2016年12月に一般男性と結婚した元SND48のメンバーでタレントの尻無浜冴美。5月5日に開設したブログでは「お腹に新しい命・第一子を授かりました」と妊娠を報告。約5年半もの間、不妊治療をしていたことを明かしている。

【動画】15歳年下の夫と再婚 不妊治療の末、49歳での高齢出産

■夫婦でテンパった不妊治療の初診

 5月8日のブログでは「正直不妊治療って言葉に抵抗あった」と切り出し「自然にできるでしょ!ってどこか病院に頼りたくない自分がいた」という。しかし、夫から「近所に不妊治療で良さそうな産婦人科あるよ!」と言われたことをきっかけに病院へ行くことを決めたという。

 そして、2021年6月10日が初診だったことをつづり「途中で別行動があり、同じ院内にいる旦那っちから」届いたというメッセージを公開。「説明とか色々あってトータル3時間!!」だったことを明かし「初めての不妊治療は分からないことだらけ夫婦でテンパりまくりでした」とブログを締めくくった。

■「卵がない」と医師から言われ

 5月11日に更新されたブログでは、血液検査や結果を聞きに病院へ行ったことを報告し「卵巣年齢が35歳と、実年齢より進んでいたこと」に衝撃を受けたとつづっている。さらに「卵がない」と医師から言われ「えっ!?通りで今まで、妊活してても自然に赤ちゃんできなかった訳だわ」と驚きを隠せない様子でコメント。

 そして「私たち夫婦は人工授精に抵抗なかったし、早めにのステップアップを考えてた」と明かし「すぐに書類にサインもしました」と人工授精同意書の写真を掲載。「病院通い出すのは遅かったくせに、動き出したら早いタイプ」と述べ、ブログを締めくくった。

不妊治療の末、49歳で高齢出産
不妊治療の末、49歳で高齢出産
尻無浜冴美『不妊治療③〜卵がない〜』
尻無浜冴美『不妊治療③〜卵がない〜』
尻無浜冴美オフィシャルブログ「おしりママ修行中」Powered by Ameba
川田裕美がコロナ禍、37歳で迎えた初めての出産「自分の知識の少なさを反省しました」 - Ameba News [アメーバニュース]
川田裕美がコロナ禍、37歳で迎えた初めての出産「自分の知識の少なさを反省しました」 - Ameba News [アメーバニュース]
Ameba News [アメーバニュース]