Dream Shizukaが5月22日にソロデビューシングル『4 FEELS.』をリリースする。

 2002年にdreamに加入し、その後E-girlsやDANCE EARTH PARTYでも活動してきたDream Shizukaは、2月6日にリリースされた『かなしみから始まる物語』で本格的にソロ活動の道を歩み始めた。そんな彼女のファン待望のソロデビューシングルには、『かなしみから始まる物語』を含む全4曲を収録。タイトルの通り、4曲それぞれ異なる雰囲気の楽曲で、表現力の高さが垣間見られる作品に仕上がっている。

 AbemaTIMESでは、本作の発売を記念しDream Shizukaにインタビューを実施した。本格的にソロ活動の歩みを始めた彼女が今、感じていることとは。『4 FEELS.』の話を中心に今後の展望なども語ってもらった。

テキスト・取材:中山洋平 / 撮影:You Ishii / ヘアメイク:福田翠 Midori Fukuda(Luana) / スタイリスト:後藤則 Noriko Goto

焦ってる自分もいて(笑)

--デビューシングルはなんともバラエティ豊かな内容だと感じました。これは意図的に?

Dream Shizuka:シンプルに言うと、4つの思いが封じ込められている作品です。これまでDream、E-girls、DANCE EARTH PARTYと活動してきた自分が、ソロとして新しい1歩を踏み出すタイミングで、これまでに培ってきたいろんな表情、そして見せられなかった部分も隠さずに表現したというか。なので、色とりどりな作品になっていると思います。

--とはいえ、作品の中に共通する信念みたいなものを感じました。

Dream Shizuka:4曲を通して聴いてもらえると、Dream Shizukaとしての思いが伝わるんじゃないかなと思っています。

--1人だと当然ながらインタビューを受けるのもライブをするのも1人だし、大変なことも多いと思います。ソロで活動するというのは迷いなく決めたことなんですか?

Dream Shizuka:実は自分では、まさかこのタイミングでソロデビューできると思っていなかったんです。いつかできればいいな、いつかできるようにならなくてはいけないなと思っていたのが本音で。そんな中、DANCE EARTH PARTYが新しい道に進むという選択をした時に、ソロとしての活動というアイデアをいただきました。うれしい反面こんなにもすぐこの話が来るとは思っていなかったんです。なので焦ってる自分もいて(笑)。

--プレッシャーというか?

Dream Shizuka:それもそうですし、単純に「1人でできるのかな?」って思いがありました。ずっとグループで活動してきましたし、周りにはメンバーがいて自分ができないことを補ってくれていたので。なのでいざ、ソロになると決まったとき不安に襲われたんです。でもこのタイミングでそういうお話をいただけたってことは何かしら意味があるんだろうなって徐々に考えられるようになってきて。そこからは「だったら自分には何ができるんだろう?」と前向きな気持ちになりました。

--ソロで表現する魅力とは何でしょうか?

Dream Shizuka:ソロはさまざまな表現に柔軟に挑戦していけるのが魅力的ですよね。今まで胸の中にあった「実はこういうこともやってみたかった」という思いも、ソロでなら実現できると思うし、自分自身が「Dream Shizukaって何ができるんだろう」と模索しながら活動するのが、ある意味で楽しみというか。

--これからますます、等身大のShizukaさんを見ることができそうですね。

Dream Shizuka:そうですね。ありのままの自分を知ってもらいたいですし、ソロはそれを届けるものだとも思っているので。そういう意味では今まで見せなかった弱い部分とか、かっこ悪い部分とかを、恐れずに隠さずに、表現していきたいです。

同じ気持ちを持った人の代表として

--ではここからは1曲ずつ、『4 FEELS.』について教えてください。1曲目の『Woman We Are』から。

Dream Shizuka:この曲は割と棘があるというか、全体的に強いワードで歌詞は構成されているんですけど。でも自分自身も心の中で思っていることというか。

--多くの女性の背中を押してくれるようなエネルギー溢れる楽曲ですよね。

Dream Shizuka:私は年齢とか性別とかは関係なく、やりたいことがあるなら挑戦していくべきだと思っていて。そしてこの歌にあるメッセージはある意味、今の自分に言い聞かせていることだし、これまでの活動を通じて自分自身が感じたことでもあるんです。

--上がってきた詩が、自分の気持ちとシンクロする内容だったってことですか?

Dream Shizuka:というよりは、伝えたいテーマや方向性、そして細かい言葉のニュアンスにも、意見を出させていただいたんです。

--サウンド面にも?

Dream Shizuka:曲に関してもデモがたくさんある段階で聴かせていただきました。その上で”こういう感じの曲がいい”って具体的な話もしてから、制作はスタートしました。「自分が伝えたい思いが表現できているか」それと「自分が歌っている姿が想像できるか」、その部分を大前提に選曲をしました。

--全曲、Dream Shizukaとしてのフィルターを通していると。

Dream Shizuka:発信する側として、楽曲に対し自分自身が腑に落ちていないとリスナーのみなさんにもそれは違和感として伝わってしまうと思うので。その作業は大事にしましたね。

イメージした通り

--2曲目の『Paper Dream』はSHOCK EYE(湘南乃風)さんが作詞作曲を手がけています。非常に華々しいサウンドですよね。

Dream Shizuka:ずっとロックテイストの楽曲がやりたかったんです。「ファンの皆さんと一緒に楽しめる曲を作りたい」というイメージからこの曲を制作しました。

--SHOCK EYEさんとはどういった経緯でコラボすることに?

