「リングに近い怪奇現象」触れてはいけない手紙に触れた兄と妹に起きた恐ろしい出来事とは
最恐怪談を聞く »

 『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)にて、紹介された怪談に松原タニシがJホラーの金字塔である『リング』のようだと太鼓判を押した。

【実際の映像】兄の子供に起きた怪奇現象(57分頃~)

 この日は「この怪談一本でのし上がるぜSP」と題して、怪談でのし上がりたいお笑い芸人として、ツートライブのたかのり、橋山メイデン、ガクヅケの木田、スモーキードライの高野智和が登場。審査員として、一流怪談師の松原タニシと‎田中俊行が出演した。

「リングに近い怪奇現象」触れてはいけない手紙に触れた兄と妹に起きた恐ろしい出来事とは

 注目を集めたのは、高野による「その手紙には触れてはいけない」という怪談。現在、相方と後輩の俳優と共に『スモドラオカルトベース』という心霊スポットを巡ったり、怪談を話したりするオカルト系YouTubeチャンネルを運営しているという高野。あるとき、以前から知り合いだった女性から「心霊スポットとかたくさん行ってると思うけど、ああいう場所に落ちているものとかを拾わないでね、触らないでね」という注意のLINEが届いたそうだ。高野が、理由を女性に尋ねると、女性の恐ろしい経験が明らかになった。

 九州出身で現在は東京で働いているという女性。ある日、仕事が落ち着いて九州に帰った際、両親と兄家族と共に旅行に行くことになったという。その旅の中で、両親が「とある大仏に行きたい」と希望しそこに向かうことに。

 その大仏は中に入れる大仏で、1番上の階にはキレイな祭壇があったそうだ。その祭壇の前には1枚の封筒が置いてあり、何故か女性はその封筒が猛烈に気になりだしたという。ふと、手を伸ばして封筒を見て見ると宛先の部分に「あなたへ」と書かれていた。その後、両親から「そんなものを触っちゃだめよ」と注意され、女性は封筒を元に戻した。

「リングに近い怪奇現象」触れてはいけない手紙に触れた兄と妹に起きた恐ろしい出来事とは

 旅行から帰宅し、実家の自身の部屋で寝ていると、女性は不思議な夢を見た。知らない小さな女の子が無表情でこちらを見つめている。誰だろうと夢の中で思っていると、急にその子がバッと手を出してきて、女性の首を絞めてきたという。「殺される!」と思った瞬間、女性は目が覚めた。しかし、起きてもまだ苦しい。なんと、彼女は自分で自分の首を絞めていたそうだ。

 朝、両親に夢のことを話すと、お母さんは一本の電話を掛け、自宅にお坊さんがやってきた。女性はお坊さんからお祓いをされ「もう大丈夫だからね」と言われたそうだ。いったい、何が起きたのか、お坊さんも両親も、何も答えてくれなかったという。

 女性が東京に戻ると兄から電話がかかって来た。なんと兄から「俺も全く同じ夢を見て、自分の首を絞めて起きたんだよ。それを親にしたら、家にお坊さんが来てお祓いをされた」と明かされたという。2人は、あの祭壇に置いてあった手紙を触ってしまったことが原因なのではないかと話し合ったという。

「リングに近い怪奇現象」触れてはいけない手紙に触れた兄と妹に起きた恐ろしい出来事とは

 さらに、おかしな現象は兄の子供にも起きていた。その後、兄から動画が送られてきた動画には、子供の不思議な行動が映し出されていた。

 その動画はスタジオで公開され、松原は「リングに近い怪奇現象ですよね。伝染していく、感染していくというのが。この子供の動画も意味があるんだろうなと」と分析した。番組では、怪談話のほかにも、心霊写真史上一番怖いとされる写真も公開している。

ノストラダムスの予言は今も続いていた!? 2022年“闇の3日間”の内容にスピワ井戸田「メチャクチャ怖い!」
スピードワゴンの月曜The NIGHT
スピードワゴンの月曜The NIGHT
#282:史上最恐心霊写真を公開/怪談のし上がりSP
チャンスの時間
チャンスの時間
#147:ダイアン・津田、怪談をやわらげる渾身の"ガヤ"炸裂!