冒険家・植村直己さんはなぜ途方もない挑戦を続けたのか? 本人の証言VTRでバイきんぐらが考察「命の危険よりも…」
番組をみる »

 『ナスD大冒険TV』では偉大なる冒険家・植村直己さんの超貴重映像を公開。その中で、植村さんがなぜ危険を冒してまで、冒険を続けるのか、考えを述べる場面があった。

【動画】ナスDも尊敬する冒険家の超貴重映像

 番組では「天空のヒマラヤ部族 超完全版〜よみがえる冒険家の物語 中編〜」と題した企画が放送。冒険家・植村さんに関する貴重な映像を、ナスDが会社の倉庫で発見したことで、公開に踏み切ったという。

 植村さんはナスDも尊敬する冒険家で、国民栄誉賞も受賞している。1970年に世界最高峰のエベレストに日本人として初登頂を果たした人物で、29歳で世界初の五大陸最高峰登頂者となり(※1970年当時)、1978年には北極圏1万2000kmを犬ぞり単独旅で横断するという途方もない挑戦を実施。しかし、1984年には冬季マッキンリーで消息不明となってしまった。

冒険家・植村直己さんはなぜ途方もない挑戦を続けたのか? 本人の証言VTRでバイきんぐらが考察「命の危険よりも…」

 植村さんは自身の活動について聞かれ以下のように話した。

 「はっきり言って、探検家のような気持ちでやっている事は考えたこともない。冒険家と聞かれたら、確かに危険を切り抜けてやっているから、冒険家と言えるかもしれない。でも危険を冒しているとは自分では思わないんです」

 「でも冒険心を無くしてはものは出来ないんですよね。やっぱりこう『何かをやりたい』という気持ちがあって人の心は動く。これに一番の幸せを感じた時には、やっぱり決行する。これも一つの冒険的な行為であって、それが冒険家と言えるのかどうかは知らないけれど、そんなのは他人が勝手に言えば良いだけの話。本人はマイペースでやれれば良いという気持ちを今では持っている」。

 単独行で北極点に到達した際には世界の視線を一身に浴びた。1979年2月にはバラー・イン・スポーツ賞(イギリス)を受賞。しかし植村さんが次に見据えていた南極行きを支援するアルゼンチンがイギリスとの紛争の為に、支援を打ち切りにするという事態も。植村さんの南極への夢は依然、夢のままだった…。

冒険家・植村直己さんはなぜ途方もない挑戦を続けたのか? 本人の証言VTRでバイきんぐらが考察「命の危険よりも…」

 1984年の42歳の時には、冬期のマッキンリーに世界で初めて単独登頂に成功。下山中に消息不明となってしまったが、植村さんにとって冬期のマッキンリーに登ることは、南極への糸口になると考えていたようだ。

 VTRを見て、スタジオのバイきんぐ小峠英二は「単独登頂にこだわってるけど、単独は相当危険でしょう(※厳冬のマッキンリー単独登頂は当初許可が下りないほど危険な挑戦だった)。命の危険よりもまだ誰もやった事のないことに挑戦してみたいという思いが強いということでしょう」と話し、相方の西村瑞樹も「日本人にこんな方がいたっていうのは誇りですよね」と伝えていた。
ABEMA『ナスD大冒険TV』より)

【第102話】:偉大な登山家・植村直己 最後の挑戦!厳冬のマッキンリーに挑む
【第102話】:偉大な登山家・植村直己 最後の挑戦!厳冬のマッキンリーに挑む
【アベマ限定】ナスDプレゼンツ!アベマで!超過酷伝説。「モンゴル編6バイきんぐ西村と優しすぎる6人」
【アベマ限定】ナスDプレゼンツ!アベマで!超過酷伝説。「モンゴル編6バイきんぐ西村と優しすぎる6人」
バイきんぐ西村、台湾“激安水”の事実に衝撃 「助かった…命の恩人!」奇跡の救世主現る