トリノ五輪スノーボードハーフパイプ日本代表でポップカルチャータレントの成田童夢が29日に自身のアメブロを更新。第2子男児の出産に立ち会い感極まったことを明かした。

【動画】まるで映画みたい!コロナ禍での“大胆な出産祝い”

 この日、成田は同日の「お昼13時頃…」「新月の日に産まれました!」と第2子男児が誕生したことを報告し、第2子男児を抱く自身の写真を公開。「二人目という事もあり、今回は順調にお産が進みその日のうちに産まれてきました」と明かし「母子ともに健康です」と説明した。

 続けて「初産の時は病院の関係で立ち会えなかった」といい「今回は出産の瞬間に立ち会えました」と報告。「3000gの誕生となりましたが、そもそも妻が低身長のため大変そうでした」と出産中の妻の様子を説明し「間近で産声をあげたとき、気が付けば感極まって涙が出ていました 一生忘れられない経験が出来て、本当に良かったです」とつづった。

 また「コロナ禍で大変な中頑張ってくれた妻、そしてお腹の中で活発に動いていた息子には感謝の気持ちでいっぱい」と述べ「子ども達には親が初めから抑制せず、何事にも果敢に挑戦をする子に育って欲しいですね」とコメント。「子どもは皆、無限の可能性を秘めてると思うのでのびのび楽しんで欲しいなと思います」と願いをつづった。

 最後に「これからは4人家族、どんどん賑やかになって楽しく過ごして行くので、温かい目で見守って下さい」と呼びかけつつ「まだ名前は決まっておりません 親からの初めてのプレゼントになるので、時間いっぱい考えたいと思います」と補足し、ブログを締めくくった。

まるで映画みたい!コロナ禍での“大胆な出産祝い”
まるで映画みたい!コロナ禍での“大胆な出産祝い”
成田童夢『二人目の男の子の名前を親たちはまだ知らない』
成田童夢『二人目の男の子の名前を親たちはまだ知らない』
成田童夢オフィシャルブログ「僕の妹がこんなに×□なわけがない」Powered by Ameba
川田裕美がコロナ禍、37歳で迎えた初めての出産「自分の知識の少なさを反省しました」 - Ameba News [アメーバニュース]
川田裕美がコロナ禍、37歳で迎えた初めての出産「自分の知識の少なさを反省しました」 - Ameba News [アメーバニュース]
Ameba News [アメーバニュース]