【写真・画像】 1枚目
【映像】実況として感動の再会を果たした中邑真輔の試合
この記事の写真をみる(2枚)

 昨年10月、SNSの総フォロワー数が世界で10億人を超えるアメリカが誇る世界最高峰のスポーツエンターテイメントであるWWEのメイン大会「RAW」と「SMACKDOWN」の放送が日本で開始された。さらに今年1月27日(日本時間28日)に行われた「ロイヤルランブル」以降は、放送席の容を一新。自他ともに認める“WWEウォッチャー”の清野茂樹アナウンサーらが加わった。そんな清野アナが、自らの実況回ごとにWWEの魅力や楽しみ方を振り返る連載コラム。第5回目のキーワードは「涙の別れと運命の再会」。清野アナが明かした人気プロレスラー・中邑真輔への8年ぶりの思い。

【映像】実況として感動の再会を果たした中邑真輔の試合

■「僕も試合で泣いたの、初めてですよ」渡米前、中邑真輔ととあるカフェで

 プロレス観戦歴43年の私が、試合を見て泣いたのはたった一度だけです。忘れもしない、2016年1月30日の後楽園ホール。中邑真輔の新日本プロレス最後の試合でした。

客席は「真輔」と書かれた赤いボードで埋め尽くされ、試合後、仲間のレスラーに囲まれた中邑も泣いていました。実はこの日の私は実況の担当ではなく、会場の最後列で立って見ていただけです。新たな挑戦をしようとする中邑真輔の旅立ちを遠巻きに見ているだけの自分。これまで過ごした日々を思い出すと、涙が溢れてきたのです。

私が新日本プロレスの実況の仕事に就いたのは、そこから遡ること10年前の2006年。今となっては信じられないと思いますが、団体の人気はどん底で、私が座る放送席周辺はいつも空席だらけ。かく言う私もフリーになって間もない頃で、仕事が軌道に乗っていませんでしたから、「なんとか中邑をスターにしたい!」という思いでマイクに向かっていました。

そして、中邑真輔は私にとっては大学の後輩でもあります。6歳離れているので在学中の接点はありませんが、常に気を遣ってくれていたように思います。大学時代はレスリング部と美術部に所属していた彼はサブカルも好きで、私が企画する数十人規模のトークイベントや深夜3時のラジオにも気軽に出演してくれました。「イヤァオ!」という叫び声とともにカリスマ性を手に入れてからも、その姿勢は変わりません。

さて、話を2016年に戻します。先に述べた壮行試合から約1か月後、中邑真輔のWWE入団が発表されました。現地でのメディカルチェックなどを終え、本格的な渡米を控える彼の自宅近くのカフェで待ち合わせたのも忘れられない思い出です。

「プロレスの試合を見て泣いたの、初めてですよ」
「僕も試合で泣いたの、初めてですよ」

コーヒーを飲みながらそんな会話を交わし、用意していた餞別を手渡して別れました。やがて、NXTに登場したシンスケ・ナカムラはサミ・ゼインを相手に鮮烈なデビューを飾り、その後の活躍はご存知の通り。しかし、メッセージアプリやSNSでのやりとりはあっても、私はあの日から一度も会っていません。いや、それどころか、試合を実況することも二度とないだろうと思っていました。

【写真・画像】 2枚目
拡大する

ところが、2024年になって私はWWEの日本語実況を担当することとなりました。この仕事を受けるにあたって最大のモチベーションは、シンスケ・ナカムラの試合を実況することと公言してきたところ、その機会がついに今週のRAWで訪れたのです。しかも、対戦相手は8年前のWWEデビュー戦で対戦したサミ・ゼインというのも運命的としか言いようがありません。

「こんな日が来るとは思いませんでした!」

第1試合に入場する中邑の姿を見たとき、私は思わず口走りました。「実は、中邑真輔の試合を実況するのは8年ぶりなんです…」とあわててその理由を付け加えたわけですが、日本人スーパースターを応援するファンと気持ちを共有したかったのです。

久しぶりの体験は、懐かしい通学路を歩くような感覚と言えばいいでしょうか。「ボマィエ」と呼んでいた必殺技は「キンシャサ」と名称を変えたものの、忘れていた記憶を思い出すように舌がペラペラと勝手に動きました。しかし、結果は逆転負け。年間最大のイベント「レッスルマニア」を目前に控えた今、この敗戦はあまりにも痛い。祭典に出られるスーパースターはほんの一握りだからです。

8年もの間、過酷な生存競争を生き抜いてきた中邑真輔ですから、今頃はきっと巻き返しを計っていることでしょう。祭典の舞台に立つ姿を期待しつつ、その先には日本人の誰も成し遂げていないWWE最高峰のベルトを巻くことを願ってやみません。もちろん、そのときは私が実況で盛り上げたいと思っています。

文/清野茂樹
Ⓒ2024 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【映像】実況として感動の再会を果たした中邑真輔の試合
【映像】実況として感動の再会を果たした中邑真輔の試合
「プロレスを超えた世界にも届けたい」WWE実況に抱く“葛藤と使命”【清野茂樹アナ連載#3】
「プロレスを超えた世界にも届けたい」WWE実況に抱く“葛藤と使命”【清野茂樹アナ連載#3】
「WWE(スポーツエンターテインメント)の実況は、たいへん難しいが…実に楽しい」【清野茂樹アナ連載#2】
「WWE(スポーツエンターテインメント)の実況は、たいへん難しいが…実に楽しい」【清野茂樹アナ連載#2】
「プロレスを超えた世界にも届けたい」WWE実況に抱く“葛藤と使命”【清野茂樹アナ連載#3】

「プロレスを見て泣いたのは、たった一度だけ。あれから8年…」WWEの舞台で中邑真輔と果たした運命的な再会【清野茂樹アナ連載#5】

WWE 配信情報はこちら

この記事の写真をみる(2枚)