仙骨骨折の益若つばさ、車に乗れるようになったことを報告「斬新なドライブ」
車椅子での外出の様子 »

 モデルの益若つばさ(36)が26日Instagramを更新。仙骨の骨折からおよそ1カ月経った現在の様子を明かした。

【映像】車椅子での外出の様子

 益若はアメリカから帰国する日に階段から転落し、脊椎の下部にある仙骨を骨折。長時間、飛行機に乗ることが出来るまでアメリカの友人宅で療養することを5月30日に公表していた。

 その後は車椅子での移動が出来るようになるなど、徐々に回復していた益若。今回のInstagramには「最近は車にも乗れるようになりました!といっても座れなくてシートで寝ないといけないんだけど、、斬新なドライブです」と書き出し、後部座席で横になる姿を投稿。

 続けて「最初はベランダに出るところからはじめて 少しずつ外に出て、外に出ては体調崩して2日寝込むってルーティンからの今です」とラーメンどんぶりの展示会やハリウッドにあるドナルドダックの足型の写真をアップし、なるべく外出していることを明かした。

 この益若の様子にファンからは「早く良くなりますように」「つばさちゃんが少しずつ良くなってきていて本当に良かったです」などのコメントが寄せられたほか、舟山久美子(31)、鈴木奈々(33)、矢口真里(39)らが「いいね!」をしている。(『ABEMA NEWS』より)

益若つばさ 骨折から約1カ月 徐々に外出
益若つばさ 骨折から約1カ月 徐々に外出
益若つばさ 骨折後の経過を報告
益若つばさ 骨折後の経過を報告
「全身はレア」益若つばさ "生ひろゆき"とパリで合流
「全身はレア」益若つばさ "生ひろゆき"とパリで合流