4月5日(金)より全国公開となる映画『麻雀放浪記2020』(配給:東映)より老練の雀士・出目徳を演じる小松政夫が、淀川長治に扮し本作を解説するスペシャル予告映像が解禁となった。

小松の親分が淀川長治に扮し『麻雀放浪記2020』を解説 「日曜洋画劇場」へのリスペクト溢れる映像が公開

 不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化。主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤工。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー“坊や哲”を熱演する。そして、メガホンを執るのは『凶悪』(13)、『孤狼の血』(18)など“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナー、白石和彌が監督を務める。

 原作では1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。原案を敬愛し続けた製作が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生する。

 そしてこの度、出目徳を演じる小松政夫が淀川長治に扮し本作を解説するスペシャル予告映像が解禁となった。

 1945年の戦後日本で、斎藤工演じる“坊や哲”と鎬を削る人気キャラクター・出目徳を演じる小松政夫。俳優だけでなくコメディアンとしての顔も持つ彼の十八番である、昭和の名映画評論家・淀川長治氏のモノマネと、『麻雀放浪記2020』の夢のコラボレーションが実現した。1966年から始まったNETテレビ(現:テレビ朝日)『日曜洋画劇場』の解説者として、番組開始から32年間、お茶の間に映画の魅力を伝えてきた淀川氏による、誰もが知るこの名物コーナーを昭和から2019年の現代へと鮮烈に復活させた。

 劇中では、勝つためには手段を選ばず、完膚なきまでに相手を叩き潰す冷静な雀士を演じる小松が、お馴染みの太い眉毛(手動式)と大きなメガネを携え、チャーミングに大変身。本作で描かれている、「新たに起こった世界大戦により東京オリンピックが中止となった2020年」という舞台設定を、面白おかしく・そしてスリリングに紹介する。「テポドン」や「トランプ政権」と言った私たちの生きる日本の時事問題を引き合いに出しながら、“坊や哲”がやってくる2020年の戦後日本を伝える小松の姿にクスリと笑いながらも、その奥に隠された映画の描く「起こりうるかもしれない未来」にゾッとするだろう。

 そして淀川長治と言ったらこの台詞、「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」。小松による愛のこもったオリジナルアレンジは爆笑必至!ぼんやりと光が灯る背景や、そこに浮き出る映画タイトルなど、随所に見られる淀川長治・日曜洋画劇場へのリスペクトにも注目だ。

 実は小松には、和田誠版『麻雀放浪記』(84)が公開になった際、毎年映画のパロディを披露するフジテレビの『新春かくし芸大会』で、なんと出目徳役で『麻雀放浪記』のパロディドラマに出演していたという経歴も。明石家さんま氏による“坊や哲”、森進一氏によるドサ健と共に出目徳を一度演じていたのだ。

 本作での坊や哲のように時を超えて、『麻雀放浪記2020』にていま再び出目徳役を演じるという奇跡が奇跡を呼び、結実したこのスペシャル映像を是非お見逃しなく!

小松政夫 コメント

東映の撮影スタッフさんのおかげで、自分でも「淀長さんが『麻雀放浪記2020』の解説をしている!?」と、一瞬錯覚するほどの出来栄えとなりました。ありがとうございました。
本編は、主演の斎藤工さんをはじめ出演者の皆さん、そして白石和彌監督をはじめスタッフの皆さんの熱意と努力で、迫力満点の作品になっています。お楽しみに!!

白石和彌監督 コメント

小松の親分の、この予告を見れただけで感無量であります!一生の宝物です!
映画の中の出目徳も、親分が飄々とお芝居されている姿最高にカッコ良いのですが、もう一つの親分の役がどんな役なのかも注目して下さい!
麻雀チャンネル | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】
麻雀チャンネル | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】
AbemaTVの麻雀チャンネルで現在放送中の番組が無料で視聴できます。