「割り込みに来た」ライバル男子2人が超険悪状態…バチバチすぎるグランピングに31歳モテ女子が困惑「どうしよう…」『HEART SIGNAL JAPAN』第6話
番組をみる »

 イケメン韓国人男性2人と女性1人の1泊2日の旅行に注目が集まっている。

【動画】一切口を利かない2人…険悪すぎる旅行(3分頃~)

 9月14日(水)夜10時よりオリジナル恋愛番組『HEART SIGNAL JAPAN』の#6が放送された。

『HEART SIGNAL JAPAN』とは

 この番組は、韓国人気No.1恋愛番組『HEART SIGNAL』を日本で初リメイクした、日韓共同制作の「ABEMA」オリジナル恋愛番組。韓国を舞台に9名の韓国人男性と日本人女性がシグナルハウスと呼ばれる家で、9日間のシェアハウスを行う。限られた期間の中で想いを届けることができるのは、意中の相手だけに送ることができる“ラブライン”と呼ばれる匿名のメッセージのみ。好きな人からの想い(=シグナル)に気付いて、恋をつかみ取るメンバーはいったい誰なのか、美男美女の恋模様を追いかけていく。また、撮影は全て韓国で行われており、リアルな韓国文化も楽しむことができる。スタジオMCを務めるのは、お笑いコンビEXITのりんたろー。、女優の葵わかな、ものまねタレントの丸山礼の3名。この日はゲストには弘中綾香アナが登場した。

 現在、登場しているメンバーは、ソウル市出身のフィットネストレーナー・ジュウォン(25歳)、ソウル市出身のモデル・ミンソプ(22歳)、ソウル市出身のモデルでブランドCEOのヒョンゴン(27歳)、『PRODUCE 101』出身でソウル市出身の作曲家で音楽プロデューサーのジヌ(28歳)、福岡県出身のブランドディレクター・ミズキ(26歳)。大阪出身のダンサーのミサト(23歳)、青森県出身のモデル・マオ(31歳)、北海道出身の大学生・ナナセ(22歳)の8名。

 男子が一緒に過ごしたい女子を選び、1泊2日の旅行デートが行われたこの日。

 キャンプデートのためにテントの下で待っていたのはマオ。最初に現れたのは、前回、「シミラールックデート」でマオとのデートを勝ち取り、距離を一気に縮めたミンソプだった。隣同士で座りながらバーベキューの準備を進めていると、そこに第一印象からマオに思いを寄せるヒョンゴンがやって来た。

「割り込みに来た」ライバル男子2人が超険悪状態…バチバチすぎるグランピングに31歳モテ女子が困惑「どうしよう…」『HEART SIGNAL JAPAN』第6話
「割り込みに来た」ライバル男子2人が超険悪状態…バチバチすぎるグランピングに31歳モテ女子が困惑「どうしよう…」『HEART SIGNAL JAPAN』第6話

 颯爽と風を切りながら登場したヒョンゴンに「待ってました~!」と大興奮するスタジオメンバー。ヒョンゴンは笑いながら「割り込みに来たよ」と一言。ミンソプもマオも気まずい気持を隠せない表情になり、マオは思わず「3人でデートなのかな?3人なの?」と苦笑いした。

https://abema.tv/video/episode/90-1697_s1_p6

 ヒョンゴンはマオの隣に座ると「いい感じだったのに、俺が来て困ってない?」と尋ねた。マオは「そんなことないよ」と述べ、いったん2人のそばを離れてしまった。2人きりになったミンソプとヒョンゴンは全く言葉を交わさず、スタジオメンバーは「気まずい、気まずい」とコメントしている。

「割り込みに来た」ライバル男子2人が超険悪状態…バチバチすぎるグランピングに31歳モテ女子が困惑「どうしよう…」『HEART SIGNAL JAPAN』第6話

 マオが戻ってくるとヒョンゴンは「アイス2つ買って来たよ。マオと食べようと思って。マオはアイス好きじゃん」とアイスを取り出したが、りんたろー。は「あ~~~!1個足りない」と叫び、丸山も「ねえ~、ミンソプの分は~?」と述べている。さらにヒョンゴンは「コーヒーも2つしか持ってきてない」とのことで、どんどん空気は重くなるばかり。

 ミンソプとヒョンゴンは、2人で肉を焼きながらも、いっさい言葉を交わさず、葵は「この2人は全く喋らないんだ…」とコメント。丸山も「ねえ、もうちょっと仲良くしてもいいのになあ」と困った表情を浮かべている。

「割り込みに来た」ライバル男子2人が超険悪状態…バチバチすぎるグランピングに31歳モテ女子が困惑「どうしよう…」『HEART SIGNAL JAPAN』第6話

 その後、3人は乾杯してバーベキューをスタート。サンチュに肉を巻いてマオに渡してあげるヒョンゴン。それに負けじと、ミンソプは「赤いマオ。赤いマオがまた現れるかな」と、2人きりのデート中にお酒を飲んで赤くなったマオの話題を持ち出した。マオは、2人をキョロキョロと見ながら「なんで3人でデートなんだろう」と再び苦笑い。ミンソプは「ヒョンゴンとかぶると思ってた。来ると思ってたけど、勇気を出してきたんだよ。真剣にマオを思ってなければほかの人を選んでいた。気まずくなることも分かっててマオのところに来たんだ。それくらい想ってるから。いくらでも想いを言葉にできるよ」と猛アピールした。

「割り込みに来た」ライバル男子2人が超険悪状態…バチバチすぎるグランピングに31歳モテ女子が困惑「どうしよう…」『HEART SIGNAL JAPAN』第6話
「割り込みに来た」ライバル男子2人が超険悪状態…バチバチすぎるグランピングに31歳モテ女子が困惑「どうしよう…」『HEART SIGNAL JAPAN』第6話

 後のインタビューで、マオは「混乱めっちゃして。どうしよう…」と困り果てている。

「割り込みに来た」ライバル男子2人が超険悪状態…バチバチすぎるグランピングに31歳モテ女子が困惑「どうしよう…」『HEART SIGNAL JAPAN』第6話

 次回、ヒョンゴンとミンソプが、マオのハートを射止めるためにますますヒートアップ! ジヌに思いを寄せるミサトは、ジヌとミズキとの旅行について勇気をだして直球質問?!次回『HEART SIGNAL JAPAN』#7は9月21日に放送される。

#6:「まだここにいたい」2人きり、初めての夜
#6:「まだここにいたい」2人きり、初めての夜
HEART SIGNAL JAPAN
HEART SIGNAL JAPAN
本田仁美、IZ*ONE時代にも行った韓国での思い出の場所は?