不審者接触のHIKAKIN、メンタル面は安定も「正直、忘れることはできないかも」
番組をみる »

 人気YouTuberのHIKAKIN(33)が16日、自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を行い、14日に東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた「オールスター大運動会」で、不審者から接触されたハプニングについて説明した。

【映像】HIKAKIN、不審者接触事件を説明

 「オールスター大運動会」は動画配信サイトで人気を集めるクリエイターやストリーマーなどが、様々なゲームを運動会さながら競い合うオフラインイベントで、HIKAKINはこのイベントに見届け人として参加していた。

 そのイベント第2部の司会席で観戦していたHIKAKINの元に、傘をさした男が近づき、HIKAKINに抱きついたり、マイクを奪い取るというハプニングが発生していた。

 16日に行ったライブ配信でHIKAKINは「どうも、元気なHIKAKINです。お騒がせしました」とあいさつし、「まず、無事でした。何も擦り傷ひとつ無いので、大きい怪我とか痛くなったとかは無い」と現在の様子を説明。

 精神面についても「メンタルの方も大丈夫です。正直、忘れることはできないかもな、一生、目に焼きついたなって感じではあるんですけれど、今日も動画を撮って普通に、いつも通り仕事ができています」と明かした。

 続けて「僕ももちろんゾッとしましたけれど、これをきっかけに今後もし、物騒な事件とかがどこかで起きてしまわないように、より皆さんが気を付けるきっかけになって、被害者が減ったらいいなと思います」と再発防止を呼びかけた。

 イベントを共同開催したUUUMは15日、公式サイトで運営委託先のディスクガレージと共にコメントを発表。不審者が侵入した経緯について、UUUMは「パスチェックゲート以外の箇所を突破した事実が判明しており、この点については、ディスクガレージ社における体制が十分ではなかったとのコメントをいただいております」としており、ディスクガレージは「この度のような想定外のケースに関しましては、各会場の構造や導線を再確認し、再発の防止に努めてまいります。」とコメントしている。(『ABEMA NEWS』より)

坂口杏里さん、格闘家の夫と約2ヶ月でスピード離婚 ネットでは「人生波乱万丈すぎる」の声
ヒカキン「忘れることはできないかも」不審者接触の心境告白
ヒカキン「忘れることはできないかも」不審者接触の心境告白
ヒカキンに不審者接触 事務所が謝罪&本人が報告
ヒカキンに不審者接触 事務所が謝罪&本人が報告