乃木坂46のアンダーメンバーが5月24日、神奈川・横浜アリーナにて『乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念 -アンダーライブ-』を開催した。

 今回のライブには伊藤純奈、佐々木琴子、寺田蘭世中田花奈、中村麗乃、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、和田まあや、そして本公演をもって乃木坂46を卒業した伊藤かりん、5月26日の選抜ライブをもって卒業する斉藤優里の計12名が参加。チケットは即日ソールドアウトし、アンダーライブ単独公演としては過去最高の1万5千人を動員した。

 中田、樋口、和田の影ナレの後、『Overture』を経てステージに登場したかりん、斉藤を除く10人は、短めのダンスパートで会場を盛り上げてから『Sing Out!』のカップリングとして収録されるアンダーメンバーの新曲『滑走路』からライブをスタートさせた。それから『その女』『ブランコ』『シークレットグラフィティー』『春のメロディー』といったナンバーを次々と披露。自身がセンターを務める楽曲『シークレットグラフィティー』の冒頭で樋口は「横アリのみなさん盛り上がってますか? 最高の1日にしましょう」と笑顔で客席に呼びかけていた。

 MCでは、中田が「横浜の皆さん盛り上がってますか!? 横浜アリーナにアンダーライブが来ちゃいました!」と元気いっぱいに挨拶。それから中田は「乃木坂で、単独で横浜アリーナ公演を行ったのは2周年バースディライブ以来。めちゃめちゃ前の話」と振り返ったが、その後でMCのバトンを渡された3期生の向井は「私は2周年ライブに(客として)遊びに来ていたので」と告白。それから彼女は「その時大好きだった乃木坂に、メンバーとして横浜アリーナでライブをしているので、みんなから憧れられるような、素敵なライブにしたいと思います」と意気込みを語っていた。そして中田はかりんと斉藤をステージへと呼び込む。大歓声に包まれながら登場したかりんは「私たち裏で5曲観ていたんですけどずっと号泣です」と報告。斉藤も「裏で踊り納めをしていて、『これからは立ち位置で急ぐことももうないんだね』なんて話をしていたら、自爆しちゃって(笑)。泣いちゃうという出来事がありました」と笑顔で明かしていた。

 12人が揃った『自惚れビーチ』ではステージの左右や一直線に突っ切る花道をメンバーが所狭しと動き回りながらパフォーマンスを繰り広げると、続く『13日の金曜日』はサブステージでライブが行われ、途中斉藤が号泣してしまい歌が歌えなくなってしまうという場面も。そんな斎藤に純奈は寄り添いサポートすると、観客もサビパートを大合唱して会場は一体感を増していた。その後、ライブはユニット曲のブロックへと突入し、中村、山崎、和田は『Against』でエネルギッシュなダンスを披露し客席を盛り上げる。かりん、純奈は『釣り堀』でしっとりとハーモニーを響かせ、オーディエンスを魅了。かりんは歌いながら涙を零していた。それから中田、寺田、吉田は『心のモノローグ』を、斉藤、佐々木、樋口、向井は『2度目のキスから』をパフォーマンスした。MCでは純奈が言葉を詰まらせながら「歌をいつもかりんとやっていたんだけど、最後だったから…。今日はハーモニーだったから、ちゃんと支えてあげようと思ったんだけど、全然歌えなくて…」と語ると、客席からは「そんなことないよ!」などの声が多数飛び交っていた。

 それから彼女たちはアンダーメンバーの心情そのものを歌った曲『アンダー』のほか『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』『ここにいる理由』『嫉妬の権利』『日常』といったナンバーを連続で熱演して会場を圧倒。続くアッパーチューン『狼に口笛を』の冒頭では和田が「横アリ、騒げ!」と観客を盛大に煽り、さらに客席の温度を上昇させていた。それから行われたMCではメンバーが卒業するかりんと斉藤との思い出を語ることに。和田は「ゆっちゃんは1期生だし寮も一緒に住んでいたから、卒業する感覚がなくて…。かりんちゃんもそうだけど、ずっと一緒にいるから、明日からいないんだと思うと…。だから旅行に行こうと思って。かりんちゃんとゆっちゃんと」と話すと、斉藤はびっくりした様子を見せ、「この話、もともとかりんとまあやが2人で話してたんですよ。リハの時にもMCの確認をやるんですけど、その時は誘ってもらえなかった(笑)」と明かす。これに和田は即座に反応し「来て!」と誘うと、斉藤は「すぐ行っちゃうよ!」と笑顔で返し、旅行する約束をしていた。

