平手友梨奈、撮影現場でのタレコミ情報を即否定「違います」
番組をみる »

 女優の平手友梨奈(21)が29日、 テレビ朝日本社で行われた『六本木クラス』(テレビ朝日系)制作発表記者会見に竹内涼真(29)、新木優子(28)、香川照之(56)とともに出席。ドラマ撮影現場でのタレコミ情報を否定する一幕があった。

【映像】香川照之にいじられタジタジの平手友梨奈

 絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿を描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』(Netflix)を、日韓共同プロジェクトとしてリメイクした同作。平手は、主人公の新(竹内涼真)に恋心を抱く、IQ162の天才的頭脳を持つ人気インフルエンサー・麻宮葵を演じる。

平手友梨奈、撮影現場でのタレコミ情報を即否定「違います」

 東京・六本木を舞台にした『六本木クラス』。イベントでは、香川から「平手さんの年代にとって六本木とはどんな街ですか?」という質問が。

 平手は「私は六本木に行くこと自体があまりないんです…」としながらも「でも、渋谷とはまた違った…渋谷より大人なおしゃれな高級感のある街という印象です」と回答。

 香川が続けて「新宿はどうです?」と尋ねると、これにも「新宿…全然行かないですね」。さらに「池袋は行くんですか?」と聞かれるも「池袋も…(行かない)」と馴染みがない様子だった。

 謎めく平手のプライベートが気になる香川は、さらに「新宿、池袋、渋谷、六本木で順位つけてもらってもいいですか?」と追求。会場の笑いをさらっていた。

平手友梨奈、撮影現場でのタレコミ情報を即否定「違います」

 また、スタッフからのタレコミ情報のコーナーでは、平手に関しても「現場のモニターでお絵描きしている」という情報が寄せられた。しかし、平手は「違います」と即否定で「一回も描いてない」「絵も描いたことない」と驚いた様子。竹内も「僕も一度も見たことがない(笑)」と証言し、共演者からも思わず笑いが。おそらく別の人の絵を勘違いされたようだった。

平手友梨奈、撮影現場でのタレコミ情報を即否定「違います」

 なお、イベント後半には、原作者で『梨泰院クラス』の脚本も担当したチョ・グァンジン氏も登場。チョ・グァンジン氏は、映画『響 -HIBIKI-』を観て主演を務めた平手に興味を持ったといい「(平手が)チョ・イソのイメージと被った。なので平手友梨奈さんにやってもらえたらと推薦しました」とコメント。平手は「ありがたいなという気持ちでいっぱいです」と、笑顔を見せていた。

平手友梨奈、撮影現場でのタレコミ情報を即否定「違います」
平手友梨奈、撮影現場でのタレコミ情報を即否定「違います」
平手友梨奈、撮影現場でのタレコミ情報を即否定「違います」
平手友梨奈、撮影現場でのタレコミ情報を即否定「違います」
平手友梨奈、撮影現場でのタレコミ情報を即否定「違います」
写真:野原誠治
竹内涼真・平手友梨奈ら「六本木クラス」撮影裏話を語る
竹内涼真・平手友梨奈ら「六本木クラス」撮影裏話を語る
彼女はキレイだった (韓流・華流)
彼女はキレイだった (韓流・華流)
花郎(字幕) (韓流・華流)
花郎(字幕) (韓流・華流)