アニメ「進撃の巨人」The Final Season完結編(後編)場面カット、エレン、アルミン
TVシリーズ全話配信中
この記事の写真をみる(2枚)

 アニメ「進撃の巨人(しんげきのきょじん)」は、2013年4月から放送が開始された長期アニメシリーズです。ついに物語が終わりを迎えた「The Final Season 完結編」の前編が2023年3月3日に、後編は2023年11月4日に放送されました。約10年にわたる放送の中で判明した、物語の根幹につながる数々の伏線が話題になっています。

完結編(後編)#91~#94
完結編(後編)#91~#94

 そこでこの記事では、「進撃の巨人」の伏線をまとめました。「ファイナルシーズン完結編」後編とともに、アニメ第1話から張られた鳥肌ものの伏線や、作品のタイトルに込められた伏線などを、ぜひ確認してみてください。

目次

  • アニメ「進撃の巨人」とは
  • 意味が分かると鳥肌が立つ!? 第1話の伏線を考察
  • アニメ「進撃の巨人」第1話以降で回収された伏線まとめ
  • アニメ「進撃の巨人」完結編(後編)で回収された伏線
  • まとめ

アニメ「進撃の巨人」とは

アニメ「進撃の巨人」 The Final Season 完結編(前編) 番組サムネイル
拡大する

 アニメ「進撃の巨人」は、2009年9月~2021年4月まで「別冊少年マガジン」(講談社)で連載していた、諫山創氏の漫画「進撃の巨人」を原作とする人気作品です。電子書籍も含めた、コミックスの世界累計発行部数は1.4億部を突破しています。

 舞台となるのは、人間を捕食する“巨人”が存在する世界。その巨人たちに突如として自分が住む街を襲われた主人公のエレン・イェーガーは、母親が巨人に食べられる瞬間を目の当たりにしたことで、憎き巨人を一匹残らず駆逐することを決意します。

 その後、成長したエレンは、幼馴染のアルミン・アルレルト、ミカサ・アッカーマンとともに巨人に対抗する組織・“調査兵団”へ入団します。そして「心臓を捧げよ」という兵団の誓いのもと、仲間たちと命をかけて巨人討伐に挑んでいきます。

 アニメは2003年4月にSeason1(シーズン1)の放送が始まり、Season2(シーズン2)、Season3(シーズン3)を経て、シーズン4にあたるThe Final Season(ファイナルシーズン)の完結編が2023年11月4日に放送されました。

第1話「二千年後の君へ」
第1話「二千年後の君へ」

意味が分かると鳥肌が立つ!? 第1話の伏線を考察

 ここからはアニメ内で回収された伏線を考察を交えて紹介します。

 まずは、物語の冒頭である第1話の段階から、すでに張られていた伏線についてです。なかには約10年越しにファイナルシーズンパートで回収された、鳥肌ものの伏線もあるので、ぜひアニメでチェックしてみてください。

第1話の伏線:タイトル「二千年後の君へ」

 第1話には「二千年後の君へ」という、物語の内容に沿っていない謎のタイトルがつけられていました。このタイトルの意味は、第80話「二千年前の君から」で明らかになります。

 第80話「二千年前の君から」にて、エレンは巨人の始祖であるユミルと接触します。肉体の死後も王の奴隷として縛られているユミルを抱きしめて「オレをここまで導いたのはお前なのか? 待っていたんだろ ずっと 二千年前から誰かを」と訴え、始祖ユミルの心の呪縛を取り除きました。

 謎をはらんでいた第1話「二千年後の君へ」のタイトルは、第80話「二千年前の君から」と対になっている名称でした。これは、それぞれが二千年の時を超えてユミルからエレンへ、エレンからユミルへ向けられた言葉になっていると考察できます。

 第1話のタイトルから、すでに壮大な物語の伏線が張られていたことに対して、SNSでは「人生で一番鳥肌が立った伏線回収」「諫山先生ホントに凄い」と話題になっています。

