尾上松也も興奮!KEN THE 390がヒプステ『Guess Who’s Back』を生パフォーマンス!『オレイス2』#4
番組をみる »

 2.5次元界のスターを発掘するオーディションの一環として、ラップ審査が行われ、日本を代表するラッパー・KEN THE 390が講師を担当。審査前にはKEN THE 390がパフォーマンスを披露し、候補生たちやスタジオメンバーを魅了した。

【映像】KEN THE 390、ヒプステ『Guess Who’s Back』生パフォーマンス

 サバイバルオーディション番組『主役の椅子はオレの椅子 シーズン2』#4が、10月20日(木)夜11時から放送された。

『主役の椅子はオレの椅子 シーズン2』とは

 『主役の椅子はオレの椅子 シーズン2』は、2.5次元界のスターとなる新たなエンタメ舞台の主役5人を選ぶ、サバイバルオーディション番組。オーディションは、2.5次元ミュージカルを数多く手掛けるネルケプランニングを中心に、講談社、キングレコード、ABEMAの4社によって開催され、演出家の植木豪が総合プロデューサーを務める。

 オーディションを勝ち抜いた5人の若手俳優は、新たな2.5次元俳優ユニットとして活動。選ばれた5人をオリジナルキャラクターとする、舞台、コミックス、音楽、映像など、メディアミックス作品として世に送り出される。審査の種目はダンス、ラップ、アクロバット、歌唱、芝居など多岐にわたり、各種目の特別講師が課題を与えて審査を行い、毎回トップ5を発表。種目別審査の結果が加味され、最終審査に合格した5人が主役の座を手にする。

 本番組のオーディションに参加するのは、赤羽流河、今井俊斗、打越漣、小椋涼介、小黒直樹、熊谷晟那、弦間哲心、佐藤たかみち、高橋聖那、千葉彗太、中原弘貴、秦 健豪、古田伊吹、Lil Noah、Rayshyの15人。スタジオでは、シーズン1に引き続き、歌舞伎俳優・尾上松也がMCを担当し、第4話は俳優の和田雅成をゲストに迎えた。

目をキラキラ輝かせ…クールなラップに魅了される候補生が続出

 音楽原作キャラクターラッププロジェクト“ヒプノシスマイク”を舞台化した『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stageをはじめ、近年、ラップを使用した舞台が注目を集めている。そこで今回は、候補生たちがラップで熱い戦いを展開。本オーディションの総合プロデューサーであり、舞台『ヒプノシスマイク』の演出を手がける植木豪に加え、ラッパーのKEN THE 390を講師として招き、ラップ審査が行われた。

尾上松也も興奮!KEN THE 390がヒプステ『Guess Who’s Back』を生パフォーマンス!『オレイス2』#4

 KEN THE 390は、ラッパーとしてのみならず、舞台『ヒプノシスマイク』や「進撃の巨人」-the Musical-といった舞台作品の音楽監督を務めているほか、音楽レーベル“DREAM BOY”を主宰するなど、幅広い活躍を見せている。そんなKEN THE 390がパフォーマンスを披露することになると、ある候補生は、目をキラキラと輝かせながら顔の前で手を擦り合わせ、期待に胸を膨らませた。スタジオゲストとして出演した和田雅成も「この時間が贅沢」とコメント。尾上松也も「観られるの?」とワクワクしていた。

尾上松也も興奮!KEN THE 390がヒプステ『Guess Who’s Back』を生パフォーマンス!『オレイス2』#4
尾上松也も興奮!KEN THE 390がヒプステ『Guess Who’s Back』を生パフォーマンス!『オレイス2』#4

 今回披露された曲は、KEN THE 390が作詞作曲を手がけた、舞台『ヒプノシスマイク』の「Guess Who’s Back」。思わず笑みをこぼす者、真剣な眼差しを向ける者、体を揺らしてリズムを刻む者…。候補生たちの反応はさまざまだったが、その誰もが目の前で繰り広げられるクールなパフォーマンスに、心を奪われている様子。スタジオからも「かっこいい…」と声が漏れた。

尾上松也も興奮!KEN THE 390がヒプステ『Guess Who’s Back』を生パフォーマンス!『オレイス2』#4

 その後はKEN THE 390から、審査内容の説明が行われた。審査で候補生たちが披露することになったのは、自作の歌詞のラップ。歌詞に盛り込む内容は、1番と2番で異なり、1番は自己紹介や現状の自分、過去の挫折。2番は、課題や挫折をどう乗り越えていくのかといった解決方法や、この先掴み取りたいものを歌詞にするよう、指示が与えられた。

尾上松也も興奮!KEN THE 390がヒプステ『Guess Who’s Back』を生パフォーマンス!『オレイス2』#4

 重要なのは、技術面よりも、今の気持ちをどれだけ正直に表現できるかということ。候補生の中には、ラッパーとしても活動するLil Noahや、所属するダンス&ボーカルグループでラップを担当する中原弘貴がいるが、未経験者であっても、彼らと互角に戦うチャンスは十分にある。果たしてトップ5に名を連ねたのは、どの候補生たちなのか…?

 次回はアクロバット審査。候補生の中で唯一、体操経験のある古田伊吹に、未経験者たちが挑む展開となる。一方、予告映像には「芸能を辞めようと思っていて」という、中原弘貴の衝撃発言も…。『主役の椅子はオレの椅子 シーズン2』#5は、10月27日(木)夜11時から放送される。
 

ラップ審査「主役の座 座るのはオレだ!」
ラップ審査「主役の座 座るのはオレだ!」
主役の椅子はオレの椅子 シーズン2
主役の椅子はオレの椅子 シーズン2
ダンス未経験の作曲家、わずか2時間でハイレベルダンスを披露し審査員を圧倒