撮影の間だけ片想いの相手を独り占め…朝ドラ女優の切なすぎる恋模様に視聴者「本当に苦しくて泣いてしまった」
番組をみる »

 7月24日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』act.11が放送され、朝ドラ出演経験のある女優の白石優愛が意中の俳優とキスシーン&ベッドシーンを演じることになるが、その切なすぎる展開に視聴者から「本当に苦しくて泣いてしまった」「辛い中よく頑張ったよ」と、様々な反響が寄せられた。

【動画】恋した相手との濃厚ベッドシーン(27分頃~)

『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』とは

撮影の間だけ片想いの相手を独り占め…朝ドラ女優の切なすぎる恋模様に視聴者「本当に苦しくて泣いてしまった」

 同番組は、期待の若手俳優たちが毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーは近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。 

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、上大迫祐希(以下:ゆうき/21歳)、小池亮介(以下:りょうすけ/26歳)、白石優愛(以下:ゆあ/20歳)、鈴木志遠(以下:しおん/25歳)、橋下美好(以下:みよし/23歳)、橋本裕太(以下:はっしー/27歳)、松川星(以下:あかり/25歳)、松村陸斗(りくと/23歳)の男女8人。 

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。今シーズンでは、前シーズンとは違って男性メンバーと女性メンバーが別れて共同生活をし、男女が顔を合わせられるのは限られた時間のみ。ただし、オーディション前日にはくじで当たりを引いた男子メンバーが気になる女子の部屋へ訪問する“お忍び稽古”というルールが追加された。また恋愛ドラマの内容は、「おとぎ話」をテーマに原案を募集し、子どもの頃誰もが一度は夢見た「おとぎ話」の世界を現代の恋愛と掛け合わせ、女性にとっての憧れがたっぷり詰まったストーリーとなっている。

ゆあ、主演勝ち取るも残酷すぎる選択…

撮影の間だけ片想いの相手を独り占め…朝ドラ女優の切なすぎる恋模様に視聴者「本当に苦しくて泣いてしまった」

 いよいよ迎えたドラマ最終話は、『鶴の恩返し』をモチーフとした物語。過去に自分を救ってくれた男性のもとへ現れたひとりの女性の切ないストーリーで、かけがえのない存在と気づいたふたりが結ばれる激しいベッドシーンが見せ場となっている。そんな今回のオーディションは個人戦。個人戦の相手は、くじ引きで男女関係なく数字の順番に一緒に演技したい相手を早いもの勝ちで指名していく。

 最初はしおんへ想いを寄せていたが、りくとへ惹かれ始めていたゆあは、みよしとベッドシーンを演じるりくとを見て複雑な表情。そんな中でも、しおんと共にオーディションに挑むことになると、ゆあは圧巻の演技力を見せつけ、スタジオからも「うまい!」「ゆあちゃん魅力的だね」と絶賛の声があがった。

撮影の間だけ片想いの相手を独り占め…朝ドラ女優の切なすぎる恋模様に視聴者「本当に苦しくて泣いてしまった」

 結果、「台本の読み込み力、表現力、ダントツだなと思いました。なにより絶対に主役をとろうという意地、気合い、ものすごく伝わってきました」という先生の評価のもと、主演に選ばれたのはゆあ。しかし、最後のドラマで見事主役を勝ち取るという喜ばしい展開にも関わらず、ゆあの表情は曇ったまま。次の瞬間、しおんにせよ、りくとにせよ自分が想う相手はみよしに矢印が向いているという状況で、相手役の男子を指名するという残酷な状況に思わず涙が溢れ出してしまった。

撮影の間だけ片想いの相手を独り占め…朝ドラ女優の切なすぎる恋模様に視聴者「本当に苦しくて泣いてしまった」

 困ったゆあは、「今すぐ…ですか?」と戸惑いを見せるも、選択を迫られ最終的に、みよしを想っていることは分かっている上でりくとを指名。その後も申し訳なさそうに撮影現場へ向かうゆあの姿に、スタジオは思わずもらい泣き。小森は「こんな悲しいことあります?」と涙を拭い、あ~ちゃんや谷は言葉も出なかった。

 インタビューでゆあは、「私のせいで複雑な状況にりくとくんを追いやってしまってる」とりくとの気持ちを考慮した上で、「私もりくとくんの気持ちがどこに向いてるかは気づいてるし、今回この期間でりくとくんのみよしへの気持ちをどうにか動かそうってよりは、そうじゃない別の角度(演技の面)で、そういう支え方ができたらいいんじゃないかなって思います」とコメント。

撮影の間だけ片想いの相手を独り占め…朝ドラ女優の切なすぎる恋模様に視聴者「本当に苦しくて泣いてしまった」
撮影の間だけ片想いの相手を独り占め…朝ドラ女優の切なすぎる恋模様に視聴者「本当に苦しくて泣いてしまった」

 宣言通り、ゆあはドラマ撮影が始まるとりくとをサポート。監督からダメ出しをくらうりくとに、「緊張する?私もさ、このシーンめちゃめちゃりくとくんを重ねられる」「だってさ、今限りの関係の話じゃん。私もドラマ撮影中しかりくとくんのこと独り占めできない…とか言ってね」とお茶目に話し、りくとも思わずにっこり。2人のやりとりに、スタジオも「優しい~」「こんなあげてくれる人いないよ?」と絶賛だった。

撮影の間だけ片想いの相手を独り占め…朝ドラ女優の切なすぎる恋模様に視聴者「本当に苦しくて泣いてしまった」

 ゆあのおかげで自信を取り戻したりくとは、ベッドシーンでもどこか落ち着いている様子。濃厚なキスシーン、ベッドシーンの撮影が終わったあとも、ゆあの余裕たっぷりな振る舞いに支えられているのか、再び笑顔が溢れる瞬間も。2人は最後までベッドでごろんと向き合いながら、余韻に浸っていた。

 果たして、りくとはゆあとキスシーンを演じたことで気持ちに変化はあったのか…?全貌はABEMAにて配信中。『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』最終回は、7月31日(日)よる10時~の放送だ。

朝ドラ女優、キスシーン直後にうっとり”とろん目”に…「あんな顔なる!?」「ちょっとすごいな」とハリセンボン春菜ら興奮
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
act.11:鶴のどんでん返し
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれる?