子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期

 物心ついたときから側にはしんちゃん。アニメはもちろん漫画も読み、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(2001)に衝撃を受け、岡本太郎、吉田拓郎にハマる。そして、始めて買ったレコードは同作で使用されていたベッツィ&クリス。芸能界随一の「クレヨンしんちゃん」ファンだといえるシンガーソングライター・あいみょん(24)が、満を持して『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』(4月19日全国ロードショー)の主題歌を担当する。今回の抜擢に地元・西宮(兵庫県)の家族も大喜び。6人兄弟のあいみょんだが、特に弟が喜んだといい、「紅白よりもすごいって言ってました」と笑う。楽曲「ハルノヒ」にこめた想い、しんちゃんと過ごした幼少期のこと、そして野原一家への愛をたっぷりと語ってもらった。

いろんな家族に聴いてもらえるように…主題歌「ハルノヒ」に込めた想い

子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期

ーーオファーが来たとき、どのように感じましたか。

純粋にうれしかったです。家族が喜ぶと思ったので、やらないわけにはいかない。もの心ついたときから観ていたので、しんちゃんの映画に携われることに感動しました。

ーー映画はご家族で観られたりしますか?

全員でってわけではないんですけど、特に妹と弟がすごく好きなので、一緒に観たりします。なので(今回の抜擢に)兄弟はめちゃくちゃ喜んでました。弟が一番すごいって言っていました。何よりも、紅白よりもすごいって言ってました(笑)。

ーー「ハルノヒ」はどんな思いを込めて作ったのでしょうか?

テーマが「家族」「新婚旅行に行く」ということは聞いていたので、野原一家のことを描けたらいいなと思いました。今までにないくらい「クレヨンしんちゃん」に寄り添った主題歌にしたかったですし、わたし自身、こんだけ好きなんや!っていう自信もあって、プロポーズを描きたいなと、野原一家の始まりの物語を書けたらいいなと思って作りました。(原作には)プロポーズした場所というのは描かれているんですけど、その後は描かれていないので、こうなのかな?と想像して作りました。(歌詞にある)「北千住駅の」というのはチャレンジングな部分ではありました。やはり「クレヨンしんちゃん」といえば春日部、今回の映画もオーストラリアが舞台なので、北千住っていうどこからの情報かわからないワードを入れて大丈夫かなという不安はあったんですけど、でもその北千住というワードはわたしの中で絶対に使いたいワードだったので、それを受け入れてくださったスタッフの皆さんにはありがとうございますって感じです!

ーーひろしは北千住の駅でプロポーズしたんですね。知らなかったです!

そうなんです!北千住の駅でひろしはみさえにプロポーズしたんですけど、それってコアなファンしか知らない事実であって、だから曲を聴いたときに「北千住ってなんやろ?」って引っかかりになってくれたらいいなと思いました。

ーー他に意識したことはありますか?

最後の歌詞で「住み慣れた駅の」にしているんですけど、そこをあえて「春日部」と歌わないようにしました。野原一家のことを歌っているんですけど、そこを飛び超えて、いろんな家族、いろんな恋人たちに聴いてもらえるように、最後の駅だけは指定しないほうがいいなと思いました。ただ、タイトルは春日部を少し意識して「ハルノヒ」としました。春日部の春を入れて。

ーーこれまでの「クレヨンしんちゃん」シリーズで思い出に残っているシーンや回はありますか?

いろんなところで言っているんですが、2001年公開の「オトナ帝国の逆襲」(『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』)が大好きです。それを観て太陽の塔を知って、岡本太郎さんや吉田拓郎さんにも出会って。挿入歌でベッツィ&クリスっていうアーティストの曲も使われていて、その曲がわたしが初めて買ったレコードなんです!特定のシーンというわけではないですけど、あの映画にすごく影響を受けています。しんちゃんのセリフで「ハローハロー岡本タロー」っていうのがあるんですけど、それもすごい好き!あと、「ヤキニクロード」(『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』)も好きですね。みさえがセグウェイで熱海まで向かうシーンがあるんです(笑)。わたし、あの映画で初めてセグウェイ知りましたからね。しんちゃんいつも新しい情報をあたえてくれるんです(笑)。毎回ワクワクさせてくれる。


子どもにつけたい名前は「しんのすけ」 野原一家への熱い愛

子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期

ーーもししんちゃんみたいな息子がいたらどうですか?


最高ですね!わたし、お姉ちゃんと妹がいるんですけど、お姉ちゃんと妹には子どもがいるんです。妹のところは4姉妹なんですよ。で、4人目妊娠中に男の子だったら「絶対しんのすけにする」って決めていて、それはしんちゃんからなんです。うちの家族は本当にしんちゃんが好きすぎて、「次、男の子が生まれたら絶対しんのすけにする」ってなっているんです。お姉ちゃんはこだわりがあって別の名前にしたんですけど、妹は絶対「しんのすけ」って言ってます。でも、すでに4人目やし、女の子だったのでつけれなかったんですけど。だから今、「しんのすけ」はわたしにチャンスがある(笑)。それくらい、いいなーと思います。あんな息子がいたら楽しいと思います。


ーーいたずらしても大丈夫?

全然いいです。根っこがすごく優しいですし、妹思いなんですよ。それは「嵐を呼ぶジャングル」(『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』)っていうのを観て欲しいです。しんちゃんがすごいお兄ちゃんっていうのがわかる映画なんです。あと、たまに映画でしんちゃんが涙を流すときがあるんですけど、ぐっとくる。「歌うケツだけ爆弾」(『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』)観て欲しいです。しんちゃんの涙のシーンは「歌うケツだけ爆弾」。シロが連れて行かれてしまうんですよ。そのときのしんちゃんの涙が……!タイトルはすごいんですけど泣けるんです。

しんちゃんは、ちゃんと5歳児ならではのアホっぽさもありつつ、意外にちゃんと大人のことも理解して、自分がいかに愛されているかもわかって、感情がしっかりしている。いい子なんです。


ーー野原家のような家族に憧れますか?

憧れ……?(笑)近所にいて欲しいですね。横の人がいいって感じですかね。横にいて欲しい。でも、やっぱり横の横がいいかな。たまに家とか破壊するじゃないですか(笑)。急にバーンとかなるから。それは困るので、横の横くらいでいいです。


ーー(笑)ひろしとみさえの関係についてはどう思われますか?

すごくいい関係ですよね。アニメとかではお互いにけなし合うみたいな感じですけど、映画になると家族の愛も描かれて。いい夫婦だと思います。でも夫婦っぽくないですよね、マイメンみたいな感じがします。

ーーたまに急に恋人っぽくなったりもしますよね。

そう!そういうのは漫画とかで描かれているんですよ!漫画は結構きわどい部分まで描かれていますね。

ーー年々、ひろしの良さを実感しますよね。

ひろしはめちゃくちゃいい男ですよ!最近の映画だと「ロボとーちゃん」(『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』)がすごく良くて、号泣ものですよ!ロボとーちゃんは、めっちゃ辛くて、ひろしがマッサージに行ったらロボットに改造されてしまうんですよ、綺麗なお姉さんに!で、しんのすけは「父ちゃんがロボになっちゃった~!?」って。でも最後、ロボットの父ちゃんも、人間の父ちゃんもしんのすけとしてはどっちも大好きで…。あのシーンは、もうね(涙)。ロボとーちゃん最高ですよ!スタンディングオベーション!

(「クレヨンしんちゃん」シリーズは)ひろしを描く映画も多くて、やっぱりひろしは大黒柱なんだなと感じます。映画とかでも、「お前が先に行け~!」とかいうシーンはだいたいひろしなんですよ。いいですよね、人間味溢れている。


ーーじゃあ、ひろしみたいな男性っていいなとか思います?