第1話の伏線が回収された、第80話「二千年前の君から」
第1話の伏線が回収された、第80話「二千年前の君から」

第1話の伏線:エレンの母・カルラを捕食した巨人の正体

 エレンの母であるカルラ・イェーガーを、エレンの目の前で捕食した巨人。その正体が、カルラの夫であるグリシャ・イェーガーの前妻、ダイナ・フリッツであることが、第57話「あの日」にて明らかになりました。

 ダイナはマーレ政府によって“楽園”と呼ばれる処刑施設に送られ、強制的に巨人化させられました。ダイナは巨人の脊髄液が入った注射を打たれる直前に、「どんな姿になっても…あなたを探し出すから」と発言しています。ダイナのこのセリフも、カルラを捕食する伏線だったのではと考えられます。

巨人の正体が判明した、第57話「あの日」
巨人の正体が判明した、第57話「あの日」

第1話の伏線:グリシャの目線

 第1話で、グリシャが幼いエレンに「帰ったら…ずっと秘密にしていた地下室を…見せてやろう」と言って鍵を見せる場面があります。アニメでは鍵を持つグリシャの手元だけが映っていました。当然、グリシャは幼いエレンに向けて話しかけているのだろうと思われていましたが、第79話「未来の記憶」にて、実際は過去の時代をのぞいていた大人のエレンを見つめていたことが判明します。

 こちらもかなり先の物語を見据えた衝撃的な伏線となっていたことで、「壮大すぎる伏線回収に脱帽」と、SNSにて賞賛の声が上がっています。

第1話と見比べると…?第79話「未来の記憶」
第1話と見比べると…?第79話「未来の記憶」

アニメ「進撃の巨人」第1話以降で回収された伏線まとめ

 ここからは、第1話からファイナルシーズンパート2までに張られ、回収された伏線を紹介します。

世界の真の歴史

 物語中盤までは、壁外の人類は巨人によって滅ぼされ、残った人類は3つの壁に囲まれた国で生きていると思われていました。しかし、第56話「地下室」でグリシャの日記を発見し、壁外にも人類が存在することが発覚します。

 さらに、世界の真の歴史はこれまでの認識とは真逆で、過去にエルディア人が巨人の力を使って世界を支配していた歴史があり、その罪を受けてエルディア人の王みずからが民とともに壁の内側にこもっていたことが判明しました。始祖の巨人を受け継いだエルディア人の王は、エルディア人が壁外へ出ないよう、記憶を改竄して真の歴史を記憶から消し、壁内にこもりつづける生活を強いていたのです。

壁外の真実が明らかになった、第56話「地下室」
壁外の真実が明らかになった、第56話「地下室」

3つの壁の名前の由来

 エレンたちが生まれ育った国は、「ウォール・マリア」「ウォール・ローゼ」「ウォール・シーナ」と呼ばれる、巨人を阻む3つの壁に囲まれています。第80話「二千年前の君から」で描かれた始祖ユミルの過去の回想にて、始祖ユミルの産んだ3人の娘の名前が、この3つの壁の名前と同じであることが判明します。

 ユミルの死後、娘たちに巨人の力を継承させるため、王はユミルの遺体を全て娘たちに食べさせました。以後、ユミルの子供からさらにその子供たちへと、巨人の力が継承されていきます。エレンたちの時代では巨人は人類を脅かす存在でしたが、ユミルとその娘たちの時代においては、巨人は国を守護する存在でした。そうした経緯から、3人の娘たちの名前が国の守護となる壁の名前の由来となったのではないかと考えられます。

