女優の広田レオナが15日に自身のアメブロを更新。新型コロナウイルス感染による自宅療養期間が終了したことを報告した。

【動画】広田レオナ、コロナ感染で感じた事“2年半経ってもアナログすぎ”

 この日、広田は「自宅療養終えて、さぁ、動かなきゃ」と自宅療養期間が終了したことを報告するも「痰のつまり、頭クラッ、身体痛っ、身体重っ」と体調について説明。「なんといっても、やはり、ちょっと動けば呼吸と心拍数」とパルスオキシメーターの写真を公開した。

 続けて「呼吸も辛いが心臓の負担もね」「肺ガン術後3ヶ月くらいに戻った感じ」と述べ「こりゃ、リハビリに時間がかかりそう…」とコメント。一方で「私は映画の撮影中でして…」と明かし「明日はご先祖様にお線香あげて廣田家パワーをお借りして頑張るぞぉ~」と意気込みをつづった。

コロナ禍で医療機関も盲導犬の“同伴拒否”… 視覚障害者の社会的な障壁をなくすには 専門家「一人の患者として接して」
広田レオナ コロナ感染で感じた事“2年半経ってもアナログすぎ”
広田レオナ コロナ感染で感じた事“2年半経ってもアナログすぎ”
広田レオナ『ご先祖総動員で頑張る所存!』
広田レオナ『ご先祖総動員で頑張る所存!』
広田レオナオフィシャルブログ Powered by Ameba
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと
Ameba News [アメーバニュース]