いや。知り合いの知り合いの旦那くらいでいいです。すごい人がいるんやな、みたいな(笑)。

「ダメダメの歌」をいかに噛まずに歌えるか挑戦

子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期

ーーあいみょんさんがしんちゃんと同じ5歳のときは、どんな少女でしたか?


ピアニカ……極めてたかもしれない。あと、泥だんご作ってました。いたじゃないですか、泥だんごをピカピカに鏡みたいにする子。一つのことに夢中になってたと思います。それこそしんちゃん見てましたし。しんちゃんの最初の映画のとき(93年)は生まれていないんです。わたしは95年生まれなので。だから生まれたときからそばにありました。気づいたら見ていました。漫画も持ってます。当時のアニメの曲とかも覚えています。やなわらばーさんとか歌っていましたよね。

ーー懐かしいです。歴代主題歌を歌ったりしますか?

主題歌ではないんですけど、吉田拓郎さんの「今日までそして明日から」はたまに弾き語りで歌います!

ーー素敵!あいみょんさんに「月灯りふんわり落ちてくる夜」を歌ってもらいたいです。

「月灯りふんわり落ちてくる夜は~♪」……あのエンディングの映像もすごくいいですよね!あと、「ダメダメ大人は何でもダメダメ ダメダメダメ…♪」って、「ダメダメの歌」をいかに噛まずに歌えるかっていうのは挑戦しましたね(笑)。あの歌も好きです!

きゃりーぱみゅぱみゅさんとか高橋優さんとか、先輩方が最近めちゃくちゃ(主題歌を)やってるので、決まったとき、高橋優さんに報告しました。そしたら「おっ!」て言っていました(笑)。

ーー今も放送を見ていますか?

家に録画機能がないんで、なかなか観れないんですけど、「ミュージックステーション」に出させてもらうときに、裏でギリギリまで観れるんです。しんちゃんが最後「この後はミュージックステーションだぞ」くらいで出るんです(笑)。

「病院は一人で行けない」あいみょんの子ども時代

子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期

ーー子ども時代の家族の思い出を教えてください。


6人兄弟ですごく家族が多いので、家族旅行に行くという機会がなくて、田舎に帰るくらいだったんです。ユニバーサルスタジオジャパンに行きたいけど、兄弟が多いのでなかなか行けない。なので、ユニバーサルスタジオジャパンの門の前まで行って写真撮ったっていうのを覚えています。今となっては笑い話ですけど(笑)。家族でどこか遠くに行ったことがないので、今後わたしが連れて行ってあげたいなと思っています。わたしの家族新幹線とか飛行機にほとんど乗ったことがなくて、だから弟を新幹線に乗せてあげたい。東京に来てもらおうかな、ディズニーランドに行こうかなと思います。

ーーそれこそ今回の「クレヨンしんちゃん」をみんなで映画館に観に行ったりは?

それ、すごくいいですよね。ぜひ家族みんなで(地元の)西宮で観てもらいたいなと思います。

ーー子ども時代に、“リアルおままごと”とかはされましたか?

(“リアルおままごと”を指して)ネネちゃんにはなれなかったんですけど、プールで“死体ごっこ”とかしました。あとネネちゃんのママのマネをしたりしていました(笑)。

ーーそれに対しても家族はウェルカム体制で。

うちは全然ウェルカム!弟にマネさせてましたもん(笑)。

ーー(笑)あいみょんさんはお家ではどんなお姉ちゃんだったんですか?


一人遊びが出来る子で、絵描いたりとかしていました。あんまり怒られた記憶がないです。記憶から消してるだけかもですが(笑)。一人で何でもやる子でした。今は一人じゃ何もできないんですけど。

ーー今は逆に?

