ABCお笑いグランプリ決勝進出者インタビュー【Bブロック】ダウ90000、天才ピアニスト、ハノーバー、令和ロマン
決勝戦を見る »

 ABEMAにて、2022年7月10日(日)に生放送する『カーネクストPresents第43回ABCお笑いグランプリ』。芸歴10年以内のお笑い芸人を対象とする本大会は、ダウンタウン、ナインティナイン千鳥かまいたち霜降り明星オズワルド、などの歴代優勝者達を輩出し、若手芸人の登竜門的存在となっている。

【放送】『第43回ABCお笑いグランプリ』視聴ページ

 今回、決勝進出を決めたのは、青色1号、かが屋、カベポスター、こたけ正義感、Gパンパンダ、ダウ90000、天才ピアニスト、ドーナツ・ピーナツ、ハノーバー、フランスピアノ、ヨネダ2000、令和ロマン。

 ABEMA TIMESでは、決勝進出した12組にインタビューを実施。大会への意気込みなどを語ってもらった。本記事で紹介するのは、Bブロックのダウ90000、天才ピアニスト、ハノーバー、令和ロマンの4組。

▼ダウ90000

ABCお笑いグランプリ決勝進出者インタビュー【Bブロック】ダウ90000、天才ピアニスト、ハノーバー、令和ロマン


①『第43回ABCお笑いグランプリ』決勝に進出されたお気持ちを聞かせてください。
蓮見:小学生の頃からお笑いが好きで、自分はお笑い芸人になれるような面白みのある人間ではないと思って諦めてたけど遠回りしてコントやってたら賞レースの決勝にいけたので、本当に嬉しいしまだあまり実感が湧いていないです。まさか賞レースの決勝に8人で出ているとも思ってなかったです。

園田:決勝進出者発表まで気が気じゃなかったので、電話がかかってきた時は一気に体の力が抜けました。
僕個人、ABCの決勝に行けたこと、とても嬉しく感じているのですが、何よりリーダーでありネタ書いてる蓮見が、認められて決勝に行けたことが本当に嬉しかったです。
僕は出会った頃から、あいつが一番面白いと思ってたので!!!
だから、発表までそわそわしてた蓮見が、決勝進出決まって喜んでるの見て、心の底から行けてよかったなって思ってます。

飯原:電話がかかってきた時は、自信のある無しの話ではなく、どうしても自分がABCお笑いグランプリの決勝の舞台に立っている姿が想像できていなかったので心臓が弾けるくらいびっくりしました。少し落ち着いた今は、決勝の舞台での出来が、あまりにも目に見える形で自分達の未来を左右するという現状に、少しの恐ろしさを感じつつも、その感情からは自分自身の若さを活用する事で上手いこと距離を取り、いまは素直に楽しみな気持ちでいっぱいです!僕はいま、一生懸命生きています!

上原:めちゃくちゃ嬉しいです。最初はわけわかんなくて、画面に電話越しの自分たちがうつっててめちゃくちゃ喜んでるけど大阪でネタをやるんだっていう実感はわからなくて、画面を見てホントにダウ90000に電話がかかってきてるんだって思って、生放送が終わった後に「ホントにやれるんだ」っていう実感が湧いてきました。大会によっては全員じゃなく一部のメンバーで出場した大会もあったり、全員で出場した大会ですぐに敗退してしまったりということがあったので、ダウ90000の8人全員で出場した大会で決勝の舞台に来られたというのがとっても嬉しいです。