マリア・ローゼ・シーナの由来とは…第80話「二千年前の君から」
マリア・ローゼ・シーナの由来とは…第80話「二千年前の君から」

エレン・クルーガーのセリフ

 第58話「進撃の巨人」にて、グリシャを楽園送りから救ったエレン・クルーガーが、「ミカサやアルミン、みんなを救いたいなら使命を全うしろ」と、知るはずのない未来の人間の名前を口にするシーンがありました。その後、クルーガー自身も「わからない。誰の記憶だろう?」と、自分の発言に戸惑っている様子を見せました。

 この時点ではクルーガーがなぜそんな発言をしたのかは不明でしたが、第79話「未来の記憶」で、進撃の巨人の継承者には「過去と未来の継承者の記憶を覗き見、干渉する能力」があることが判明します。これにより、未来のエレンからの干渉によって、クルーガーからこの発言が出たのだろうと推察できます。

エレンの能力が明らかに!第79話「未来の記憶」
エレンの能力が明らかに!第79話「未来の記憶」

「進撃の巨人」という作品のタイトル

 第58話「進撃の巨人」にて、特別な能力と知性を持つ「九つの巨人」のひとつに、“進撃の巨人”があると判明します。クルーガーは“進撃の巨人”について、「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。自由のために戦った。名は――。進撃の巨人」と説明しています。

 巨人をテーマにした作品だから“進撃の巨人”というタイトルだと思っていた視聴者も多く、Twitterでも「タイトルにまで伏線ぶっ込んでくるのか!」「タイトル回収かっこいい漫画は最高だな」と、感嘆の声が相次ぎました。

作品タイトルすら伏線だった…第58話「進撃の巨人」
作品タイトルすら伏線だった…第58話「進撃の巨人」

アニメ「進撃の巨人」完結編(後編)で回収された伏線

 ここからは、ファイナルシーズン完結編(後編)で回収された伏線を2つ紹介します。

The Final Season #91〜94 完結編(後編)
The Final Season #91〜94 完結編(後編)

最終回で回収された伏線1:ミカサの頭痛

 エレンが女型の巨人に連れ去られた場面や、アルミンが超大型巨人との戦闘で瀕死状態になった場面などで、ミカサが頭痛を訴えるシーンが何度かありました。たびたび頭痛に襲われている人物はミカサ以外にいないので、SNS上でもミカサの頭痛には「何か意味があるのか」と考察されていました。

 ミカサの頭痛の原因について、最終話・第94話でその答えと思われるシーンが描かれました。巨人との戦いが終結し、ミカサがエレンの首を抱えて去るときに、目の前に始祖ユミルが現れます。そして、ミカサが始祖ユミルに向かって「あなただったのね。ずっと私の頭の中を覗いていたのは」と発言しました。このことから、ミカサの頭痛は始祖ユミルがミカサの頭の中を覗いていたためと思われます。

 なぜ始祖ユミルがミカサに興味を示したのか、作中では明確な説明はありませんでしたが、いくつかヒントになりそうな描写がありました。1つは、第93話でミカサがエレンの首を抱えてキスをしたときの様子を、始祖ユミルが見つめていたこと。もう1つは、第94話での始祖ユミルに対する「あなたの愛は長い悪夢だったと思う」というミカサの発言です。どちらも愛に関わることのため、始祖ユミルは、エレンを愛するミカサの選択に興味があったのではないかと推察されます。

ユミルの表情に注目 第93話「長い夢」
ユミルの表情に注目 第93話「長い夢」
長い悪夢の結末 第94話「あの丘の木に向かって」
長い悪夢の結末 第94話「あの丘の木に向かって」

  頭痛が起こるタイミングを考えると、エレンの母がダイナの巨人に捕食されたとき、エレンが女型の巨人に食べられたのを見たとき、ライナーとベルトルトにエレンを奪われたと聞いたときなど、エレンに関することやエレンに危機が迫ったときに頭痛が起こることが多くありました。

 ほかにも第70話「偽り者」でルイーゼの敬礼を見たときや、第55話「白夜」でミカサが瀕死のアルミンを見たときにも頭痛が起きています。しかし、基本的に始祖ユミルがミカサの頭の中を覗きたいタイミングは、ミカサのエレンへの愛が強く表れるときだったのではないかと思われます。