Dream Shizuka:以前、DANCE EARTH PARTYの『ポッケ』という楽曲でSHOCK EYEさんとご一緒させていただいた縁で親交があったんですけど、新曲のイメージをしたときSHOCK EYEさんの顔がパッと浮かんできて、駄目元でオファーしたら快く引き受け入れてくださったんです。そこから、具体的なサウンドと歌詞のテーマを伝えさせてもらいました。

--どんな話をされたんですか?

Dream Shizuka:「ただ楽しいだけじゃなくて、夢に向かって頑張る人の背中を押すような要素も入れたいんです」と自分の中にあった漠然とした思いを伝えました。あとは、その場で私のソロ活動に対する思いも聞いてもらって。そういう細かな気持ちも汲み取ってくださって出来上がった曲だと思います。

--完成した曲はイメージした通りでしたか?

Dream Shizuka:イメージした通り、素敵な曲でした。『4 FEELS.』の初回生産限定盤に付属するDVDには、SHOCK EYEさんとのレコーディング風景が収録されています。その映像では曲が出来ていく過程もみなさんに楽しんでいただけると思います。

--ファンの方にはたまらない赤裸々な映像が期待できそうです。

Dream Shizuka:あははは、そうかもです(笑)。SHOCK EYEさんはとてもハッピーな方なのでそういう要素も楽曲のテイストに含まれてますし、曲も純粋なロックサウンドっていうよりは、いろんな要素を発見できて楽しめる曲に仕上がっているんじゃないかなと思います。

--SHOCK EYEさんは「歩くパワースポット」としても有名で、その姿をスマホの待ち受けにすると、いいことがあると言われていますね。ひょっとしてShizukaさんも待ち受けに?

Dream Shizuka:私もしてます(笑)。E.G.familyメンバーにもSHOCK EYEさんを待ち受け画面に設定している子は結構いるんですよ。

--おお(笑)。

Dream Shizuka:私は「歩くパワースポット」と言われる前から仲良くさせていただいてたので、ちょっとびっくりした部分もあるんです。でも今は実際にSHOCK EYEさんと一緒にいるとどんどん人が集まって来ますからね。「一緒に写真撮ってもらえませんか?」なんて言ってきながら。

--まさに「歩くパワースポット」ですね(笑)。

Dream Shizuka:すごいなと思います。

今だからこそ表現できること

--3曲目の『Jusu keep on dreaming』の作詞はShizukaさん本人です。作詞をするきっかけは何だったんですか?

Dream Shizuka:以前からちょこちょこ歌詞は書いていたんですけど。やっぱり『4 FEELS.』は全て自分のフィルターを通した作品にしたい、その中でも1曲、自分の言葉で伝える曲を作りたいと思ったときに、この曲と出会いました。

--なるほど。

Dream Shizuka:ソロを始める上での喜びとか、ちょっとした不安というか。そんな揺らいでいる気持ちって、ひょっとしたら今だからこそ表現できることなのかなと思って。そんな気持ちを言葉にしました。

--Shizukaさんの今の気持ちが純度100%、投影されている楽曲だと。

Dream Shizuka:そうですね。歌詞を書くのに悩んだ部分もありましたけど、割とスムーズに。聴く人により共感してもらえるようなシーンってなんだろうっていうのが見つかってからは早かったです。独りよがりなるんじゃなくて、ファンのみなさんにも共感してもらいたかったですし。

原点に立ち戻って

--『かなしみから始まる物語』はシンプルな故にレコーディングで苦労した点はなかったですか?

Dream Shizuka:この曲は先行配信ですでにリリースをしていて、今まわっている『E.G.POWER 2019 ~POWER to the DOME~』でも披露させていただいてます。本当の意味でソロ活動のスタートの曲だったので、「最初に表現したいことって何だろう」って考えた時に、”歌で思いを伝えられる人になりたい”という原点に立ち戻ることにしました。

--まさに、そんな曲ですね。

Dream Shizuka:とにかくこの曲は飾らず、自分の声だけで勝負していくというか。Dream Shizukaだからこそ表現できるものを大切にしています。

--個人的にはソロ第1弾の曲で「Sorry ごめんなさい」という歌い出しに驚きました。

Dream Shizuka:そうですよね(笑)。みなさんも驚いたと思うし、私自身も初めて歌詞を読んだとき正直びっくりしたんです。でも私のことをよく知ってくださってる小竹(正人)さんだからこそ書ける歌詞だなと思っていて。

--そうなんですね。

Dream Shizuka:決して順風満帆な人生ではないんですよ。何事もスタートは上手くいかないことがほとんどで。でも出だしこそ、切なさを感じる曲ですけど、曲が展開していく内に前向きな気持ちをもらえました。今までなかなか言えなかった気持ち…それこそ反省する思いも全て伝えていきたいというか。衝撃的な始まりではあるんですけど、聴いてくださる人には最後には笑ってる私を想像していただけるんじゃないかなと思っています。

--”あなたが灯してくれた”という一節はファンのみなさんの表情が浮かんだり?

