プーチン大統領が脱走者などに「最長10年の懲役可能」の改正案を承認
プーチン大統領が「最長10年の懲役可能」を承認 »

 ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、プーチン大統領は動員や戦時中に脱走する者に対して最長10年の懲役が可能になる刑法の改正案を承認した。

【映像】プーチン大統領が「最長10年の懲役可能」を承認

 プーチン大統領は24日、動員や戦時中の命令違反や脱走行為に対して厳罰を科すことを規定した刑法の改正案を承認した。今回の改正で新たに「動員」の文言が導入されたほか、「自発的な降伏」の項目も設けられ、3年から10年の懲役が可能になる。

 さらに、動員や戦時中の脱走に対しても最長10年の懲役が科せられる。ウクライナや欧米のメディアは前線のロシア兵の逃亡が相次いでいると報じていて、厳罰化で引き締めを図る狙いがあるとみられている。(ANNニュース)

【映像】プーチン大統領が「最長10年の懲役可能」を承認
【映像】プーチン大統領が「最長10年の懲役可能」を承認
【映像】招集令状を受け取ったとみられる男性たち
【映像】招集令状を受け取ったとみられる男性たち
【映像】抗議デモで拘束されていく市民
【映像】抗議デモで拘束されていく市民
検索ワード「腕を折る方法」が急上昇…ロシアで召集回避の動き