命をめぐる修羅場 第55話「白夜」
命をめぐる修羅場 第55話「白夜」
マフラーを回収 第70話「偽り者」
マフラーを回収 第70話「偽り者」

最終回で回収された伏線2:ダイナの巨人がベルトルトを無視してカルラを狙った理由

 第62話「希望の扉」で描かれた過去の回想では、ダイナの巨人がカルラのもとへ向かう前に、超大型巨人から人に戻ったベルトルト・フーバーをスルーしていた様子が描かれていました。これには、襲われると思っていたベルトルトも困惑の表情を見せています。

なぜベルトルトをスルーした?第62話「希望の扉」
なぜベルトルトをスルーした?第62話「希望の扉」

 最終話・第94話の冒頭にて、ダイナの巨人がベルトルトを襲わなかった理由をエレン自身が語っています。地鳴らしを含むエレンのすべての行動の理由は、「ミカサがもたらした結果」に行きつくためでした。ダイナの巨人がエレンの故郷を襲ったとき、目的の遂行を考えるとベルトルトはまだ死ぬべきではなかったため、エレン自身が代わりにダイナの巨人を母・カルラのもとへ向かわせたと告白しました。

 エレンが巨人を駆逐する理由となったカルラの犠牲が、奇しくもエレン自身の判断で起きていたという衝撃的な事実が明らかになりました。

ベルトルトを生かした理由が…第94話
ベルトルトを生かした理由が…第94話

まとめ

 アニメ「進撃の巨人」には、第1話から物語の核心を突く伏線が張られています。なかには作品のタイトルやグリシャの視線のように、回収されるまで伏線と気づかないものもあり、多くの視聴者から驚きの声が上がりました。

 2023年秋に放送されたファイナルシーズン完結編(後編)とともに、もう一度伏線を確認しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

アニメ「進撃の巨人」The Final Season完結編にあたるエピソード(動画リンクつき)

完結編(前編)
88 地鳴らし
89 自由の翼
90 絶望の淵にて
完結編(後編)
91 天と地の戦い
92 心臓を捧げよ
93 長い夢
94 あの丘の木に向かって
進撃の巨人 1期〜The Final Season
進撃の巨人 1期〜The Final Season
劇場版「進撃の巨人」~クロニクル~
劇場版「進撃の巨人」~クロニクル~
劇場版「進撃の巨人」Season 1 前編~紅蓮の弓矢~
劇場版「進撃の巨人」Season 1 前編~紅蓮の弓矢~
劇場版「進撃の巨人」Season 1 後編~自由の翼~
劇場版「進撃の巨人」Season 1 後編~自由の翼~
劇場版「進撃の巨人」Season 2〜覚醒の咆哮〜
劇場版「進撃の巨人」Season 2〜覚醒の咆哮〜

『進撃の巨人』まとめ・最新情報一覧

「進撃の巨人」伏線回収・未回収まとめ!1話に隠された鳥肌ものの伏線とは
「進撃の巨人」伏線回収・未回収まとめ!1話に隠された鳥肌ものの伏線とは
ABEMA TIMES
地ならしとは?なぜエレンが地鳴らしを実行した?
地ならしとは?なぜエレンが地鳴らしを実行した?
ABEMA TIMES
「進撃の巨人」最終回は完結編後編、配信も開始
「進撃の巨人」最終回は完結編後編、配信も開始
ABEMA TIMES

「進撃の巨人」原作漫画

進撃の巨人 | 無料・試し読み・全巻読むならAmebaマンガ
進撃の巨人 | 無料・試し読み・全巻読むならAmebaマンガ
Amebaマンガ

 

TVアニメ『進撃の巨人』公式サイト

この記事の写真をみる(2枚)