毎週金曜日23時より放送中の『私たち結婚しました 3』(以下、わた婚3)が折り返し地点を迎えた。本番組は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された国民的大ヒット番組『私たち結婚しました』(※)を日本版にリメイクした「ABEMA」オリジナルの結婚モキュメンタリー番組。今シーズンは、佐野岳島崎遥香のペア、中田圭祐川島海荷のペアの2組が結婚生活を送っており、全く違う個性を放つ2組のカップルの今後に注目が集まっている。#6のゲストには、前シーズンで足立梨花と結婚生活を送った塩野瑛久が登場。『わた婚』シリーズの先輩から見て、2組のカップルはどう映ったのか、今シーズンの感想、自身の結婚生活も振り返って語ってもらった。

【動画】塩野瑛久、足立梨花とは連絡先を交換、反響を語る

ジュノンボーイの同期・佐野岳の結婚生活に「一緒にいて飽きない人」

――さっそくですが、今シーズンをご覧になっていかがでしたか。

岳くんは、ジュノンボーイの同期で、個人的にも交流があります。彼は本当に人がよくて、最近はSNSを覗いてみたら、料理の動画を上げていたり、アクロバットをしたり、殺にも挑戦したり、努力家でなんにでもチャレンジする人です。だから、2人でいてもやることがいっぱいあって一緒にいて飽きないだろうなって思っています。

塩野瑛久、足立梨花との結婚生活を振り返り「梨花は同志」反省点も?『私たち結婚しました3』

▲友人・佐野の結婚生活に興味津々(『わた婚3』第6話より)

――佐野さんと島崎さんは、#4で「まだ距離感を感じる」という会話をする場面もありましたが、そのあたりはどうでしたか。

岳くんは、中身がエンターテイナーで、常にみんなを笑わせたい、目の前の人を笑わせたいと思っている人です。本人は無理しているつもりはなくても、もしかすると現時点での島崎さんには、頑張っているように映っているのかもしれないですね。でも今日は、島崎さんが岳くんに対してツッコミをゆだねるような発言をしていて、気を許し始めているような印象がありました。多分、このまま距離も近くなっていくんだろうなって。

―――もう一方の中田さんと川島さん夫婦は、佐野さんと島崎さんとはまた違う雰囲気ですよね。

2人は自然にいい空気が出来上がっていますよね! 今日も、手を繋いで買い物をしていて、とてもナチュラルでした。けいぴー(中田)が、自分が思っていることを海荷ちゃんに伝えるシーンがあったりして。そこでもぐっと仲が深まったような感じがします。

塩野瑛久、足立梨花との結婚生活を振り返り「梨花は同志」反省点も?『私たち結婚しました3』

▲距離が近づいている中田&川島夫妻(『わた婚3』第6話より)

――『わた婚』シリーズの先輩として、二組の夫婦に期待したいことはありますか。

(笑)。2組とも、最終的には離れるのが寂しいって思ってほしいですね。岳くんと島崎さんも、お互いに特性を持っていて、足りない部分を補い合っているように見えます。なので、このまま自然に一緒にいればハマると思うので、期待したいです。

自身の結婚生活に反省?「もうちょっと人間臭くいたかった」

――今後が楽しみです。2組の結婚生活を見ていて、足立さんとの結婚生活を思い出したりしましたか。

#6では、2組の夫婦が初対面したんですよ。そこで、岳くんとけいぴーが「相手が自分のことをどう思っているのかわからないよね」という会話をしていて、ものすごく共感できました。僕も相手がどう思っているのか、常に心配でした。モキュメンタリーがそうさせているのかもしれないですね。『わた婚』はある程度、(芸能界での)キャリアのある人たちが出演しているので、「こういう現場もお茶の子さいさいでしょ」と思われているのではないかとか、そういう期待が頭をよぎってしまって、プレッシャーも感じていました。

塩野瑛久、足立梨花との結婚生活を振り返り「梨花は同志」反省点も?『私たち結婚しました3』

▲2組の夫婦が対面!(『わた婚3』第6話より)

――一視聴者としては、塩野さんはとてもナチュラルに見えていましたよ。

本当ですか? でも、もうちょっと人間臭くいたかったな、という部分が反省点です。

――当時、ご自身の放送はご覧になっていましたか。

ちょいちょいです。まあ、ちょっと恥ずかしくて、ガッツリは見なかったですね。自分たちを見るというよりは、浅香さんとトリンドルさん夫婦がとてもよかったです。最終話は最高でした!

足立梨花との結婚生活を経て「結婚するなら、趣味が似ている人がいいな」

――撮影時の楽しかった思い出も知りたいです。

梨花とはものすごく趣味があって、共通点がたくさんありました。家電好きだったり、アニメが好きでアニメイトに行ったり、コスプレをしたり。ああいう日常が続いていくならば、きっとストレスはないんだろうなって思っていました。

――ある意味、結婚の予行練習になりましたか。

そうですね。お付き合いとか、結婚するなら、趣味が似ている人がいいなと改めて思いました。

塩野瑛久、足立梨花との結婚生活を振り返り「梨花は同志」反省点も?『私たち結婚しました3』

▲大きな反響を呼んだ最終回シーン(『わた婚2』より)

――撮影されている中で、キュンとしたり、可愛いなと思った瞬間はありましたか。

最初は、これは本当の姿なのかな?と、どこか疑いながら見ている部分もありましたが、一緒にいるうちに嘘のない人だということはわかりました。今思い返すと笑顔で楽しんでくれた瞬間はうれしかったですね。あとは、ウェディングドレス姿はめちゃくちゃキレイでした。

――塩野さんのタキシードもとてもステキで、本当にお似合いのカップルでした。『わた婚2』に出演されて反響はありましたか。

僕は、バラエティでも前に立って出て行くということは少なかったので、「素に近い部分を見られてよかった」という声をもらいました。あとは、現場に行って仕事仲間から「結婚、おめでとう」と祝福されたりしました(笑)。

足立梨花との偶然の再会に「1時間くらい話をしたいです(笑)」

――反省点もたくさんあるようですが、もしまた『わた婚』の出演オファーがあったらどうしますか。

え~~~、迷いどころですね。なかなかそういうチャンスはないので、やってみたい気持ちはありますが……。難しいな、そのときに考えます(笑)。

――そのときは、再婚か復縁か(笑)。楽しみです。その後足立さんのご活躍をチェックされたりはしていますか。

ドラマの主演をやりますよね。そういうところはチェックしていますし、懐かしい気持ちにもなります。実はさっき、楽屋でちらっと会ったんですよ。『わた婚』以来の再会だったので、とてもうれしかったですね。このあと1時間くらい話をしたいくらいです。ある意味、梨花は同志みたいなところがありますから。

――ステキな関係ですね! 是非2人で飲みに行ってほしいです。最後に、今シーズンの見どころをお願いいたします。

1組は物理的な凸凹感があって、もう一組はキャラの凸凹感があって。個性豊かな2組の夫婦で、双方が違う魅力を持っています。今後、2組の夫婦がどんな感動の別れを迎えるのか。最初とのギャップを感じながら見ていただけたら面白いと思います。

――ありがとうございます!

※:『私たち結婚しました』は、韓国の地上波放送局、株式会社文化放送(MBC)が企画、制作した番組。
 

取材・テキスト:氏家裕子、撮影:Mayuko Yamaguchi

足立梨花、夫・塩野瑛久との別れに大粒の涙「さみしくなっちゃう」
#6:見つめあって、手を繋いで、離さない 1時間スペシャル
#6:見つめあって、手を繋いで、離さない 1時間スペシャル
私たち結婚しました 2
私たち結婚しました 2