『映画プリキュアスーパースターズ!』初日舞台挨拶が3月17日に新宿バルト9で行われ、『HUGっと!プリキュア』のメインキャスト、引坂理絵、本泉莉奈、小倉唯と映画にゲスト出演した小野賢章が登壇した。

 ステージに集まったキャストたちは自分が演じるプリキュアを隣に呼び、「みーんなを応援!元気のプリキュア!キュアエール!!」など、それぞれ1人ずつ劇中さながらの名乗りを披露。

 プリキュア役ではなく、今作のキーパーソンとなるクローバーという少年を演じている小野は、「ハグプリ」メンバーではないキュアホイップとキュアミラクルを隣に呼び、「クローバーッ!」とオリジナルの名乗りをみせてオープニングから会場を盛り上げた。(※劇中にクローバーの名乗りのシーンはない。)

 公開初日を迎え、引坂は「1か月半前、ちょうどTVアニメシリーズの舞台挨拶があってドキドキしたのを今も鮮明に覚えています。また今日もこうやってみなさんとお会いできて嬉しく思います。この1か月半で私達も仲間になりましたし、みんながプリキュアとして活躍させていただけるのは観てくれている方のおかげでもあり、作ってくれている方々のおかげなので、本当に感謝しています。今もみなさんの『フゥーッ!』という声に励まされながらすごく嬉しい気持ちでここに立たせていただいています、ありがとうございます」とファンを前にし、感謝の気持ちを述べる。

 本泉も「やっと2月4日に第1話が放送されて今日まで本当にあっという間で、もう映画が公開されたのか!と怒涛の毎日を過ごしておりました。たくさんの方に注目していただける作品に私も参加させていただけて幸せを噛み締めております。私達もまだまだキャラクターたちのことを知らない部分がたくさんあって、これから毎話収録していくのと同時に、キャラクターとの親交も深めてどんどん魅力的なお話をみなさまにお届け出来るように頑張らせていただきます」と挨拶。

 小倉は「ハグプリは今回初めて映画シリーズに参加させていただいたんですが、本当に映画を通してプリキュアという歴史だったり、時代を通して紡がれてきた絆を感じることができました。そして私達ハグプリもみんなで絆を深めて今収録に挑んでいるので、そういった意味でもすごく私達の中で素敵な作品になっていますし、大切な思いがよりたくさんの方々に広まるといいなという思いでいっぱいです」と笑顔をみせた。

 初めて『プリキュア』シリーズに参加した思いを「まさか自分が『プリキュア』に参加できると思っていなかったので本当に光栄です」と語った小野。「出演のお話をいただいたときは、勝手にイケメンの役だと思っていた(笑)」の告白に会場からは笑いが。「映画で出会うカッコイイお兄さん的な存在のキャラクターかな?なんて勝手に思っていたら、まさかの可愛らしいクローバーという役で、どういう風に演じていこうかなとまず考えました。(主人公の)はなたちの物語に繋がっていけるように、切なく演じさせていただきました」と語る。

 小野と一番共演シーンが多かった引坂は「小野さんのイメージにないキャラクターだったので、マイク前に立った時に、儚くて『本当にごめんね!』って心から思えたんです。小野さんの涙を誘うお芝居が力になって、私も涙が出そうでした」と収録を振り返った。

 また、小野は手に今作の入場者特典であるミラクルクローバーライトを握りしめて登壇。「ハグプリのお三方がなぜ持っていないのか疑問に思っていたんですけど。かなりキーアイテムですよ。これを映画上映中に振って、プリキュアたちもパワーをもらえる。これをなんで持ってないのかな?」と熱弁する小野に、「すみません……」とハグプリメンバーも恐縮。ゲスト出演ながらも、小野のプリキュアへの思いの強さが垣間見えた。

 そんな小野に、また『プリキュア』シリーズ出演のオファーがあったらどんな役をやりたいか尋ねると、「やっぱりプリキュアですかね。史上初の男の子プリキュアをやりたい」と大胆発言。これにはハグプリメンバーと会場から「おお!」の歓声と拍手が沸き起こった。

 本作のテーマ「約束」にちなみ、映画公式サイトでは「プリキュアとのお約束キャンペーン」がスタート。キャストたちも、それぞれ“守りたい約束”を発表。

 引坂は、『プリキュア』15周年の記念すべき年であり、今まで先輩たちが繋いできた歴史を今度は自分たちが次に繋ぐという意味で「バトンをつなぐ」と決意ともとれる約束を表明。

 本泉は、『プリキュア』の現場は美味しいお菓子の差し入れが多く、つい休憩ごとに手が伸びてしまうので、「おかしを食べすぎない」を約束として宣言。しかし、「さっきそれ書きながらお菓子食べようとしてたよね?」「チョコの包み紙が2つくらい……」と、引坂と小倉からすかさずツッコミが入り、「今ここから!」と弁解する場面も。

 小倉の約束は、「HUGっと!未来☆ドリーマー!の振付をマスターする!!」。個人的にダンスを踊ることが好きだという小倉は、何ヶ月かかけてマスターしたい、と意気込んだ。

 一方、小野の約束は「行けたら行く!と言わない」。大人になり、「行けたら行くよ!」とごまかすことが増えてきたことを、『プリキュア』を観て改めて感じたという。「だから、行ける時はちゃんと行く。行けない時は『申し訳ございません、ちょっと行けません』とハッキリごまかさずに言えるように、ここで約束したいと思います。よく聞くやりとりですけど、これ言われたら『絶対来ないな』と思うことが多いと思うので、その逆をいけたらと思います」と日々の姿勢を改めることを誓った。

 「約束」と「信じる絆」がテーマになっている『映画プリキュアスーパースターズ!』は全国公開中だ。

テキスト・写真:non

北村一輝、プリキュア声優抜擢で友達の奥さんから電話「何かグッズとかありますか?」
北村一輝、プリキュア声優抜擢で友達の奥さんから電話「何かグッズとかありますか?」
 俳優の北村一輝が、『プリキュア』シリーズ最新作『HUGっと!プリキュア』をメインにした3月17日(土)公開の春映画『映画プリキュア スーパースターズ』で声優に初挑戦。プリキュアの世界をウソばかりの世
AbemaTIMES
プリキュア15周年記念映画は“最新”と“初代”の最強タッグ!主題歌は「ふたりはプリキュア」OPアレンジ曲
プリキュア15周年記念映画は“最新”と“初代”の最強タッグ!主題歌は「ふたりはプリキュア」OPアレンジ曲
  2004年2月1日から「ふたりはプリキュア」からテレビ放送を開始して以来、瞬く間に人気を博し子供たちを中心に幅広く愛され続けている「プリキュア」シリーズが、遂に今年15周年に突入。記念すべき15作
AbemaTIMES