ヤンチャ芸人を決めるはずが…お絵かき対決に千鳥ノブ「これお笑い対決ですよね?」
番組をみる »

 お笑いコンビ・千鳥が番組MCを務めるABEMAのバラエティ「チャンスの時間」で、新企画「ブレイキングヤンチャオーディション」が始動。企画内でなぜか“お絵かき対決”が勃発し、千鳥のノブが物申す一幕があった。

【動画】大喜利対決が“お絵かき対決”にまで発展

 7月3日放送の「チャンスの時間」で開催された「ブレイキングヤンチャオーディション」は、お笑い界に風穴を開ける新たなヤンチャ芸人を発掘するというもの。お笑いコンビ・しずるのKAZMAとインパルスの板倉俊之、そして千鳥の大悟が審査員を務める本企画に、次世代のヤンチャ芸人を目指す6人の挑戦者が参加した。

ヤンチャ芸人を決めるはずが…お絵かき対決に千鳥ノブ「これお笑い対決ですよね?」

 同企画の後半戦にはお笑いコンビ・真空ジェシカの川北茂澄、ママタルトの大鶴肥満、入間国際宣言の千葉ゴウが参戦した。まずは川北と進行役だったはずのノブが“学校あるある”ネタ対決をすることになるも、不完全燃焼に終わってしまう。そこで今度は“学校ないない”対決で決着をつけようとしたが、こちらも微妙な空気で終わってしまった。

ヤンチャ芸人を決めるはずが…お絵かき対決に千鳥ノブ「これお笑い対決ですよね?」

 その後も審査員を交えた大喜利が繰り広げられるなか、千葉に字の汚さをイジられた板倉が「じゃあ字の綺麗さで勝負だ」と激怒。板倉と千葉による一騎打ちが行なわれることになった。

ヤンチャ芸人を決めるはずが…お絵かき対決に千鳥ノブ「これお笑い対決ですよね?」

 さらに、同対決は大悟の一声で“お絵かき対決”にまで発展し、これにはノブも思わず「これお笑い対決ですよね?結果『プレバト!!』みたいなことしてるんすよ。ゴールデン男育ててる」とチクリ。大悟らが“お絵かき”の才能を発揮した板倉と川北に大笑いする一方、ノブは「めちゃくちゃつまんないっす。これは最低のお題です」とツッコミが止まらない様子だった。

チャンスの時間
チャンスの時間
#186:芸能界に風穴を開けろ!ブレイキングヤンチャオーディション