川島海荷が出演する舞台『きっとこれもリハーサル』が9月29日~10月13日の期間で東京・新国立劇場 小劇場にて上演。大阪公演は10月22日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて行われる。

【動画】川島海荷、中田圭祐とラブラブの結婚生活『私たち結婚しました3』

 『きっとこれもリハーサル』は、突然「喪主の練習をしたい」と言い始めた母と、その家族を描いたハートフル“お葬式”コメディ。川島は太田家の長女・泉美役を演じる。脚本は赤松新、潤色・演出を土田英生が担当する。ABEMA TIMESではリハーサル期間に突入する前の彼女を直撃し、舞台に臨む前の心境を聞いた。

どこかあたたかい気持ちになれる作品

――舞台のテーマが「お葬式のリハーサル」ということで、変わった題材の作品ですが、台本を読まれての感想を教えてください。

「お葬式」という設定だけ聞くと、ちょっと寂しげな印象を受けると思うんですけど、脚本自体はテンポも良く、コメディタッチで笑える部分があります。ジーンと心に響く場面もあるし、自分の家族と置き換えながら観ることもできると思います。個人的にも心に刺さるようなお話でした。 家族の関係性も結構リアルに描かれています。非日常の世界ではなく、観てくださる皆さんにも何か気づきがある作品になるんじゃないかなって感じていますね。

――川島さんのほか、太田家の母・弘江役を石野真子さん、父・昭雄役を羽場裕一さん、弟・賢一役を鈴木福さん、母の友人の葬儀屋・斎藤美香子役をしゅはまはるみさんが務めます。

家族の会話が中心となり、物語は進んでいきます。基本的に出演者は5人なので、舞台には出ずっぱりになるんじゃないかな。家の中で会話劇が繰り広げられながら、生活感が見えるような作品になると思うので、そこは独特の緊張感がありますね。

でも、見終わった後、どこかあたたかい気持ちになれるというか。少なくとも私は台本を読み終えて、そういう思いになりましたし、観てくださる人にそういう気持ちを届けられるように、ここから頑張って自分の役目を果たしたいと思います。

――一方、会話劇ということで“膨大なセリフ量なのでは”と想像しました。役者の方にこんな質問をするのも恐縮ですけど、セリフ覚えに関して自信は?

ちょっとそこに関してはまだあまり考えずに、距離を取っている段階ですね(笑)。稽古期間に入ると、段々と自信がついてくるんですけど、演じる前は“こんなにセリフ覚えられるのかな”という不安はいつもあります。なので、セリフに関しては稽古が始まる1週間前くらいからしっかりと読み込んで、臨むようにしています。

――舞台に臨む上でどういったことを一番気をつけているのでしょうか?

まず“楽しまないとな”っていうのは一番にあります。というのも、1ヶ月くらい毎日稽古していく中で、ずっと張り詰めていると疲れてしまうし、リラックスする時間は絶対に必要なんです。オン・オフの切り替えは、結構大事にしていますね。時間と意識の使い方をしっかりするのが大事なのかなって。

――そうなると自然に生活のリズムも整っていく?

めちゃくちゃ健康的になりますね。いつもだったらスケジュールに合わせて仕事しているので、夜更かしする時もあれば、昼過ぎまで寝ちゃうこともあるけれど、舞台は日中に稽古して、夜ご飯を食べて、寝るみたいな毎日なので、生活のリズムが決まってくるんです。なので、舞台の期間は、清々しく体も軽くなるような感覚があります。

自分自身のステップとなる作品になるように

――川島さん演じる泉美は太田家の長女という設定ですが、親近感がわく部分は?

境遇と性格に親近感を覚える瞬間はありましたね。私には弟・妹がいますし、結構頑固。引かないところは引かない、勝ち気な部分があります。今はそんなことはないですけど、親に言えない隠し事をしていた時期もありましたし、そこも共感できました。そういう意味では元々自分にあるものを足していきながら、役作りをしていけたらと思います。

――すみません、川島さんの“親に言えない隠し事”の内容が気になってしまいました。

あはは(笑)。過去にですけど好きな人がいても、親には言えなかったですね。両親とは何でも話せる関係性でしたけど、特にお父さんには言えなかった。だから、お父さんは私のことすごいピュアだと思っているかもしれない(笑)。いや、もちろんピュアなんですけど。

――父親と娘の“関係性あるある”ではありますね(笑)。

そうですね(笑)。とにかく、ここから共演者の方々と良い関係性を築きながら、舞台本番まで作っていきたいと思っているので、自分自身も楽しみにしています。たくさんコミュニケーションを取りながら、充実した期間にしたいと思っていますし、観てくださる方々にも何かを持ち帰ってもらえるような作品にしていきたいです。

――世代・性別を問わず、多くの人に刺さる内容になりそうですね。

私も脚本を読んで心に染みましたし、それを自分がきちんと体現できたらと思います。キャスティングしてもらった期待を裏切ることなく、頑張りたいですね。それと私自身、新国立劇場 小劇場に立つのは初めてなんですけど、何度か観劇していて、大好きなステージなんです。そこに立てる喜びもありますし、自分自身のステップとなる作品になるように頑張っていけたら。

――『私たち結婚しました3』出演からいきなり「お葬式」をテーマにした舞台に登場と人生の節目をここ最近でいろいろと疑似体験することになりますね。

そうなんですよ。人生を一気に進めてしまっている変な感覚がありますね(笑)。ちょうど私の年齢だと周囲は結婚のピークなんです。やっぱりそういう式に参加すると、いろんな感情が生まれますし、友人の姿を見ているだけで涙も出てきます。お葬式にはこれまで祖父・祖母の式に出席したんですけど、小さい頃、遊んでくれたことを思い出しましたし、普段感じることのないことを考えさせられる機会でした。そんな風に舞台もたくさんの価値観に出会えると思いますし、なによりハートフルな内容なので、そこは期待して待っていてくださればと思います。


 川島海荷が出演する舞台「きっとこれもリハーサル」は東京公演は9月29日~10月13日まで新国立劇場・小劇場にて上演。大阪公演は10月22日COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて上演。チケット等は公式HPにて。
公式HP:https://koreriha.com/

 川島が出演した『私たち結婚しました 3』はABEMAにて全話配信中。

テキスト・インタビュー:中山洋平
撮影:藤木裕之

私たち結婚しました 3
私たち結婚しました 3
川島海荷&中田圭祐、別れを惜しみ何度もキス…「こんなに愛おしい気持ちに」