 ここからいよいよライブは終盤戦へ。『転がった鐘を鳴らせ!』『ハウス!』の曲中にはトロッコに乗った寺田、中田、中村、樋口が客席の近くで歌唱してファンを魅了。『扇風機』『ダンケシェーン』『涙がまだ悲しみだった頃』といった人気曲が次々と届けられた場面では、『ダンケシェーン』の途中で和田が『アンダーライブ、最高だな』とファンに呼びかける場面も。これに観客は「だな!」と大きな声で応えていた。その後行われたMCで寺田は「オープニングからここまで歌って踊って、乃木坂にはたくさんいい歌があるんだなと思って。歌っている自分自身も心が動かされる瞬間がすごく多くて。いろんなアンダー曲を歌っていると楽しいことだけじゃないことをいろいろ思い出して、当時、子供っぽい言い方をするといじけたりその悔しさをぶつけようとかで頑張ってきたんですけど。今日このライブをやって、”今までのことは無駄じゃなかったんだな”って思えることができました。私は生まれ変わっても乃木坂46として活動する寺田蘭世として生きたいなと思えるくらい、ファンの皆さんもここにいるメンバーも私の宝物です」と挨拶。そして最後は全員でしっとりと『誰よりそばにいたい』を届けて、ライブ本編を終えた。

 再度ステージに現れた乃木坂46は『生まれたままで』で勢いよくアンコールをスタートさせた。『ロマンスのスタート』『左胸の勇気』ではかりん、斉藤、山崎、和田がトロッコに乗り込んでパフォーマンスを繰り広げた。アンコールの3曲を経て斉藤は「アンダーライブってやっぱ最高だなって思ったのが、アンコール1曲目の『生まれたままで』の蘭世の煽りが『プチョヘンザ』ですよ。今までのアンダーライブで聞いたことなくて!」と語り、客席を沸かせる。それから「この自由な感じがアンダーライブの素敵なところだなと思っていて。ステージ上からじっくりファンの人と目を合わせるのが何年経っても照れ臭いところがあるんです。地方公演とかでは、お立ち台とかトロッコで本当にファンの方の目の前まで行っちゃうんですね。でも、そういう時って楽しもうって気持ちの方がめちゃくちゃ強くなってしまって、自分から目を合わせにいっちゃうんです。だから、そこでアンダーライブって不思議な何かがあるんだなって思いました。自由に衣装を選んだりとか、自由に曲を選べるアンダーライブが大好きですし、ここにいるメンバーも、スタッフさんも、衣装さんも、メイクさんもみんなのことが大好きです。蘭世の言葉を借りるなら乃木坂46でいることが誇りです」と、途中涙で声を詰まらせながら語っていた。

 それから、かりんが「乃木坂に入る前から私が大好きだったメンバーのセンター曲で、サビの歌詞もすごい素敵だし、これを絶対歌いたいって思ってたので」と話してから、自身で選曲したという楽曲『泣いたっていいじゃないか?』を披露。同曲でセンターを務める1期生の高山一実は終演後、「かりんちゃん、 泣いたっていいじゃないか 歌ってくれてありがと 乃木坂に入ってくれてありがとう 私は幸せものです」とハートマークや笑顔の絵文字を添えて、トークアプリ『755』に感想を綴っていた。

 会場が感動的なムードに包まれる中、かりんが「すいません、少しお時間をいただきます」と切り出してから、「言い残すことがないようにお手紙を書きました」と以下のような手紙を読み上げた。

-両親に向けて-

 小さい時からアイドルに憧れていたけど、オーディションに落ち続けて、そのたびに私にどう声をかけていいか難しかったよね。それでも、遅咲きではあったけど、乃木坂46という最高のグループに入ることができたのはパパ譲りの運の強さかな。ライブもお仕事も1度も休むことなく活動できたのは元気な体に産んで育ててくれたおかげです。