道上:驚きました。驚きが勝りすぎていてその瞬間は実感がすぐには湧かず、正直今もまだ実感が湧いておらず、もっと直前になったら急に押し寄せてきそうだなと思っています。でも電話がかかってきて大きなスクリーンに映っている画面揺れまくり大はしゃぎな自分達と、〝ダウ90000 決勝進出〟の文字を見た時に自然と涙が出てきていました。数ヶ月前の、「俺らってABCお笑いグランプリ出れるのかな...?」から始まり気付いたら決勝進出の所まで行っていてメンバーである私も色々なスピードにちょっと待っての気持ちです。最終予選終了後、「どっちか全く分からないけどドキドキは出来るね。」とメンバーみんなで話をしていたので、本当にその通りドキドキしながら、でもその時まで、あまり考えないようにしながら発表を待っていました。山里さんとは初めて関わらせて頂くのにも関わらず、初見があのようなどんちゃん騒ぎ私達だったのが恥ずかし申し訳ないです。

中島:電話が来た時は本当に自分達が決勝に行けたのか一瞬わからなかった程信じられない瞬間でした。演劇もやっている私たちでもコントを純粋に見ていただき、認めてもらえたんだと素直にとても嬉しかったです。

忽那:決勝進出発表の瞬間はいつかかってくるか分からないサプライズ感と8人全員でその時を待っているという状況が初めてで、ちょっと居心地の悪さもありましたが、呼ばれた瞬間はすごく嬉しくてそんなことは一瞬で忘れて舞い上がりました。しかし発表がリモートというのもあり、あの山里さんと繋がっていた時間は本当なのか、本当にあの錚々たる芸人さんたちに囲まれて自分もあの場に立つのか、そんなの夢の中の話しだろうと今では思っています。早くあの場に立って、次の日録画で確認し、本当にいたんだと実感したいです。

吉原:自分にとって賞レースの決勝はずっと「見るもの」だったので、決勝の舞台に立てることが本当に嬉しいです。まだ信じられない部分もあって、半分くらいしか実感が湧いてないです。と同時に、我々は普段はっきりと芸人を名乗ることはなく、メンバーの大多数が俳優志望の8人組でコントや演劇をやらせてもらっているので、今回「お笑い」グランプリと名の付く賞レースの決勝に上がったことで、身が引き締まる思いでいっぱいです。ふわふわした肩書きの我々を上げてくださったABCお笑いグランプリの皆さん、本当にありがとうございます。当日は精一杯お笑いを頑張りたいです。

②『ABCお笑いグランプリ』とはどのような存在ですか?
蓮見:『見る大会』です。大阪の賞レースで最近までは結果しか見れていなかったので、自分が出れるわけない大会だと思っていました。ざっくりハイボールでジュニアさんがジャルジャルさんの2本目の漫才の話をされていて、なんの大会かわからず調べたのが最初の出会いです。去年の大会はお酒の配達のバイト中に車の中でサボって見ていたので、今年決勝の舞台に立てることが本当に嬉しいです。

園田:「真剣勝負、頂上決戦。」
僕は子供の頃からお笑い芸人になりたかったり、お笑いをずっと見てきた訳ではないのですが、リーダーの蓮見と出会ってから、芸人さんの凄さを知りました。
もちろん今ダウ90000でコントを真剣に取り組んでいますが、大学生になってから初めて見たABCお笑いグランプリに自分が行けるとは思ってもいませんでした。
それくらい、人生かけた戦いであることも分かっているし、近所のお祭りに行くような感覚で臨む場所でもないと思っています。
本気で面白いと思われに行きますし、優勝も必ず勝ち取りたいです!!!

飯原:小さい頃、おばあちゃんの部屋のテレビで、おばあちゃんのめちゃくちゃ重い扇風機の強の風を浴びながら、本当に安心しきって見ていた大会で、その後も楽しく「見るもの」だと思い込んでいました。
それが24歳になった今年、急に僕の人生のど真ん中におもっクソ食い込んできたので、大変驚きつつも、こうなったらもうこの波になんとかして乗るしかないなと、今はそう思っています!
ABCお笑いグランプリは僕の人生に突如として現れた「波」です。なんとしても乗りたい!もちろん伝統のある西日本最大のお笑い賞レースだとも思っています!