Dream Shizuka:ファンの方はもちろんですけど、家族だったり、友人だったり、スタッフさんだったり、自分を支えてくれるすべての方への思いですね。

実はバラード曲も大好き

--『4 FEELS.』を聴いたE.G.familyのメンバーから反響はありましたか?

Dream Shizuka:『かなしみから始まる物語』を聴いてもらった時に「バラードなんですね」って言われましたね。アップテンポの力強い感じの曲でくると思っていたみたいで意外だったみたいです。(佐藤)晴美ちゃんを筆頭に(笑)。

--あはは(笑)

Dream Shizuka:でも割とみんなから「意外でした」って言われたかな。E-girls時代は強いとか、クールでかっこいいみたいなイメージの役割をさせてもらっていて、自分自身もそれを守る意気込みで活動していたんですけど、実はバラード曲も大好きだったので。なので、メンバーからすると意外だったんだって初めて気づかされましたね(笑)。

--MVの衣装もシンプルで、ガラッと雰囲気を変えた姿に驚いたのかも。

Dream Shizuka:そうかもしれない(笑)。

--音楽以外で今、1番楽しいことはなんですか?

Dream Shizuka:最近、御朱印帳集めを始めたんですよ。もともと神社に行くのが好きで、行き詰まったときやリフレッシュしたいときなんかによく行ってたんです。ある時「折角行くなら御朱印集めた方がよくない?」って言われて、「確かに」と思い今年から集めています。

--最近はどちらに行かれたんですか?

Dream Shizuka:大阪のサムハラ神社に。

--地元ですよね?

Dream Shizuka:はい。お仕事の合間にサクッと。あと京都の車折(くるまざき)神社にも行きましたね。

ソロとしての大きな夢は

--今後はライブなどでファンの方と触れ合う機会も?

Dream Shizuka:今はE.G.familyとしてツアーを回らしてもらってます。そのファイナルが5月25日にあるので、まずはそこまで頑張って。でも、そこで終わるのではなく、もっともっとライブ会場なんかでファンのみなさんと触れ合えたらと思いますし、自分でもそんな機会を積極的に作っていきたいと思います。それこそ『4 FEELS.』をパフォーマンスしている姿をファンの方に観てもらいですし。

--今後ソロツアーに期待するファンも多いと思います。

Dream Shizuka:まだ4曲しかないのですぐには難しいですが、いつか出来るように頑張りたいですね。

--それこそ、過去の曲をセルフカバーする形でも楽しめると思いますよ。

Dream Shizuka:そうだといいな(笑)。ソロとしての大きな夢はワンマンライブやツアーを開催するってことなので、そこに向けてこれから頑張っていきたいと思います。

▶︎E-girls鷲尾伶菜、圧倒的美声で安室奈美恵の『CAN YOU CELEBRATE?』をカラオケで熱唱(Abemaビデオ 期間限定で無料配信中)

全力部活!E高 - 本編 - #31:平成カラオケ部♡...
全力部活!E高 - 本編 - #31:平成カラオケ部♡...
『GENE高』『ななにー』『チャンスの時間』など、人気お笑い芸人やアイドルが出演するオリジナルバラエティ番組をいつでも無料でお楽しみ頂けます。
全力部活!E高 - 限定動画 - E-girls緊急生...
全力部活!E高 - 限定動画 - E-girls緊急生...
『GENE高』『ななにー』『チャンスの時間』など、人気お笑い芸人やアイドルが出演するオリジナルバラエティ番組をいつでも無料でお楽しみ頂けます。
全力部活!E高 - 本編 - #30:【ビデオ限定あり...
全力部活!E高 - 本編 - #30:【ビデオ限定あり...
『GENE高』『ななにー』『チャンスの時間』など、人気お笑い芸人やアイドルが出演するオリジナルバラエティ番組をいつでも無料でお楽しみ頂けます。
全力部活!E高 - 本編 - #29:かわいいが大渋滞...
全力部活!E高 - 本編 - #29:かわいいが大渋滞...
『GENE高』『ななにー』『チャンスの時間』など、人気お笑い芸人やアイドルが出演するオリジナルバラエティ番組をいつでも無料でお楽しみ頂けます。
全力部活!E高 - 本編 - #23:もしも彼女がE-...
全力部活!E高 - 本編 - #23:もしも彼女がE-...
『GENE高』『ななにー』『チャンスの時間』など、人気お笑い芸人やアイドルが出演するオリジナルバラエティ番組をいつでも無料でお楽しみ頂けます。