夜をともにするのか?全貌はABEMAにて配信中。『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』act.7は、6月26日(日)よる10時~の放送だ。

恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
act.6:恋の探り合い
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
act.1:おとぎ話のような恋の始まり