上原:お笑いを見るようになったのがダウ90000が始まってからの1,2年だったので大会のことはあまりわかってなくて、だから後からどれだけ調べても以前からこの大会に出場してきた方やこの大会をずっと見てきた方には敵わない部分だと思うし、多分この大会で決勝に進んだことがどれだけとんでもないことなのか本当の意味ではまだわかってないのかもしれないなっていうのを正直思っています。そんな中でどんな存在かってまとめるのはおこがましいのですが、8人のダウ90000を一生あるかないかの大舞台に連れて行ってくださった大会です。本当にありがとうございます。

道上:大変申し上げにくいのですが、ABCお笑いグランプリは少し名前を聞いたことあるな、というのが正直なところです。というのも2009年までタイに在住していたのとその後日本に帰国後は器械体操に朝から晩まで打ち込んでいたのもあり、お笑い自体にそもそもあまり触れる事なくここまできているからです。ただ、浅はかではありますが今回この大会はダウ90000がフルメンバーで出る初めての賞レースなので、ここまでの段階でも自分の中で大きなものになりましたし、今後活動を続けていく上でも二度とない〝初めての賞レース〟として刻み続けていけるのがこの大会で良かったなと思っています。

中島:私は福岡出身で放送を見れず、またダウ90000になるまでほとんどお笑いに触れてこなかったにもか関わらず、今大会について漠然と知っていました。こんな私でも名前を知っているほどの大きな大会でまさか自分がその決勝に進出できるなんてという感情が大きいです。

忽那:バラエティ番組。自分は小さい頃からずっとテレビばかり見ている子供で、特にバラエティ番組を見る時間は家族みんなで笑って過ごせる大好きな時間でした。私の生活の一部であり、なくてはならない存在です。

吉原:漫才、ピン、コントで競える賞レースなので、毎年ワクワクしながら見ていました。歴史ある大会でもあり、初出場で決勝に行けて本当に光栄です。私は21歳なので、ひょっとしたら自分が歴代最年少ファイナリストなんじゃないかと思って調べたら、38年前にダウンタウンさんが21歳になる年でABCの漫才部門で優勝していました。まだまだ思い上がってはいけないと思いました。

③優勝した際の賞金の使い道を教えてください。
蓮見:iPhone13proを一括で買います!8人で割るとちょうど買えるくらいでした。

園田:8人で賞金を割ると、12万5000円になるので、家賃と生活費と奨学金とスマホ代を払った後に、めちゃくちゃ焼肉を食います!!!
50万あったら親に仕送りした後に、新しい趣味でも始めたかったのですが、割と現実味のある額にしかならなさそうなので、日常生活の延長戦で贅沢します!!!
でも焼肉は大好きだし、絶対に食べたいので、優勝と賞金は必ず取りたいです!!!
他の出場者の方より賞金獲得額低いから、本気度も低いって思われたらマジで嫌なので!!!

飯原:部屋の壁に空いた穴の修繕と、お掃除の業者を雇って部屋の掃除をしてもらいたいです。お風呂の水が半年近く詰まってしまっていて、もう自分でどうにか出来る段階はとっくに過ぎてしまいました。
生活が苦手なので、まとまったお金が入ったとしても普段のツケを払うだけで終わってしまって、楽しいことに使えないのが悲しいです。

上原:つい先日の6月27日から一人暮らしを始めたので欲しいものがたくさんあります。駅から遠いところに住んでしまったので歩けば良いと思っていたのですがついさっき家まで歩いてみたところかなり大変だったので自転車が欲しいです。また、生活が始まったばかりなので役立つ便利グッズみたいなものも欲しいです。キッチンが狭くてまな板が置けないのをなんとかしてくれる棒とか、洋服タンスとか、歯ブラシを洗面所に置いたままに出来る取り付け用の棚とか。人2人くらいがうずくまってるくらいの量の漫画があるので、でっかい本棚が欲しいです。余ったら美味しいものを食べます。