 伊藤かりんの1番のファンとして一緒に全国飛び回って応援してくれてありがとうございました。ママ、今すごい泣いてると思うけど、涙を拭いてアイドルとしての私を最後まで見届けてね。

-スタッフに向けて-

 メンバー1人ひとりと向き合ってくれる、スタッフさんたちのおかげで私は私のやりたいお仕事ができたし、将棋にも出会うことができました。アンダーライブのときはみんなで輪になって話し合ったり、スタッフさんたちが泣いて気持ちを伝えてくれることがあったり、私たちもその期待に応えたくて頑張ってきました。心も体も大変な時もあったけど、スタッフさんたちがいつも明るくいい空気作りをしてくれたおかげでここまで楽しくお仕事ができました。ありがとうございました。

-3期生に向けて-

 出来上がってるグループに入るの大変だったよね。覚える曲数も膨大だし、年齢も違うし。ちょうど1年前の初めて一緒にやったアンダーライブの時はどうなることかと思ったけど、たった1年で頼もしくなったね。4期生も入ってきたし、これからは先輩という立場でみんなが思う乃木坂46を伝えていってあげてください。

-1期生に向けて-

 今更だけど後輩なのに親しくし過ぎてごめんなさい(笑)。こんなに仲良くなれるって思っていなくて、改めてびっくりしています。1期生という目標があったからずっと頑張ってこられたし、私の大好きな乃木坂の雰囲気を作ってくれた1期生をいつまでも尊敬しています。みんなのことが大好きなのであと10年はメンバーとして頑張ってください。

-2期生に向けて-

 2期生は最初から同じ境遇ではなかったけれど、神宮でやった2期生コーナーの時に全員バラバラな場所でそれぞれに闘ってたんだなって改めて実感しました。初めて1つになれた気がして、あの時を境に2期生への愛が日に日に強まっています。14人いた2期生もこれで9人になってしまうけど、まだまだしぶとそうな子が残っているから、これからもたくさん2期生の存在感を示していってね。そして来年の3月28日にみんなの1年の頑張りをまた聞かせてください。

-ファンに向けて-

 最後にファンの皆さん、今までありがとうございました。私は結局選抜には1度も選ばれませんでした。選抜だけにこだわらないという姿勢でやってきたけど、確かに選抜に入ることが出来ていたら世界が広がってまだ知らない素敵な未来があったかもしれません。それでもやっぱり、私がアンダーにこだわるのは、アンダーが大好きだから、アンダーライブに出たかったから。だから私は自分が通ってきた道に何の悔いもないし、自分をかわいそうだと思いません。自分のアイドル人生を誇りに思っています。そんな大好きなアンダーライブを地元で開催して、そのステージでアイドル人生を終えられること、本当に恵まれているし、これ以上の幸せはありません。

 私はアイドルというお仕事が大好きだったからとっても寂しいけど、今日のこの景色とみなさんの笑顔を焼き付けて、次のステージでも頑張ろうと思います。約6年間応援してくださりありがとうございます。そして、これからは一緒に乃木坂46を応援しましょう。本当にありがとうございました。

 かりんが手紙を読み上げると、場内からは温かな拍手が送られた。また、かりんはメンバーへ宛てた手紙を読み上げる際は客席に背中を見せ、メンバーと向き合いながら思いを伝えていた。”あと10年はメンバーとして頑張って”というメッセージを受け、1期生の中田は号泣しながら「今年25歳だから、35歳になる。いけるかな…頑張るね…。うううう…。次は本当に最後の曲になるんです。みんなで楽しく歌おうね」と発し、客席をほっこりとさせていた。そしてラストは『乃木坂の詩』を歌い、観客と大合唱してアンダーライブは幕を閉じた。

 鳴り止まないアンコールの声に応えるべく、乃木坂46は再びステージに登場。寺田から「最後に何か喋りたいことある?」と聞かれたかりんは「でもね、歌いたいから曲いかない?」と返し、「最後ラスト1曲この曲です!」と客席を煽ってから12人で『僕だけの光』を元気いっぱいにパフォーマンスした。曲が終わると、乃木坂46はかりんの声をきっかけにして「みなさん本当にありがとうございました!」と肉声で、観客に向け感謝の気持ちを伝える。挨拶を終えるとかりんは笑顔で「アンダーライブ最高!」と叫び、ステージを後にした。

