元B.A.Pのユ・ヨンジェとwoo!ah!・ナナのコンビに反響「ダラちゃんとユソンの恋模様だけが癒し」「このコンビ好きすぎる」『MIMICUS』7&8話
番組をみる »

 芸術高校を舞台に、親の代からの因縁で結ばれた男子生徒たちの葛藤を描く最新韓国ドラマ『MIMICUS(ミミクス)』。ABEMAで配信中の7&8話では、友人たちから支えられながらトラウマに向かい合おうとする主人公ユソンと、芸能事務所代表である母親の思惑の中で爆発寸前のスビンの姿を対照的に見せた。

【動画】『MIMICUS』第1話

 わざと同じ格好でやってきて自分を陥れようとしたスビン(キム・ユヌ)に怒りをあらわにするユソン(ユ・ヨンジェ)。しかし、彼に対してスビンは「そんなことで傷ついたの? 偽物は僕なのに?」と言い返す。スビンの母であるJJエンタ代表ミヨン(イ・ユンジ)は、酒を飲むといつも、スビンのことを「ユソン」と呼んでいたのだった。一方、ユソンのことを心配したダラ(ナナ)は、ヒョヌ(キム・ミョンチャン)と共に彼を水族館に誘う。

元B.A.Pのユ・ヨンジェとwoo!ah!・ナナのコンビに反響「ダラちゃんとユソンの恋模様だけが癒し」「このコンビ好きすぎる」『MIMICUS』7&8話

 水族館が苦手だというユソンに「私が怖くなくしてあげる!」と明るく話しかけるダラ。彼女の努力によって楽しい時間を過ごすことができたユソンとダラの距離は一気に近づく。その後、ユソンはダラと生花店に出かけ、その日が自分と母親を捨てた父親の命日であることを明かす。ユソンの複雑な気持ちを感じたダラは、思わず彼を抱きしめる。異母兄弟であるスビンとの関係に翻弄されてきたユソンに、ポジティブなエネルギーを注いでくれる存在となってきたダラ。そんな2人の姿にはSNS上でも「ユソンとダラのコンビ好きすぎる。もっとほしい!!」「ダラちゃんとユソンの恋模様だけが癒し」とのコメントが相次いでいる。

元B.A.Pのユ・ヨンジェとwoo!ah!・ナナのコンビに反響「ダラちゃんとユソンの恋模様だけが癒し」「このコンビ好きすぎる」『MIMICUS』7&8話

 一方、スビンは自分のことを心配してくれる先輩ロシに、ユソンとの関係を告白。母の愛情を得ることができないスビンの苦悩が伝わってくるシーンとなった。そんな彼に対してロシは、ガールズグループのセンターとして活動をしているものの、自分より年上のメンバーたちから仲間外れにされているとスビンに語り、「全部やめたくなる」との本音をもらす。アイドルたちが華やかに見える世界の裏側で傷ついている描写には「『ミミクス』みんな辛い…。代表(母)がいなくなればみんな幸せになるのでは…。でもオ・ロシはそれだと幸せになれないか…」「ロシ見てるとツライな…。大丈夫だよって抱きしめてあげたくなる」「(ロシ役の)ユリの演技がうますぎる。回を追うごとに上手くなってる。とてもlove」「『ミミクス』ハラハラ&イライラしながらついつい観ちゃう」との声も。

元B.A.Pのユ・ヨンジェとwoo!ah!・ナナのコンビに反響「ダラちゃんとユソンの恋模様だけが癒し」「このコンビ好きすぎる」『MIMICUS』7&8話

 大人たちの思惑に翻弄されながらも、自分たちの夢に向かって努力する若者たちは、今後どのような選択をしていくのか。ドキドキしながら見守りたい。


『MIMICUS(ミミクス)』は第3話までABEMAにて無料配信中。

(C) PLAYLIST. All rights reserved.

MIMICUS
MIMICUS
NCT・ドヨンの制服姿に「こんな高校生いたら惚れてしまう」の声、切ない恋愛模様にも反響