AbemaTVにて7月14日(土)よる11時より『恋愛ドラマな恋がしたい』の第8話が放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、お笑い芸人の渡辺直美と、俳優の大野拓朗、お笑いコンビ・ジャルジャル福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、モデルとして活躍する縣豪紀(以下:あがた/26歳)、ジュノンボーイコンテスト準グランプリで大学生の岡田龍太郎(以下:りゅうたろう/24歳)、恋愛経験なしでキスも未経験という川村海乃(以下:うみちゃん/22歳)、韓国で俳優と活動しているテジュ(以下:テジュ/29歳)、半年前にボーカリストとしてデビューした橋本裕太(以下:はっしー/23歳)、モデルをしている姫野佐和子(以下:ひめちゃん/23歳)、元NMB48のメンバーの三秋里歩(以下:りぽぽ/23歳)、ダンスが得意な女優の米山穂香(以下:こめちゃん/20歳)の男女8人。

(左から、ひめちゃん、テジュ、こめちゃん、りゅうたろう、うみちゃん、はっしー、りぽぽ、あがた)

 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。

 今回のペアは、くじ引きではなくメンバー全員で話し合いで決めることに。3回ペアを組みながらも、まだ主役を演じたことがないテジュ&ひめちゃんは、リベンジを果たすために再度ペアを組みたいと主張。

 りぽぽに思いを寄せるはっしーは「もう一回りぽぽと主演をとりたい」とアピール。りぽぽは、「(前回)岡田さんとハグをしたとき、私に気持ちがないのが分かった。お芝居でしたいっていうのも大事だけど、自分の気持ちが大事なのかなと思った」と前回ペアを組んだりゅうたろうにチクリ。そして、自分を思ってくれるはっしーに応える。

 前回、こめちゃんとペアを組み、キスシーンを演じたあがたは「もう一回こめちゃんと組みたい」と正直な気持ちを伝える。一方、こめちゃんは、りゅうたろうを指名。同じくりゅうたろうに想いを寄せるうみちゃんもりゅうたろうを指名するが、りゅうたろう自身は「こめちゃんと組んでリベンジしたい」と収拾がつかない展開に。

 こめちゃん・うみちゃん・あがた・りゅうたろうの4人はそれぞれ男女に分かれ2人っきりで話すことに。うみちゃんは「正直な話、岡田くんが自分に気がないことはずっとわかってる。でもそれでいいやってほど軽い気持ちじゃない」とりゅうたろうを譲れない思いをこめちゃんに正直に明かす。こめちゃんも「好きなんだからしょうがない。譲れるくらいだったら好きって言えないでしょう」と同意。女同士の話し合いは決着がつかないまま。

 あがたは、「こめちゃんが違う人とキスするのみたくないし、それなら自分がやりたい。こめちゃんは譲れない」とこめちゃんへの抑えきれない恋愛感情をりゅうたろうに吐露。すると、りゅうたろうは「わかった…」と一言。あがたにこめちゃんを譲ることを決めた。

 メンバーたちの元へ戻ったりゅうたろうは、「リベンジしたいという思いよりもあがちゃんの気持ちを応援したいなって気持ちになってしまって」とこめちゃんのことはあがたに譲り、うみちゃんとペアを組むことを伝える。

 そんなりゅうたろうの気持ちを聞いたこめちゃんは、目を潤ませながらりゅうたろうを呼び出し、「(うみちゃんは)いいなって思う人?」「あがちゃんを気にしないっていうんだったら?」と質問攻め。りゅうたろうは、うみちゃんに恋愛感情はなく、あがたのことがなかったらこめちゃんと組みたかったと話すが、こめちゃんはあっさりと身を引いたりゅうたろうに複雑な表情。

 一方その頃、あがたは「指名している人(好きな人)が泣くとこみるのつらいよね。違う人とキスしているのを見るよりも辛いなと思っちゃった…」とメンバーたちに打ち明ける。

 しかし、りぽぽは「だからこそ、いまやと思う。自分の好きの気持ちより、好かれている気持ちのほうが勝つときもあると思う」とあがたの思いを後押しした。

 話し合いで決まったはっしー&りぽぽペア、りゅうたろう&うみちゃんペア、あがた&こめちゃんペア、テジュ&ひめちゃんペアの4組。そして、今回の台本は、主演の2人が決まってからあて書きされるとのことで、オーディションは「結婚」をテーマとした自由演技=エチュードを行うことに。

 初めての展開に戸惑うメンバーたちだったが、それぞれが今までの経験を活かし、演じきる。しかし、そんなメンバーたちに明かされたのは、今回の主役は自分たちで決めるということ。驚きの展開には、スタジオメンバーも大困惑。

 スタジオの福徳と大野は、「ひめちゃんを応援したい」「テジュ&ひめちゃんのキスが見たい」とテジュ&ひめちゃんペアを応援。渡辺と谷は、こめちゃんへの思いを詰め込み、本気の告白のようなエチュードを見せたあがたを絶賛し、あがた&こめちゃんペアを推していた。

▶︎【無料配信中】恋愛ドラマな恋がしたい

(c)AbemaTV

恋愛ドラマな恋がしたい | 動画視聴はAbemaビデオ(AbemaTV)
恋愛ドラマな恋がしたい | 動画視聴はAbemaビデオ(AbemaTV)
見逃した恋愛ドラマな恋がしたいを好きな時に何度でもお楽しみいただけます。今ならプレミアムプラン1ヶ月無料体験を実施しています。