8月17日、AbemaTV(アベマTV)にて極楽とんぼ加藤浩次山本圭壱がMCを務める『極楽とんぼKAKERUTV』(毎週木曜21時~22時)が放送。「若者のエネルギーにかける!20代だけで話し合おう 加藤タイムスリップパーティー」という企画が開催された。

 この企画はお酒を飲んで酔っ払った加藤が、さまざまな職業の20代の若者と語り合うという内容。番組中盤、「“就職とお金” お金を稼ぐ人が偉いのか?」がテーマにのぼった際に、加藤が年収を追及される展開となった。

 番組には、加藤と話し合う20代代表として、青汁などを販売する年商100億円の株式会社メディアハーツを経営する三崎優太さん(28)が登場。加藤は三崎さんの会社の純利益が気になってたまらないようで、「年商100億円っていうけど、純利益はいくらぐらいよ?」「いくら儲かっているかは年商じゃ分からないから」「利益率教えろってことよ!」としつこく追及。

 生放送でもあるため、三崎さんは明言するわけにもいかず「それは言えないですね…でも利益率は高いですよ」「ここまで深く聞かれるとは思わなかったな」としどろもどろ。そんな様子を見かねて山本が「例えば三崎さんがYoutuberにお願いしようとなったら…」と話を変えようとするも、加藤はこれに激怒。「違うって!山本よ!年商100億ってすげーって聞こえるけど!商い(あきない)がそれだけで、利益はどれくらいあるのかってことだよ!」「テレビの1番ダメなとこだよ!」と山本を叱責した。

 その後、何度聞いても答えない三崎さんに「あなたの年収はいくらよ?」と質問する加藤。これに三崎さんはしぶしぶ答え、「個人で株とかもやってるので…株とか入れると億はいきますね」とポツリ。今までの怒りの形相はどこえやら、加藤は「それは…すごいね」と思わずにっこりし、周囲は「よかったよかった!」と加藤の怒りがおさまったことにひと安心していた。

 「28歳でそれは尊敬するわ…俺なんてさ…」とつぶやく加藤に、ここで三崎さんが反撃。「加藤さんの年収はいくらですか?」と質問すると、加藤はニヤニヤしながら「俺の年収…?あなたよりちょっと少ないくらい」とコメント。

 「もっといってそうですよね!」と三崎さんが反応すると、加藤は「もっといってそうって世の中的には言われるよ。でも、あなたより少ないくらいがテレビの実像。もっと稼いでる人はいる。俺なんて一番ギャラ少ない世代なんだよ~」と、悲しげに顔を覆ってしまい、山本らはそんな酔っ払った加藤の告白に爆笑。かなり酔っ払っている加藤。本当はいくらもらっているのかは不明だが、テレビ業界は甘くないようだ。

(c)AbemaTV

【無料】極楽とんぼKAKERUTV - Abemaビデオ | AbemaTV(アベマTV)
【無料】極楽とんぼKAKERUTV - Abemaビデオ | AbemaTV(アベマTV)
見逃した極楽とんぼKAKERUTVを好きな時に何度でもお楽しみいただけます。今ならプレミアムプラン1ヶ月無料体験を実施しています。