お笑い芸人の山田花子が28日に自身のアメブロを更新。夕食のメニューを見て次男が頭を抱えていたことを明かした。

【動画】小学生を救ったバス運転手の“神対応”に称賛の声

 この日、山田は夕食のメニューについて「とり肉とパプリカとナス炒め それと、かぼちゃ」と報告。一方で「今夜のご飯の、反応が悪いことは、覚悟しています」と述べ「なぜなら、息子たちの苦手なナスとパプリカとかぼちゃがあるから」と理由を説明した。

 続けて「ナスを頂いたのでぜひ、食べてほしくてレシピ本を見て作りました」と明かし「甘酢だれの味付けよ!」とコメント。「わかりやすいリアクション」とナスを食べた長男が指でバッテンマークを作る様子を写真で公開しつつ「とり肉はグーーー してくれた」と報告した。

 また、次男についても「今夜のメニューに頭を抱えてる」と写真とともに説明しつつ「​​頑張って涙ぐみながらかぼちゃ、一つ食べてくれた」といい「成長したね」とコメント。「結局、ナスとパプリカ一口ずつしか食べなかった」と述べ「先に食べ終わったお兄ちゃんに『早く食べろよ!』と注意された」と次男が長男から注意をされていたことを明かした。

 最後に、次男について「この後、本格的に母に注意されご飯とお味噌汁とサラダ完食しました」と報告。「旬な野菜は、栄養素がたくさんあるからね!私もお腹いっぱい食べたわ」と述べ「明日は、さらにナイスバディになってるわ~」とお茶目につづり、ブログを締めくくった。

 この投稿に読者からは「野菜を食べてもらうのは大変ですね」「食感が駄目なのかなぁ」「いろいろ考えてあげてていいお母さん」などのコメントが寄せられている。

小学生を救ったバス運転手の“神対応”に称賛の声
小学生を救ったバス運転手の“神対応”に称賛の声
山田花子『今夜の晩ごはん』
山田花子『今夜の晩ごはん』
山田花子オフィシャルブログ Powered by Ameba
『食事は、幸せを共有できるもの』ハリセンボン近藤春菜が考える食事への想い - Ameba News [アメーバニュース]
『食事は、幸せを共有できるもの』ハリセンボン近藤春菜が考える食事への想い - Ameba News [アメーバニュース]
Ameba News [アメーバニュース]