9月18日よる10時~、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティショー『恋する♥週末ホームステイ』(通称『恋ステ』) のシーズン5、第11回が放送された。今回は、いよいよ北海道女子が大阪男子へ告白。三角関係に揺れるしょうは、どう決断を下すのか。そして手堅いと思われていたそら×るな、まさ×なつかの、予想外の恋の結末とは…。

 『恋ステ』の舞台は2か所。「東京の女子高生4人が、福岡の男子高生3人の元へ週末ホームステイ」「大阪の男子高生3人が、北海道の女子高生4人の元へ週末ホームステイ」という、現役高校生男女2つのグループの恋愛模様を追ったリアリティショー。高校生たちが会えるのは3回の週末2日間、合計6日間だけ。それまでに彼らは恋に落ちるのか? ピュア恋見届け人はゆいPおかずクラブ)、工藤大輝Da-iCE)だ。

 北海道女子×大阪男子では、女子はふんわり系一途女子の菊池さくら(ニックネームは「さーちゃん」/高3・17歳)、ガテン系に弱い読モギャルの加藤夏歌(なつか/高2・16歳)に加え、カナダ人とのハーフ、メドウズ舞良」(まいら/高3・17歳)と夢は助産師、恋に積極的な和顔美人の久留栖るな(るな/高2・17歳)。男子は浮気されてばかりの料理男子・森脇丞啓(しょうけい、ニックネームは「しょう」/高3・17歳)、浪速のサーファー男子・下田壮良(そら/高3・17歳)、リベンジ参戦の直球男子・藤村政貴(まさき、ニックネームは「まさ」/高3・18歳)。

最後の2ショット、それぞれの時間

 果物狩りや釣りが楽しめる果樹園「定山渓ファーム」で、告白前のアピールラストチャンス。まさとなつかは釣り、そらとるなはピザ作り、そしてしょう、さーちゃん、まいらはいちご狩りへ。

 しょうはさーちゃん、まいらそれぞれと2人の時間をつくり、どちらとも手をつなぐ。さーちゃんはしょうへ気持ちが傾いていることをほのめかすが、まいらはどっちつかずのしょうに「しょうの気持ちがわからない」と不安を隠せない。

 るなは、前回もっとベタベタしたいと言っていたそらに、自分のほうからさり気なく腕をからめ、ピザをあーんするなどいつになくスキンシップを図ろうとしているように見える。そらは、山の写真をとっているるなの後ろから肩を抱くと自撮り2ショットを撮影し、ゆいPも「ここは安定感ある」と確信。

 そのころ、釣りをしていたなつかとまさ。まさは「悩んでる」とまだ煮え切らない。なつかとの時間について、「楽しいのが当たり前になりすぎて。楽しいんやけど、うーん…」と悩む表情をみせたまさに、なつかが「違うってことでしょ」と言葉を補った。

 まさは、これまでの恋が“追っていく恋”だったことを振り返り、「前と比べちゃう」と告白。「比べたらあかんけど。自分の気持ち的には、前のほうが動きがあった」というまさに、なつかは「比べてたんか…」とポツリ。思わず涙をこぼしながら、それでもまさがしばしば2ショットに誘ってくれたことが嬉しかったと言い、自分は“消去法”なのかどうか確認。まさの答えは消去法ではなく、「選んだからなつにした」というものだった。なつかはうなずくと、「6日間楽しかったね。良かったよ、まさいて」と感謝を伝えた。

それぞれの告白…予想外の結果にスタジオ驚き

 るなはそらのもとへ。手をつないだり、ハグしたりしたことについて「恥ずかしくて嫌がっているようにみえていたかもしれないけど、全部すごく嬉しかった」と言い、サバサバしているように見えるのは、照れ隠しだったと説明。「一緒にいていちばん楽しかったです。恥ずかしがり屋だから、いやなことを思ったりするかもしれないけど、こんな私でもよければお願いします」と告白した。

 そらも、るなと一緒にいた時間は楽しかったと言うも、「でも…」と続けた。そら曰く、「もっと俺的には甘えてほしかった」。「中途半端な気持ちでOKするのもるなにめっちゃ失礼やし、気持ちはうれしいけど、ごめんなさい」という結論で、ゆいPらの予想に反し、るなの恋は実らなかった。

 しょうのところには、さーちゃんとまいら。しょうは、まいらには「(趣味の話で盛り上がれたりして)一緒にいて楽しいけど、まいらは俺の思っている理想の楽しさとは違っている気がして。気を遣ってしまって、友達という感覚がつよくて。ごめんなさい」と返答。

 さーちゃんには「第一印象からずっとさくらだった。友達からでもいいので、よろしくお願いします」と言うと、さーちゃんの手をとった。さーちゃんは笑顔を弾けさせると、「ごほうび、ギューしたいです!」と自分からしょうに飛びつき、肩に顔をうずめた。

 まさに散々泣かされてきたなつかだったが、一途にまさを想い続けたことを改めて伝え、「まさとならがんばれるかなって、自信が持てて。まさがしてくれる小さいこと、手つないだりとか、っていうことが嬉しかったんだ。…だから、先はどうなるかわかんないけど、なつはまさが“気になる人”から“好きな人”に変わりました」と告白。

 まさは、最後になつかが、「『まさがいてくれてよかった』って言ってくれたのは嬉しかった」といい、その一言でモヤモヤが全て吹っ切れたと明かす。自分がどうあろうと、なつかが想ってくれることを感じ、「もう俺は(なつかのことが)“好きな人”になっているんで、俺でよかったら付き合ってください」と頭を下げた。OKしたまさの目にも涙が浮かんでいた。

 そしてまさは、なつかの首に、それまでつけていたクロスのペンダントを外してつけた。2年前に母からもらったプレゼントで、「いちばん大切なもの」だという。「めっちゃ嬉しい」というまさは、「叫びまーす!」と宣言すると、空に向かって「あーーーー!」と雄叫び。そこになつかが元気よくかけ寄り、振り向いたまさはなつかを抱き上げた。ゆいPも「マジよかった」と祝福だ。

 来週は博多男子が東京女子に告白。ここで史上初の結末が待ち受ける! シーズン5、最終回は9月25日(火)よる10時~放送。

(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】恋する♥週末ホームステイ

[最新]恋する♥週末ホームステイ-Season5 大阪・北海道・博多編 | 動画視聴はAbemaビデオ(AbemaTV)
[最新]恋する♥週末ホームステイ-Season5 大阪・北海道・博多編 | 動画視聴はAbemaビデオ(AbemaTV)
見逃した[最新]恋する♥週末ホームステイ-Season5 大阪・北海道・博多編を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。