「実力が伴ってない」アイドル派5人の少女時代『Gee』にプロたちが酷評、ため息も『青春スター』
番組をみる »

 アイドル派のルックス抜群な5人組チームが少女時代の「Gee」に挑戦するも、実力不足を指摘されてしまった。

【動画】プロミュージシャンが酷評したアイドル5人の少女時代の「GEE」(7分頃~)

 6月30日(木)21:30〜より『青春スター』の#7がABEMAで日韓同時、日本独占放送。本番組はK-POPアーティストを目指す日韓男女グローバルオーディションだ。アイドル派、ボーカル派、シンガーソングライター派の3つの派に分かれ、108人の挑戦者が熱く眩しいストーリーを繰り広げる。

 本選第2ラウンドはアイドル派、ボーカル派、シンガーソングライター派が各派ごとに“最強の組み合わせ”でチームを結成し戦う「3派別ベストチーム戦」となり、3位のチームはその場で全員脱落という残酷なルールのもと開幕。最終7組がデビュー確定となり、優勝者には1億ウォンの賞金が贈呈される。エンジェルミュージシャンにはイ・スンファン、ユン・ジョンシン、キム・イナ、イ・ウォンソク(Daybreak)、ユンナ、ソユ(元SISTAR)、カン・スンユン(WINNER)、NO:ZE(WAYB)、そしてスペシャルエンジェルにはシンドン(SUPER JUNIOR)とK-POP界を代表する重鎮が集結。MCはチョン・ヒョンムが務める。

「実力以上のことをしようとしている」少女時代の「Gee」に挑戦するもプロから酷評の嵐

 アイドル派からキム・ガヨン&チョン・ナラ&ナム・ユジュ&パク・ソヒ&ペク・ナリンによる5人組「宝石ビビンバ」チームが登場。「ユジュが少女時代のソヒョンに似ている」「ナラが綺麗」とパフォーマンス前からキュートなルックスが話題になっていた。

「実力が伴ってない」アイドル派5人の少女時代『Gee』にプロたちが酷評、ため息も『青春スター』
「実力が伴ってない」アイドル派5人の少女時代『Gee』にプロたちが酷評、ため息も『青春スター』

 彼女たちが挑戦するのは少女時代の「Gee」。日本でもお馴染みの曲だがエンジェルミュージシャンは、「個々の魅力をアピールしながらも群舞ではピタッと合う。後に難しい曲だと知りました」「難易度が高い」と難しさを説明。本番に向け、5人は協力し合いながらハードなレッスンに打ち込んだ。

 ステージでは元気いっぱいに「Gee」をパフォーマンス。しかし、若さゆえにまだ幼さが残る歌声やぎこちないダンスにエンジェルミュージシャンは沈黙。ダンスブレイクでも変わらず険しい表情が目立ち、重たい空気が漂っていた。

「実力が伴ってない」アイドル派5人の少女時代『Gee』にプロたちが酷評、ため息も『青春スター』
「実力が伴ってない」アイドル派5人の少女時代『Gee』にプロたちが酷評、ため息も『青春スター』

 ステージが終わるとエンジェルミュージシャンからは、「合ってないわ」「ダンスブレイクで実力以上のことをしようとして、まとまりがなかった」「間違いが多かった」と酷評の嵐。

「実力が伴ってない」アイドル派5人の少女時代『Gee』にプロたちが酷評、ため息も『青春スター』

 だがアイドル出身のシンドンは、「可能性を感じたのは表情を合わせていたこと。ダンスは合わないけど表情は合ってた」と感情表現を評価。さらに「デビューするとしたらガヨンがヒットするかも。同じ動作でも惹きつける何かがある。デビューすればうまくいくと思う」とメンバーに鋭い目を光らせる。他にも良かったメンバーにユジュの名も挙がり、イナは「彼女の脱落は許せない」と語った。

「実力が伴ってない」アイドル派5人の少女時代『Gee』にプロたちが酷評、ため息も『青春スター』

 次週『青春スター』は7月7日(木)よりABEMAにて日韓同時・日本語字幕付き日本独占無料放送。なお『青春スター』#1〜3、最新話はABEMAにて無料配信中。

【日韓同時・日本独占配信】青春スター
【日韓同時・日本独占配信】青春スター