「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」
番組をみる »

 『陸海空 地球征服するなんて』から生まれた恋愛リアリティショー「ラブアース」シーズン4の第9話がAbemaTV(アベマTV)で配信された。当番組では、男女6人が与えられた予算の中で旅を進め、数々のミッションをこなしながらゴールを目指していく。今回の舞台は、アンコールワットなどの世界遺産を持つカンボジア王国だ。

 番組のMCを務めるのはお笑いコンビ・オオカミ少年の片岡正徳、お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイ、モデルでタレントの柴田あやなだ。

 前回の放送では「夕日を見ながらバックハグ」のラブミッションで、たつろうに誘われたまなは「山ちゃんとバックハグしたかった」と山ちゃんに直談判。山ちゃんはたつろうに「まなを譲ってほしい」と交渉したが断られ、結果的にまなの誘いを断る形となり、まなはショックを受けて号泣した。

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」

 この日のラブタイムでは、たつろうはまなとハグ。たつろうはスタッフに「中途半端な気持ちではまなちゃんにいけない」と気持ちを語っていた。

 まなが山ちゃんに頼んだことに気づいていないたつろうは「『夕日見るペアを代わってくれ』って、あんなに想ってたんだ、山ちゃん……」と、山ちゃんがまなに本気で惚れていると勘違い。「責任持っていこうと思いました」と、まなに本気で向き合っていくことを決意していた。

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」

 山ちゃんも今回はまなの元へ行き、「今日は声かけてくれてありがとう」「もっと話をして、お互いのこと知っていこう」とハグ。山ちゃんに思いを寄せているまなは終始笑顔で、スタッフに「来た! 来ました!」とうれしそうな様子。

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」

 マキシはこの日も変わらずもみーの元へ。そして、今回のラブタイムでましろんは誰からも選ばれなかった。オーディションの際に「人生ずっとモテ期」だと話していたましろんは「男性が考えていることが分かんない……」と頭を悩ませる。

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」

 特に、ましろんが納得いかないのは山ちゃんのことだという。バックハグで山ちゃんとペアになったが、その際に「ましろんの良さを知ってる。見てるのは俺やと思ってる」「本音で話せるのはましろん」と言われていたましろん。しかし、ラブタイムでは山ちゃんがましろんの元に来なかったため「(山ちゃんは)みんなにモテたい?」「どこ行ったんだ? あいつ」と不満気な様子。

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」

 スタジオで映像を観ていた山崎は、山ちゃんがまなの元へ行ったことについて「(あの状況では)行くしかなかった」「気持ちに応えられなかった説明をしたいはず」とフォロー。しかし、過去“山ちゃん派”だった柴田は「説明になってました?」「とりあえずまなちゃんのところに行って『嫌われないようにしとこう』っていう可能性も……」と否定的。そんな山ちゃんを山崎は「山ちゃんに心を奪われている身としては……」と熱心にかばう。

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」

 翌日、朝食を探しに行ったメンバーたちは、米粉麺の「ノォム・バン・チョッ・ソムロー・クマエ」を食べることに。現地の人が揚げパンを麺のスープに浸けて食べているのを見たたつろうは「ここの文化を味わうためにも食べてみたくない?」と主張。人数分のパンを注文しようとする。ましろんたちに「いらない」と言われるも、結局2つ注文することに。

 席につくと、ましろんが「もうちょっとお金の使い方について考える必要あるんじゃない? たつろう」と切り出した。

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」

 前日の夜、スタッフに「うちらよく考えたら、たつろうに流されてる」「ごはんを食べるたびに、『まだいくらあるから余裕だね』って……」と気持ちを明かしていたましろん。

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」

 こうした不満がくすぶっていたましろんは、たつろうに「『俺これ食べたいから行こう』って。それは違うんじゃない?」「これたつろうの旅じゃないしさ。ちょっとワガママなんじゃないかな」と指摘した。

 オーディションでは付き合った女性の人数について「40人」と答えていたたつろう。ここでたつろうはましろんに「俺が食べたいから食べよって言ってるわけじゃない」と反論。「みんなが食べたいのに食べれないんじゃないかなって先を切ってる」「(旅の)中日だし、前半後半の分岐点として贅沢を……」と言い訳した。

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」

 朝食後、メンバーたちは“裏リーダー”のマキシを中心として話し合うことに。マキシは「リーダーは、みんなが疲れてるからごはんを豪勢にしようとしてる」と、たつろうの言い分を認めつつ、「でもこれからはましろんの言う通り」「今日から気持ち切り替えて節約しよう」とまとめた。

 すると、納得した様子のたつろうは「俺、暴走しちゃうところがあるから、止めてくれる仲間がいて本当に幸せだなって思った」と思いを口にし、これからは「『俺が食べたい』じゃなくて、『俺たちが食べたい』って言う」と冗談を言い、空気を和ませた。

 番組はAbemaビデオで視聴可能(期間限定・無料)。また、次回放送のもみー&マキシの「腕枕ラブミッション」も先行公開中。

※山崎ケイ(崎は正式には「たつさき」の字)

「人生ずっとモテ期」の女性、“経験人数40人”男性に苦言「ワガママなんじゃないかな?」


【期間限定・無料】「人生ずっとモテ期」と断言する女子の不満とは?「どこ行ったんだ、あいつ」▶︎動画はこちら

人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。

【期間限定・無料】「こんなの卑猥じゃん…」恋愛番組のラブシーンにスタジオ絶叫! ▶︎動画はこちら(26分ごろ~)

人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
人間観察恋愛バラエティ ラブアース - カンボジア編 ...
「人間観察恋愛バラエティ ラブアース」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。