デビューが決定したK-POPアイドル、BTSの名曲で会場を感動の渦に!「泣く」「感動的なステージ」絶賛の声相次ぐ『青春スター』
番組をみる »

青春スター』の決勝戦でアイドルチームのN.ssignが感動のステージを披露し、 108人の頂点に立ち、賞金1億ウォンを獲得、歓喜と祝福の声が世界中から寄せられている。

【動画】BTSの名曲で会場を感動の渦に(3時間10分頃~)

 8月4日(木)22時〜より『青春スター』の#12がABEMAで日韓同時、日本独占放送。本番組はK-POPアーティストを目指す日韓男女グローバルオーディションに密着。アイドル派、ボーカル派、シンガーソングライター派の3つの派に分かれ、108人の挑戦者が熱く眩しいストーリーを繰り広げる。

 生放送でついに決勝戦のステージが開幕。決勝戦は1次、2次に渡って、最終優勝者はエンジェル点数50%、オンライン事前投票25%、当日のリアルタイムメッセージ投票25% の計3200点満点で決定。デビュー確定の7組13名の参加者が一同に会し、賞金1億ウォンを懸けた決勝戦の火蓋が切って落とされた。エンジェルミュージシャンにはイ・スンファン、ユン・ジョンシン、キム・イナ、イ・ウォンソク(Daybreak)、ユンナ、ソユ(元SISTAR)、カン・スンユン(WINNER)、NO:ZE(WAYB)とK-POP界を代表する重鎮が集結。MCはチョン・ヒョンムが務める。

「おい可愛すぎか」「オールラウンダーしかおらん」N.ssign による2曲連続パフォーマンスに沼落ちするファン続出!

デビューが決定したK-POPアイドル、BTSの名曲で会場を感動の渦に!「泣く」「感動的なステージ」絶賛の声相次ぐ『青春スター』

 決勝戦2次ではイ・ハンジュン、カズタ、チャン・ヒウォン、チョン・ソンユン、パク・ヒョン、ヤン・ジュニョク、ユン・ドハによる7人組のN.ssignがステージを披露する前にスンユンとの対談を公開。本音を打ち明けると共にアイドルとしての志を学び、決勝戦を前にエネルギーを蓄えた。

 決勝戦2次のテーマは「私の青春」。N.ssignが披露するのはBTSの「Spring Day」とDEUXの「In Summer」に決定。最初はしっとりとした雰囲気で「Spring Day」をパフォーマンス。激しいダンスはほぼなしにもかかわらず「泣く」「感動的なステージ」「ジュニョクすごいな」「デビュー前のパフォじゃない」「うまい人多すぎて安定感しかない」「どこの国の王子達で?」とコメント欄には感動を表す声が続々と到着。

デビューが決定したK-POPアイドル、BTSの名曲で会場を感動の渦に!「泣く」「感動的なステージ」絶賛の声相次ぐ『青春スター』

 彼らのラップや歌の上手さが再確認できるステージとなり、そのまま軽快なステップで「In Summer」へと繋ぐとアイドルらしいキラキラオーラを放出。先程とは真逆の可愛さ全開のステージを展開し、そのギャップで会場を釘付けに。視聴者からも「おい可愛すぎか」「可愛くて泣きそう」「全員推す!」「オールラウンダーしかおらん」「みんな可愛い」と絶賛の声が寄せられていた。

やっと誇らしい息子になれた」N.ssign1位獲得でカズタが胸中を告白

 NO:ZEは「素晴らしいステージをこれからも見せてくれると思いますし、個人的に単独コンサートをしたらどんなにかっこいいだろうかということしか考えられません」と、これからデビューする彼らに期待を表した。決勝戦2次のエンジェル点数は800満点中764点となり、事前投票とメール投票を合算した最終順位で見事1位に輝き、賞金1億ウォンを獲得した。K-POPアイドルになるため1人渡韓し、厳しい練習生生活を送ってきたカズタは、「3年近く会えてないお母さんにありがとうと伝えたいです。すごく会いたいし、昔は喧嘩ばかりだったけど、やっと誇らしい息子になれたんじゃないかな」「愛してる」と、離れて暮らす母への感謝と愛を韓国語と日本語で伝えた

デビューが決定したK-POPアイドル、BTSの名曲で会場を感動の渦に!「泣く」「感動的なステージ」絶賛の声相次ぐ『青春スター』

 視聴者も「おめでとうー!」「お疲れ」「日本にも来てね」「やっとスタートラインやね」と祝福の声が溢れ、デビューを待ちきれないコメントが続出していた。

 なお『青春スター』#1〜3、最新話はABEMAにて無料配信中。

「残念なステージ」アイドル派5人がBTSの人気曲を披露するもプロから厳しいダメ出し
#12:賞金1億ウォンとNo.1の称号を手にする主人公が決定【決勝1次・2次】
#12:賞金1億ウォンとNo.1の称号を手にする主人公が決定【決勝1次・2次】