がん闘病中の元プロ野球選手で野球解説者・大島康徳が22日に自身のアメブロを更新。抗がん剤治療の再開を報告した。

大島康徳、抗がん剤治療の再開を報告「なかなか真剣です」
大島康徳公式ブログよりスクリーンショット

 この日、大島は「今、病院に来ています。抗がん剤治療の日です」と説明。「現在、採血の順番待ちをしておりますが…今日は混んでいます」とつづるも、「妻と一緒なので大丈夫」と妻との2ショットを公開。 「さぁ、今日も顔を上げていきましょう。皆様、よき一日を」と呼びかけた。

 続けて更新したブログで「抗がん剤治療に必要な検査の数値を全てクリアし 抗がん剤治療が始まりました」と報告。「検査結果の数値を前回の検査結果との比較もしながらじっくり確認中です」と治療を受ける自身の写真を公開し「なかなか真剣です(笑)」と冗談混じりにつづった。

 この投稿に「治療も順調で何より」「頑張れーーーしか 言葉が 見つかりませんが応援しています」「数値オールクリアなのは、やはり大島さんがアスリートで基本的に丈夫だからなんでしょうね」「副作用との闘いですね。辛いでしょうけど一緒に頑張りましょう」などのコメントが寄せられている。

▶がんを宣告された19歳の青年が直面した苦難…その時家族は(Abemaビデオで配信中)

AYA世代の闘い ~がんと向き合う19歳~
AYA世代の闘い ~がんと向き合う19歳~
19歳の青年が直面した苦難。その時家族は…―何気ない日常を取り戻す19歳の姿をカメラが追った。
はしりたい ~難病A-Tと向き合う母子の絆~
はしりたい ~難病A-Tと向き合う母子の絆~
病気に負けず、未来をみつめる親子のストーリーを描く
知るのは“罪”なのか ~母と子 取り違え60年~
知るのは“罪”なのか ~母と子 取り違え60年~
新生児取り違えの被害者が直面する悲劇の実態とは
ブラックアウト ~530万人の2日間~
ブラックアウト ~530万人の2日間~
9月6日、北海道を襲った胆振東部地震。発生直後、全道295万戸の灯りが消えるという前代未聞の事態「ブラックアウト」に北海道は混乱に陥った。
大島康徳『抗がん剤治療、始まりました』
大島康徳『抗がん剤治療、始まりました』
抗がん剤治療に必要な検査の数値を全てクリアし抗がん剤治療が始まりました。検査結果の数値を前回の検査結果との比較もしながらじっくり確認中です。なかなか真剣です(…
大島康徳オフィシャルブログ「ズバリ!大島くん」Powered by Ameba
大島康徳『病院に来ています』
大島康徳『病院に来ています』
おはようございます!久しぶりの更新となってしまいました。ご心配いただいた皆様申し訳ありませんでした。詳しいお話は(色々な写真も)また改めてですが元気にしており…
大島康徳オフィシャルブログ「ズバリ!大島くん」Powered by Ameba