アニメ「キングダム」4期第25話、信とエイ政の会話が激アツ!政の命令に「シビれる」の声
「キングダム」全シリーズ配信中 »

 アニメ「キングダム」第4シリーズ第25話での、秦国の未来について語り合う信(CV:森田成一)とエイ政(CV:福山潤)の会話が「熱い」と反響を呼んでいる。

【配信】「キングダム」第25話

 同アニメは、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の原泰久氏による大ヒット漫画「キングダム」を原作としたアニメ第4期。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信と、後の始皇帝となる若き王・エイ政の活躍を描いた中華戦国大河ロマンだ。

 前回放送された第24話では、ついに“咸陽の乱”が決着を迎えた。太后(CV:坪井木の実)は「ロウアイを処刑するなら、その前にこの太后を刑に処せ!」とロウアイの尋問に乱入。しかし、ロウアイとの間に生まれた子どもが殺されることを察すると、「どうか2人の子の命だけは助けてくれ」とエイ政に頭を下げて懇願した。これに視聴者からは「太后様が頭下げるとは思わなかった!」「ここに来て母の愛を見せるとは…」「涙出てきたわ…」といったコメントが上がっていた。

 9月24日より順次放送中の第25話「雄飛の刻」では、戦いを終えた信とエイ政が再会を果たした。エイ政は「ここから15年で6つの国全てを滅ぼし、中華を統一する。昌平君も俺も本気でやるつもりだ」と信に告白。「それは無茶だ」と慌てる信に対して、「ゆくゆくは秦の六大将軍が復活する。信、お前はそこに割って入り、必ず六将の一席を掴み取れ!」と命じた。

 エイ政と信の会話に、Twitter上では「『六将の一人になれ』って言うのは熱いな」「信と政が並んでてホッとする」「政直々の命令はシビれる!」「鳥肌立ったわっ!」「頑張れ信!!」といった反響が続々と寄せられていた。

第25話「雄飛の刻」
【あらすじ】

反乱に関係した者たちがそれぞれの罪による処分を受ける中、最も反乱に深くかかわったとされる呂不韋に関しては、これまで国の中枢にいたことから精査すべきことも多くいまだに裁くことができずにいた。そんな中、信はエイ政から中華統一に向けた今後の構想について聞くことになる。一見、無謀とも思える計画に驚きを隠せない信だが、本格的な中華統一のため、「“六大将軍”を復活させる」とのエイ政の言葉に奮い立つ。

※エイ政の「エイ」は環境依存文字
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
アニメ「キングダム」4期24話、“咸陽の乱”が終結!頭を下げる太后に視聴者「涙出てきた」
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第4シリーズ
キングダム 第4シリーズ

『キングダム』まとめ・最新情報一覧

桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
ABEMA TIMES

アニメ「キングダム」公式サイト