水原希子、映画業界の性被害の実態に憤り「ある意味洗脳」「女優の卵をモノ扱い」
番組をみる »

 『BAZOOKA!!!』にて、映画プロデューサーと女優が、業界に蔓延する性被害を告発。水原希子が怒りを露にする一幕があった。

【動画】実際に性被害にあった女優が顔出しで告発(18分頃~)

 『BAZOOKA!!!』は、2011年より放送されていた社会派ドキュメントバラエティ。「空気を読まない」をコンセプトに、独自の目線で、“知らないカルチャー”、“ヤバい人”、“時事問題”にあえて斬り込んでいくジャーナリズムバラエティとして、3年ぶりにABEMAで復活。MCを務めるのは小籔千豊、水原希子。レギュラーメンバーとして野性爆弾くっきー!中嶋イッキュウ平本蓮が出演する。

 有名俳優や超大物監督による性暴力が週刊誌に取り上げられ世間の注目を集めている昨今。この日は、水原希子が潜入捜査官としてその実態を暴くという企画が放送された。

水原希子、映画業界の性被害の実態に憤り「ある意味洗脳」「女優の卵をモノ扱い」

 番組冒頭、映画界の性被害について「自分も経験したことがある」と前置きしたうえで「芸能界に憧れて出てきた10代~20代の前半の女性が被害に遭うケースが多くて。良かれと思ってついて行ったら変なことに巻き込まれたとか、様々な話を同業者の人から聞きます。(今回の企画で)どんな現状になっているのか、現実を知ったうえで、どうやって改善すれば傷つくことが減る環境づくりができるのか改めて考えたい」と思いを明かした水原。

水原希子、映画業界の性被害の実態に憤り「ある意味洗脳」「女優の卵をモノ扱い」

 ロケで、有名作品に携わる映画プロデューサーの話を聞くと、ワークショップで演技指導にかこつけて行われる性暴力の実態などが明らかになった。水原は「ある意味、洗脳。映画を作りたいとか、お芝居をしたいという人たちの心が折られてしまうことが本当に切ない。真面目にやっている子たちの輝く場所が無くなってしまう感じがする。思っていた以上に残念なことになっている気がしました」と怒りをにじませた。

水原希子、映画業界の性被害の実態に憤り「ある意味洗脳」「女優の卵をモノ扱い」

 スタジオには、超有名映画監督から性被害を受けたという女優のアラキさん(仮名)が登場し、当時の一部始終を告白。これを受けて水原は「やりかたが問題。女優の卵をモノ扱いして、邪悪なんですよね、考え方が」と述べた。

水原希子、映画業界の性被害の実態に憤り「ある意味洗脳」「女優の卵をモノ扱い」

 最後に水原は「これから役者になりたいって思う子たちが、どうすればそういう人たちとかかわらずにちゃんと映画を作りたい人とつながれるかを考えていきたい。映画業界はこういうこと(性被害)が起きる可能性もあるということをわかってもらって、その中で、疑問があったときに逃げることができたり、判断ができるような知恵に、この企画がつながるといいなと思いました」と締めている。

 小籔はこの企画について「映画業界全体ではないということは強く言っておきたい。映画業界に数パーセントそういう人がいて、それによって泣いている人がいる」と大前提として、業界の一部の話であるということを述べている。

街でよく見る「男性募集 高収入 美熟女サポート」貼り紙の真相が発覚! 実際に電話してみた結果
BAZOOKA!!!/高校生RAP選手権
BAZOOKA!!!/高校生RAP選手権
#8:【告発】映画界に蔓延る性加害の闇を本人が暴露
BAZOOKA!!!/高校生RAP選手権
BAZOOKA!!!/高校生RAP選手権
#2:水原希子が女性専用風俗に潜入