川島海荷、料理中にキッチンで…年下夫からの急なスキンシップにガチ照れ『私たち結婚しました3』第5話
番組をみる »

 番組企画で結婚生活を送ることになった川島海荷中田圭祐がキッチンで突然イチャイチャする様子にスタジオメンバーが大興奮した。

【動画】川島海荷、中田圭祐からの急なスキンシップにスタジオ大興奮(16分頃~)

 7月1日(金)夜11時より、ABEMAのオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました3』#5が放送された。

『私たち結婚しました』とは

川島海荷、料理中にキッチンで…年下夫からの急なスキンシップにガチ照れ『私たち結婚しました3』第5話

 この番組は韓国で2009年から9年間レギュラー放送された国民的大ヒット番組『私たち結婚しました』を日本版にリメイクした結婚モキュメンタリー番組。佐野岳島崎遥香、中田圭祐と川島海荷という芸能人ペア2組の“結婚生活”に密着し、“理想の夫婦関係”を追い求めていく様子を映し出していく。また、本番組で結婚生活を送る夫婦には、人気漫画家・東村アキコが監修した、仲を深めるためのミッションが課される。スタジオでMCを務めるのは、千鳥ノブと俳優の三浦翔平。またシーズンレギュラーゲストとして高橋みなみが登場。この日のゲストには、トリンドル玲奈が出演した。

 この日の夜、中田が冷蔵庫を開けるとそこにはミッションが書かれた紙が置かれていた。内容は「妻をときめかせるような、男の料理を一品振舞ってください」というもの。実はこの結婚生活の中で、全く家事をしてこなかった中田。料理は初心者のようだが、少し困ったような表所を浮かべつつも「作ってみよう!」と決意。川島は「おお~」と感心し、「じゃあ、じゃがいもがあるから。ちょっとひと手間。ポテサラ」とリクエストした。中田は「おお~、初めてだね。じゃあ、ポテサラ作ろう!愛を込めて作ろう。男のポテサラ」とスマホで調べて作ることを宣言。しかし、スタジオの高橋は「作れなさそう~」と心配。川島からエプロンを借りるも、その姿に高橋は「料理したことがない感が凄い出てる」と終始、心配そうな声をあげている。

川島海荷、料理中にキッチンで…年下夫からの急なスキンシップにガチ照れ『私たち結婚しました3』第5話
川島海荷、料理中にキッチンで…年下夫からの急なスキンシップにガチ照れ『私たち結婚しました3』第5話

 まず、じゃがいもを洗い始めた中田。なんと「じゃがいも洗うのって小学生ぶりかも」と明かし、川島は思わず動きを止めて「え!」とビックリ。「一人暮らししててじゃがいも買ったことないの?」と聞くと、「ないかも」と中田。中田は8年間の一人暮らしの経験があるが、じゃがいもを買ったことがないそうで、川島は「うそ」と目を丸くした。

 じゃがいもを洗いながら中田が「美味しいポテサラにな~れ」とおまじないのように唱えると、川島は無言で中田の顔を見つめた。これを受けて三浦は「声には出てないけど『は?』ってなってる」と川島の心情を代弁している。

川島海荷、料理中にキッチンで…年下夫からの急なスキンシップにガチ照れ『私たち結婚しました3』第5話

 その後は、慣れない手つきで野菜を切る中田に川島はドキドキ。じゃがいもを激しくマッシュし、「ちょっと味見」と食べてみるときも、スプーンに山盛りにして口に運び、川島は「味見、でか!」と笑った。

 ここで川島が「ときめかせてね」とミッションの紙を見せながら言うと、料理にいっぱいいっぱいだった様子の中田は「はいはいはいはい」と適当に受け答え。川島は、思わず中田の腕をピシパシと叩いた。すると中田は「ごめんて~。なに、怒ってるの?」と川島に近づいていき、頭をなでなで。急なスキンシップにスタジオメンバーは驚きを隠せず、高橋は「急にビックリした今」とコメントしており、2人のラブラブぶりに、トリンドルは笑いが止まらない様子を見せた。

川島海荷、料理中にキッチンで…年下夫からの急なスキンシップにガチ照れ『私たち結婚しました3』第5話

 次回、仲が深まって来た2組の夫婦が初交流。同性同士の本音トークが繰り広げられる!?『私たち結婚しました 3』#6は7月5日に1時間拡大SPとして放送される。『私たち結婚しました3』#5までABEMAで無料配信中。

#5:知れば知るほど好きになっていく
#5:知れば知るほど好きになっていく
私たち結婚しました 3
私たち結婚しました 3