『六本木クラス』竹内涼真、“いがぐり頭”のデメリットを語る「メンテナンスが大変」
番組をみる »

 俳優の竹内涼真(29)が29日、 テレビ朝日本社で行われた『六本木クラス』(テレビ朝日系)制作発表記者会見に新木優子(28)、平手友梨奈(21)、香川照之(56)とともに出席。竹内が“いがぐり頭”の苦労を語った。

【動画】竹内涼真、『六本木クラス』撮影裏を語る

 絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿を描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』(Netflix)が、日韓共同プロジェクトとして東京・六本木を舞台にリメイク。竹内が主人公の宮部新を演じる。

『六本木クラス』竹内涼真、“いがぐり頭”のデメリットを語る「メンテナンスが大変」

 韓国版の主人公パク・セロイの “いがぐり頭”を踏襲した竹内。イベントにて記者から「髪型に慣れたか」と質問されると「だいぶ馴染んでます」と笑顔で回答。しかし、苦労もあるようで「3ヶ月くらい経ってるんですけど、メンテナンスが大変。毎回切らないと(撮影が)つながらない。刈り上げがすぐ伸びてしまう。今日も切ってきました」と、そのメンテナンスの大変さを語っていた。

 “いがぐり頭”は現場スタッフの間で初めているようで、香川は「カメラマンの助手の男の子が真似していて、現場のスタッフで流行っている」と証言。

 竹内はメリットとして「めちゃくちゃ涼しい。ドライヤーなんて30秒かからないくらい(で乾く)」とも語っていた。

『六本木クラス』竹内涼真、“いがぐり頭”のデメリットを語る「メンテナンスが大変」
『六本木クラス』竹内涼真、“いがぐり頭”のデメリットを語る「メンテナンスが大変」
『六本木クラス』竹内涼真、“いがぐり頭”のデメリットを語る「メンテナンスが大変」
写真:野原誠治
竹内涼真・平手友梨奈ら「六本木クラス」撮影裏話を語る
竹内涼真・平手友梨奈ら「六本木クラス」撮影裏話を語る
竹内涼真の撮休
竹内涼真の撮休
彼女はキレイだった (韓流・華流)
彼女はキレイだった (韓流・華流)