道上:賞金100万円を8人で割ったら1人12万5000円になって、そこから税金を引かれたとして使えるのが10万円程だと計算したら...5万円は貯金に回して残り5万円は7/1から始まるセーラームーンミュージアムでの入場料やグッズ、ブランドとのコラボグッズ、セーラームーンシリーズのDVD大人買い、など、セーラームーンに関する事に使いたいです!もしくはmiu miuのお財布好きなのを買って(何か頑張った成績残したら買いたいと思っていた為)、残った分を貯金に回す!という風にしたいです。というようにいろんなパターンで細かく効率良く使いたいです。せっかく賞金を使わせて頂くのであれば足が出ず、限られた中で考えて名一杯使いたいので、脱毛やホワイトニングにも回したいけれど賞金では我慢します。名一杯使いたいとはいえある程度は貯金に回す、のは性格的に絶対にしてしまいます。

中島:ドラム式洗濯機にずっと憧れているので手に入れたいです。

忽那:8人で割ると1人12万くらいになりますが、これまで8人で割って1番高かった賞金が6万なので、その倍ともなると使い道にとても迷いますが、ここは思い切って12万全部使ってずっと欲しかった原付バイクを買います!

吉原:8人で等分すると12万5000円になるので、大学を留年してしまった分の学費の足しにするか、部分脱毛にあてたいと思います。

④決勝に向けて意気込みをおねがいします。
蓮見:演劇もコントもやっている以上、どっちも中途半端だと二つやっている意味がないと思うので、優勝してコントで認めてもらいたいです。せっかく東京で観れるようにしてもらっているので去年のオズワルドさんに続いて東京勢が連覇できるよう頑張ります!

園田:ダウ90000で決勝に行けたこと、誇りに思います。それだけ僕達はコントと真剣に向き合ってきました。遊び半分でやったことなんて一度もなかったし、面白いと思われるためにがむしゃらにやってきました。
蓮見が面白いだけなんて言って欲しくないからこそ、この大会で、僕たちのコントで、真剣なんだって気持ちを証明します!!!ダウ90000が好きな人も嫌いな人も、全員笑わせます!!!頑張ります!!!

飯原: 本当にもの凄い決勝のメンバーの方々に少しでも近づきたいし、あわよくば優勝してしまいたいです!
細かい意気込みは…噛まない。セリフ飛ばさない。緊張しない。油断しない。いっぱい練習する。前日よく寝る。気合い入れる。体調を整えて臨む。視野を広く持つ。大きい声で喋る。忘れ物しない。あきらめない。息をいっぱい吸う。集中する。楽しむ。出とちらないようにする。滑舌よく喋る。周りに気を使う。臨機応変にする。がんばる。失礼なことをしない。

上原:今ダウ90000が何かをしたら自分が思っている以上の反響がかえってきて、たくさんの方の目に触れられているんだなと感じることが多いのですが、それでもやっぱりまだダウ90000が何人なのか、5人組?とか、まだまだ1人1人のことは知られていなくて、この大会を通してダウ90000は8人組だよっていうのを知らしめていきたいなと思っています。多分当日尋常じゃない緊張で震えまくっていることだと思います。
震えるだけじゃなくてこの大舞台を楽しめるように、そして楽しんだ先に少しでも上に、もちろん1番は優勝できるように頑張ります

道上:今回、このABCお笑いグランプリがダウ90000 8人フルメンバーでは初の賞レース出場です。8人で行くことに何より意味があると思いますし、8人いれば同じ方向を向いた時に他の方々に劣らず出力があると思うのでこのまま勢いに乗り続けます。初ABCグランプリ出場、初賞レース出場で初優勝!8人で初を獲っていけるよう、どっしり構えて臨みます!ABCお笑いグランプリにダウ90000のたくさんの初めてを捧げたいです。

中島:わたしたちにしか絶対に出来ないコントで優勝を目指します!!!