乃木坂46『乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念 -アンダーライブ-』セットリスト

M00. Overture

M01. 滑走路

M02. その女

M03. ブランコ

M04. シークレットグラフィティー

M05. 春のメロディー

M06. 自惚れビーチ

M07. 13日の金曜日

M08. Against

M09. 釣り堀

M10. 心のモノローグ

M11. 2度目のキスから

M12. アンダー

M13. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

M14. ここにいる理由

M15. 嫉妬の権利

M16. 日常

M17. 狼に口笛を

M18. 転がった鐘を鳴らせ!

M19. ハウス!

M20. 扇風機

M21. ダンケシェーン

M22. 涙がまだ悲しみだった頃

M23. 誰よりそばにいたい

EN1. 生まれたままで

EN2. ロマンスのスタート

EN3. 左胸の勇気

EN4. 泣いたっていいじゃないか?

EN5. 乃木坂の詩

WEN1. 僕だけの光

「憧れた先輩たちのように…」乃木坂46の4期生が汗と涙...
「憧れた先輩たちのように…」乃木坂46の4期生が汗と涙...
25日、横浜アリーナで乃木坂46の4期生による初のワンマンライブが開催された。この日は3日間にわたる乃木坂46の23rdシングル『Sing Out』発売記念ライブの中日にあたり、前日に行われた斉藤優里・伊藤かりんのラストステージを含む...
伊藤かりん、乃木坂46選抜ライブに”さゆりんご軍団”と...
伊藤かりん、乃木坂46選抜ライブに”さゆりんご軍団”と...
5月26日に神奈川・横浜アリーナにて開催された乃木坂46ライブ「乃木坂46 23rd シングル『Sing Out!』発売記念 -選抜ライブ-」に、伊藤かりんがサプライズで登場した。
斉藤優里、笑顔と涙で乃木坂46ラストステージ「また笑っ...
斉藤優里、笑顔と涙で乃木坂46ラストステージ「また笑っ...
5月26日に神奈川・横浜アリーナにて開催された乃木坂46ライブ「乃木坂46 23rd シングル『Sing Out!』発売記念 -選抜ライブ-」に斉藤優里が出演し、メンバーとして最後のステージを踏んだ。
齋藤飛鳥、変化する乃木坂46にも「不安はない」アンダー...
齋藤飛鳥、変化する乃木坂46にも「不安はない」アンダー...
乃木坂46が5月26日に神奈川・横浜アリーナにて、「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念 -選抜ライブ」を開催した。
齋藤飛鳥、乃木坂46最新シングルは「以前にはなかった雰...
齋藤飛鳥、乃木坂46最新シングルは「以前にはなかった雰...
 乃木坂46のニューシングル『Sing Out!』の楽曲およびMVのマスコミ向け視聴会が25日、ソニー・ミュージックの本社にて開催され、同曲でセンターを務める齋藤飛鳥が登場した
乃木坂46伊藤かりんが将棋親善大使に就任、式典は「ずっ...
乃木坂46伊藤かりんが将棋親善大使に就任、式典は「ずっ...
 伊藤かりん(乃木坂46)が将棋親善大使に就任した
お腹を壊した新内眞衣、タクシーに置いて行かれた伊藤かり...
お腹を壊した新内眞衣、タクシーに置いて行かれた伊藤かり...
 先日6周年を迎え、4月25日には20thシングル『シンクロニシティ』のリリースが控えている。また、23日から25日にかけては、ファンが待ちに待った『46時間TV』が約2年ぶりに放送される。斉藤優里、和田まあや、伊藤かりん、新内眞衣の...
メンバーの性格が変わる!乃木坂46の“ゲーム女子会”事...
メンバーの性格が変わる!乃木坂46の“ゲーム女子会”事...
 先日6周年を迎え、グループとして、個人として、ますます大忙しのアイドルグループ・乃木坂46。そんなメンバーたちの息抜きのひとつが「ゲーム」だという。楽屋や移動中の車内だけでなく、オフの日もメンバーの家に集まってゲームに熱中することも...