皆に見られながら際どいベッドシーン演技…両想いの若手女優&俳優に「当たってる!?」とスタジオ騒然
番組をみる »

 7月24日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』act.11が放送され、女優の橋下美好と俳優の松本陸斗が際どいキス&ベッドシーンを演じ、スタジオが大盛り上がりした。

【動画】ベッドシーンのオーディションの様子(5分頃~)

『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』とは

皆に見られながら際どいベッドシーン演技…両想いの若手女優&俳優に「当たってる!?」とスタジオ騒然

 同番組は、期待の若手俳優たちが毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーは近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。 

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、上大迫祐希(以下:ゆうき/21歳)、小池亮介(以下:りょうすけ/26歳)、白石優愛(以下:ゆあ/20歳)、鈴木志遠(以下:しおん/25歳)、橋下美好(以下:みよし/23歳)、橋本裕太(以下:はっしー/27歳)、松川星(以下:あかり/25歳)、松村陸斗(りくと/23歳)の男女8人。 

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。今シーズンでは、前シーズンとは違って男性メンバーと女性メンバーが別れて共同生活をし、男女が顔を合わせられるのは限られた時間のみ。ただし、オーディション前日にはくじで当たりを引いた男子メンバーが気になる女子の部屋へ訪問する“お忍び稽古”というルールが追加された。また恋愛ドラマの内容は、「おとぎ話」をテーマに原案を募集し、子どもの頃誰もが一度は夢見た「おとぎ話」の世界を現代の恋愛と掛け合わせ、女性にとっての憧れがたっぷり詰まったストーリーとなっている。

みよし&りくと、濃厚なベッドシーン演技にスタジオ騒然

皆に見られながら際どいベッドシーン演技…両想いの若手女優&俳優に「当たってる!?」とスタジオ騒然

 いよいよ迎えたドラマ最終話は、『鶴の恩返し』をモチーフとした物語。過去に自分を救ってくれた男性のもとへ現れたひとりの女性の切ないストーリーで、かけがえのない存在と気づいたふたりが結ばれる激しいベッドシーンが見せ場となっている。そんな今回のオーディションは個人戦。個人戦の相手は、くじ引きで男女関係なく数字の順番に一緒に演技したい相手を早いもの勝ちで指名していく。

 一番のくじを引いたのはみよし。第一印象から一途に想いを寄せ続けてきてくれたりくとと、前回一緒に主演を演じ想いを伝えられたしおんの間で迷いがあるように見えたみよしだったが、相手役に指名したのはりくとだった。

皆に見られながら際どいベッドシーン演技…両想いの若手女優&俳優に「当たってる!?」とスタジオ騒然

 前日に一緒に練習したこともあり、難しいベッドシーンでも息の合った演技を披露する2人。しかし、上着を脱ぎ、りくとがみよしを押し倒す瞬間に唇が触れてしまうスレスレの状態に。スタジオからは「え、え、え?」「当たった?」「もうなんか…(キスしてるみたい)」と声があがり、その後のりくとがみよしの首筋にキスをするような官能的な演出にも「ああああ~」「あらあらあら!」と大興奮だった。

 果たして、みよし&りくとはオーディションで主演を勝ち取ることができるのか?全貌はABEMAにて配信中。『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』最終回は、7月31日(日)よる10時~の放送だ。

朝ドラ女優、キスシーン直後にうっとり”とろん目”に…「あんな顔なる!?」「ちょっとすごいな」とハリセンボン春菜ら興奮
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
act.11:鶴のどんでん返し
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれる?