興行収入10億円を突破した映画『死刑にいたる病』の大ヒット!沼トークイベントが6月23日都内で行われ、W主演の阿部サダヲ岡田健史、そして白石和彌監督が参加した。

【動画】岡田健史主演ドラマ『フォローされたら終わり』

 5月6日に公開されてから10億円突破のロングランヒット中。阿部は「映画を観た人たちが作品や人物に対して誰かと話したいという思いがあるのかも。客層としてカップルが多いという話も聞くので、一人で観るのは怖いけれどお互いに誘い合って観て後で感想を話して…というのがあるのかも」と大ヒット理由を分析。岡田は「ロングランヒットの理由、それは単純に『面白い!』から」と完成度に自信。白石監督は連続殺人犯・榛村大和を演じた阿部がヒットの理由だとして「もはや『貞子』を見に行く感覚で『阿部サダヲを見に行こうぜ!』となっているのかも」と本作を通して阿部がホラーアイコン化していると推察。これに阿部は「連続殺人鬼はあまりやったことがなくて不安に思ったけれど、爆笑問題太田光さんからは『名前が阿部定じゃないか!』と言われて。そりゃそうだと…」と変に納得していた。

 さらに第26回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭と第21回ニューヨーク・アジアン映画祭の2つの海外映画祭への出品も決定。すると阿部は「僕らは行けるの?行きたいよね?」と岡田に水を向けて、岡田も「行きたいです!」と乗り気。

 ここからは映画公式SNSに寄せられた質問に答える企画を実施。ルーティンについて聞かれた岡田は「家のドアの鍵を閉めた後に、閉まったかな?とガタンとチェックするだけでは不安になるので、声を出して『閉めた!』と言って安心する」と独特過ぎる習慣を告白した。これに阿部は「それ隣に住んでいたらゾッとするね…」と軽くひきながら「鍵を閉めた後に『閉めた!』って言うの?…凄いですね」と何故か感心していた。

 死刑にいたる病は「怖い」と評判であることから、それぞれ「怖い」と思うものを発表。白石監督は「SNSでの炎上」と今日的で、岡田は定期的に見る夢を挙げて「過去に出演した作品のシーンを撮り直すと言われる。でも僕はセリフが入っていない状態で『ヤバい!』と思って目が覚める」と紹介した。すると阿部は岡田の悪夢に共感を示して「やったことのない舞台に立っていて、周りの役者はお客さんを笑わせるけれど、僕が適当にアドリブをやるとシーンとなる。それを社長が冷たい目で見ている」と役者ならではの悪夢があることに首をかしげていた。また阿部は「噂」が怖いそうで「この映画で阿部サダヲは怖いと噂が立つのが怖い。違う現場で『意外と普通の人なんですねえ』と言われて…。僕はサイコパスじゃありません!」と困惑も「でもそれくらい影響力のある映画だということは嬉しい」と身をもって『死刑にいたる病』の反響を感じていた。

 爪がキーポイントになる役どころの阿部は、気になる人の部位の話題になると「今でも爪はチェックさせてもらっている。それはもうしょうがない。だって爪って語るから。深爪の人はどこまで深爪かという議論もあるし。まあ僕自身がもう一人の僕と議論をしているだけですけどね…」とさらっと怖いことを告白。一方の岡田は「電車とかで、マスクを外した時の人の顔を見てしまう。人の脳みそって色々と想像して凄いなと思ったりして」とコロナ禍ならではの癖を明かしていた。

 また連続殺人犯・榛村大和がパン屋を営んでいることから「好きなパン」を聞かれると、阿部は劇中のパン屋に人気パンランキングがあることに触れて「そのランキングを今言うのはネタバレです!それを今言ったら観客の皆さんがガッカリするはず」と大げさに言いつつ、「僕は総菜パンが好き」と発表。すかさず岡田から「それはずるい!範囲が広い!」と突っ込まれていた。

 最後に白石監督は「観れば観るほど新たな発見がある映画。骨の髄まで楽しんで」とアピール。岡田は「僕にとっても特別な作品になりました。ありがたいです!」と感謝。阿部は「パン屋で人気なのはどれか?それを見逃したらもう一度映画を観てほしい。あのパンが1位だったんだ!と驚いてほしいです」とユーモア交じりにさらなるヒットを期待していた。

(c)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

フォローされたら終わり
フォローされたら終わり
俳優 岡田健史 〜初挑戦の難役に挑む〜ら | ABEMA
俳優 岡田健史 〜初挑戦の難役に挑む〜ら | ABEMA
彼女がその名を知らない鳥たち
彼女がその名を知らない鳥たち