忽那:1年前までの自分は ABC お笑いグランプリの決勝に出ることになるなんて1ミリも想像できてなかったし、まだ信じられないけど、ダウ 90000 のコントが好きな気持ち、それでたくさんの人に笑ってもらいたい気持ちはどの芸人さんにも負けられないという、普段は遠慮してしまいがちですが、ここまできた以上自信をもって心して挑みます!!よろしくお願いします!!

吉原:お笑いの猛者たちが集う決勝の舞台ですが、我々にしかできないコントで会場を湧かせることができればと思います。面白いと思ってもらえるように丁寧に頑張りたいです。芸人は名乗らずとも、お笑いを愛しているという誠意が伝わればいいなと思います。


▼天才ピアニスト

ABCお笑いグランプリ決勝進出者インタビュー【Bブロック】ダウ90000、天才ピアニスト、ハノーバー、令和ロマン


①『第43回ABCお笑いグランプリ』決勝に進出されたお気持ちを聞かせてください。
ますみ:よっしゃーー!!やったーー!!幸せーー!!勝つぞーー!!

竹内:
ABCお笑いグランプリで優勝することを、今年一番の目標にしてやって来たので、とてもとても嬉しいです。

②『ABCお笑いグランプリ』とはどのような存在ですか?
ますみ:関西の賞レースで1番取りたい歴史のある大会で、若手芸人としての登竜門的存在です。

竹内:関西で一番撮りたい賞レース。コンビ、グループ、ピン、漫才、コント、フリップなんでもありの大会なので、ここで一番になれば「若手芸人の中で一番面白い」と証明できるからです。

③優勝した際の賞金の使い道を教えてください。
ますみ:上沼恵美子さんモノマネ用のカツラをオーダーメイドで作りたいです。

竹内:コント衣装や道具を置くための部屋を借りたいです。自宅のスペースを圧迫しているので!

④決勝に向けて意気込みをおねがいします。
ますみ:優勝したい気持ちは12組中1位だという自信があります!気持ちを実現するだけ!

竹内:優勝以外見ていません!私達が必ず優勝します!!!

▼ハノーバー

ABCお笑いグランプリ決勝進出者インタビュー【Bブロック】ダウ90000、天才ピアニスト、ハノーバー、令和ロマン

①『第43回ABCお笑いグランプリ』決勝に進出されたお気持ちを聞かせてください。
素直に嬉しい気持ちと、やっとここまで来れたか、という自信になりました。
今までこんな人達に勝てるのか?…、、という弱気な自分がいましたが
今は絶対に勝つという強い思いがあります。

②『ABCお笑いグランプリ』とはどのような存在ですか?
若手の売れるための登竜門として格式が高く、毎年テレビで見ていた憧れの大会です。個人的にはなりますが、去年ABC決勝前のさすらいラビーさんに圧敗し、意識を変えてくれた起爆剤です。

③優勝した際の賞金の使い道を教えてください。
お世話になっている劇場(DAIHATSU 心斎橋角座、楽屋A、舞台袖等)のマイクをせりあがるようにしたいです。あと、室内用サウナNATURAL SPA(548000円)を買いたいです。

④決勝に向けて意気込みをおねがいします。
地下ライブ出身芸人として、松竹芸能として、全員の思いを背負って光になれるよう頑張ります。絶対に優勝します!


▼令和ロマン

ABCお笑いグランプリ決勝進出者インタビュー【Bブロック】ダウ90000、天才ピアニスト、ハノーバー、令和ロマン

①『第43回ABCお笑いグランプリ』決勝に進出されたお気持ちを聞かせてください。
ケムリ:とても嬉しいです。二年連続最終予選で落選していたので、今年初めて合格の電話が来た時は夢のような気持ちでした。家族や親戚、昔の友人からもたくさんお祝いの連絡をもらい、その時に初めて自分の決勝進出を実感することができました。

