【写真・画像】 1枚目
【映像】美女レスラー“3秒殺”の衝撃シーン

WWE】RAW(2月26日・日本時間27日/サンノゼ)

 MMA出身の“首絞め女王”が見せた戦慄の“秒殺”スリーパーに長身美女レスラーが悶絶タップ。衝撃の結末に「鬼」「なにこれこわい」「タップはやっ」とざわつくひと幕があった。

【映像】美女レスラー“3秒殺”の衝撃シーン

 無骨な格闘系女子コンビのシェイナ・ベイズラー&ゾーイ・スタークとビジュアルも人気なインディ・ハートウェル&キャンディス・レラエがタッグマッチで対戦。総合格闘技出身のシェイナのガチすぎるスリーパーにインディが悶絶…あっという間にタップアウトするシーンが波紋を呼んだ。

 ねちっこい腕攻めに苦しんだキャンディスのタッチを受けリングインしたインディは、クローズラインを連発してシェイナ&ゾーイをなぎ倒すと、ゾーイにスパインバスターを決め上々な滑り出し。かに見えたが、ゾーイがロープに飛んだ際にシェイナへのタッチが行われていた事を見逃す痛恨のミスを犯してしまう。

 その後、インディは試合権利のないゾーイをフォールしていると、シェイナに背後を取られ、ガッチリとスリーパーで締め上げられ大悶絶。締め上げてわずか3秒であっけなくタップアウトとなった。
 
 解説を務めた週刊プロレス・井上光記者も「さすがですねぇ」と唸るとおり、シェイナはジョシュ・バーネットの弟子で元MMAファイターという経歴を持つ強者。一瞬で締め上げるシェイナの技術に「鬼」「ジョシュの弟子さすが」の声と同時に無防備とはいえ全く抵抗なく諦めたインディに「タップはやっ」「高速タップ」「即タップは草」といった驚きの声も聞こえた。

 週末は故郷オーストラリアの大会「イリミネーション・チェンバー」で凱旋をはたし、女子タッグ王者のカイリ・セイン&アスカと好勝負を繰り広げたばかりのインディだったが、この日は全くいいところ無く敗戦。一方女子タッグ王座挑戦に向け意欲を見せるシェイナ&ゾーイは、ライバルタッグを“一捻り”してタイトル戦線に一気に名乗りをあげた。(ABEMA/WWE『RAW』)

【映像】美女レスラー“3秒殺”の衝撃シーン
【映像】美女レスラー“3秒殺”の衝撃シーン
「ほぼ裸やんけ」「私服かマジで…」トップ女子レスラー、会場入りの“大胆”衣装にファン驚愕…ツッコミも
「ほぼ裸やんけ」「私服かマジで…」トップ女子レスラー、会場入りの“大胆”衣装にファン驚愕…ツッコミも
「ピアスが…」「ちぎれた?」女子レスラーを襲った戦慄シーン 「なんか転がった」「ピアスが飛んだら痛い」ファンも放送席もドン引き
「ピアスが…」「ちぎれた?」女子レスラーを襲った戦慄シーン 「なんか転がった」「ピアスが飛んだら痛い」ファンも放送席もドン引き
「ピアスが…」「ちぎれた?」女子レスラーを襲った戦慄シーン 「なんか転がった」「ピアスが飛んだら痛い」

元MMAの首絞め女王、美女レスラーを“3秒殺”の衝撃決着 悶絶タップに「鬼」「なにこれこわい」騒然

WWE 配信情報はこちら