昔からそうですけど、病院行くのにお母さんかお姉ちゃんについて来てもらえないと無理でした。でも「自分の症状がどういうのかは自分で説明しなさい」って言われて(それはできる)。受付とかすごい嫌なんですよ~。

ーー意外です。なんでなんですか?

緊張というか、予想もされないことをされるじゃないですか。注射とか。そのとき、その思いを誰にも伝えられないっていうのが嫌なんです。お姉ちゃんとかが横にいたら「注射って言われてんけど~!」って言えるじゃないですか。でも看護師さんに「え、注射って言われたんですけど」って言っても、看護師さんは知ってるじゃないですか。「やばいんですけど」っていうのを誰かに共有したいんです!あと普段は芸名を使ってるから怖いというのもあります。病院はすごい苦手です。周りからはしっかりしてるって言われるんですけど、一人じゃ何もできないんですよね。

ーー意外です!今回、新婚旅行が描かれていますが、あいみょんさんが新婚旅行に行くなら?

わたし、飛行機苦手なんですよね。なので、新婚旅行って割と海外に行かれる方が多いと思うんですけど、は国内でもいいかなと思っています。

ーー国内だとどこがいいですか?

えー……沖縄?それ、飛行機に乗るっていう(笑)。鹿児島とかもいいなと思います。

大人も共感できる普遍性のある作品 あいみょんが語る「クレヨンしんちゃん」の魅力

子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期

ーー最後に、しんちゃんが愛され続ける理由はなんだと思いますか?


非現実的な家族の模様なんですけど、ときおり普段わたしたちにも起こり得るような普通の家族の日常が描かれて居る。毎朝しんちゃんが起きれなくて、うんちが長くて遅刻してしまうとか。きっとそういうお母さんいると思うし、子どもだけじゃなくて大人も共感できる作品なんです。普遍性のある作品だと思います。そもそも、主人公家族はあと32年ローン抱えてますから。すごい現実的で面白いですよね。なかなかローン抱えているアニメってないですよ。ひろしは課長だけど意外と給料良くないんだよ!と(笑)。

とくに映画は、ハチャメチャなおふざけがありながらも家族愛やカスカベ防衛隊の絆が描かれている。それが共感できるところでもあり、グッとくるところでもあって、皆さんに刺さっているんだと思います。

ーーあいみょんさんのしんちゃん愛がビシバシと伝わりました!楽しいお話、ありがとうございました!

子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期
子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期
子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期
子どもにつけたい名前は“しんのすけ” 6人兄弟のあいみょんが「しんちゃん」と過ごした幼少期

テキスト:堤茜子

写真:You Ishii

『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』公式サイト
『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』公式サイト
2019年4月19日(金)公開!映画クレヨンしんちゃんシリーズ第27弾!!野原一家、愛の試練。
『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』公式サイト

【Abemaビデオで配信中】映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツオトナ帝国の逆襲

映画クレヨンしんちゃん - 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツオトナ帝国の逆襲 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
映画クレヨンしんちゃん - 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツオトナ帝国の逆襲 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
映画クレヨンしんちゃん - を見るならAbemaビデオ!登録不要で今すぐ視聴可能!他にも最新クールや人気作も多数勢ぞろい。コメントしながら楽しめるのはここだけ!
AbemaTV

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

映画クレヨンしんちゃん - 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
映画クレヨンしんちゃん - 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
映画クレヨンしんちゃん - を見るならAbemaビデオ!登録不要で今すぐ視聴可能!他にも最新クールや人気作も多数勢ぞろい。コメントしながら楽しめるのはここだけ!
AbemaTV

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌う ケツだけ爆弾!

映画クレヨンしんちゃん - 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌う ケツだけ爆弾! | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
映画クレヨンしんちゃん - 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌う ケツだけ爆弾! | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
映画クレヨンしんちゃん - を見るならAbemaビデオ!登録不要で今すぐ視聴可能!他にも最新クールや人気作も多数勢ぞろい。コメントしながら楽しめるのはここだけ!
AbemaTV