くるま:とても嬉しいっス。二年連続最終予選で落選していたので、今年初めて合格の電話が来た時は夢のような気持ちでしたッス。家族や親戚、昔の友人からもたくさんお祝いの連絡をもらい、その時に初めて自分の決勝進出を実感することができましたッス。

②『ABCお笑いグランプリ』とはどのような存在ですか?
ケムリ:関西の大会のため元々はあまり馴染みのない大会だったのですが、Abemaで放送をするようになり素晴らしい大会であることを知りました。去年のオズワルドさんの優勝を見て、東京で活動している自分もより強く優勝したいと思いました。

くるま:関西の大会のため元々はあまり馴染みのない大会だったのですが、Abemaで放送をするようになり素晴らしい大会であることを知りやした。去年のオズワルドさんの優勝を見て、東京で活動している自分もより強く優勝したいと思いやした。

③優勝した際の賞金の使い道を教えてください。
ケムリ:お世話になった家族や後輩、劇場の皆さんなどに還元したいです。我々が所属している神保町よしもと漫才劇場はスリッパの数が少ないため、全芸人が自分のスリッパを持てるようにしたいです。

くるま:お世話になった家族や後輩、劇場の皆さんなどに還元したいってことですわ。我々が所属している神保町よしもと漫才劇場はスリッパの数が少ないため、全芸人が自分のスリッパを持てるようにしたいってことなんですわ。

④決勝に向けて意気込みをおねがいします。
ケムリ:絶対に優勝したいです。去年優勝されたオズワルドさんに続きたいという気持ちもありますし、我々が所属している神保町よしもと漫才劇場に初のABC優勝トロフィーを持ち帰って、劇場にいる後輩達に夢を与えたいです。

くるま:絶対に優勝したい!!!!去年!!!!優勝された!オズワルドさんに!!!続きたいという気持ちもあるし!!!我!々!が所属している神保町!よ!し!も!と!漫才劇場!!!!!!に初のABC優勝トロフィーを持ち帰って!劇!場にいる後!輩達!に夢を与えたい!!!!

■『カーネクスト Presents 第43回ABCお笑いグランプリ』番組概要

ABCお笑いグランプリ決勝進出者インタビュー【Bブロック】ダウ90000、天才ピアニスト、ハノーバー、令和ロマン

放送日程:7月10日(日) 午後1時55分~(生放送)
放送チャンネル:ABEMA SPECIAL2
放送URL: https://abema.tv/channels/special-plus/slots/BNjLh878UoEbHH
出演者:山里亮太(南海キャンディーズ)、澤田有也佳(ABCテレビアナウンサー)
<決勝進出12組> ※五十音順
青色1号(太田プロダクション)
かが屋(マセキ芸能社)
カベポスター(吉本興業)
こたけ正義感(ワタナベエンターテインメント)
Gパンパンダ(ワタナベエンターテインメント)
ダウ90000(YOU GO sign)
天才ピアニスト(吉本興業)
ドーナツ・ピーナツ(吉本興業)
ハノーバー(松竹芸能)
フランスピアノ(グレープカンパニー)
ヨネダ2000(吉本興業)
令和ロマン(吉本興業)

■『カーネクスト Presents第43回ABCお笑いグランプリ!ネクストブレイク確実!新王者を秒速解剖SP!』番組概要

ABCお笑いグランプリ決勝進出者インタビュー【Bブロック】ダウ90000、天才ピアニスト、ハノーバー、令和ロマン

放送日程:7月10日(日) 夕方5時25分~(生放送)
放送チャンネル:ABEMA SPECIAL2
放送URL: https://abema.tv/channels/special-plus/slots/Czr4nE7kSWUvKH

第43回ABCお笑いグランプリ presented by カーネクスト
第43回ABCお笑いグランプリ presented by カーネクスト
若手芸人の登竜門的コンテスト「ABCお笑いグランプリ」 決勝生配信
ひろゆき、放送禁止ワードを連発するも3時のヒロイン福田に論破され反省「調子乗るのは良くない」