「日本一のAV男優になりたい」風俗ブログ早大生、母親とも和解し出演に備える日々
番組をみる »

 早稲田大学3年の篠塚康介さん(20)。いたって普通の大学生に見えるが、実は「宇都宮のソープランドで平成の僕は死んだ」「親が熱海旅行に行った隙に実家にデリヘルを呼んだ話」など、自身の性体験を赤裸々に綴ったブログ『できっこないをやらなくちゃ』が大きな話題を呼んでいるブロガーでもある。そろそろ就職活動を意識し始める時期だが、将来の夢は「日本一のAV男優になること」だ。

 きっかけは去年6月。「どうやって童貞を卒業すればいいか悩んでいるときに、池袋でキャッチのお兄さんに声をかけられた。"某有名AV女優さんが来る"って言われたので、その女優さんのTwitterを見て、"俺は今からこの子とやるんだ"って思った」。甘い言葉を信じて12万円を支払いホテルに入るも、女優が現れることはなかった。「20分くらいしても全く来なくて…。12万ボッタくられるっていう。早稲田まで入って、ダサすぎるなと思った。世の中のこと知らないから騙されちゃうんだと思って、そこから自分の生き方を見直したというか、強くなるっていうのが人生のテーマになった」。

「日本一のAV男優になりたい」風俗ブログ早大生、母親とも和解し出演に備える日々

 そんな体験談をブログに綴っていたところ、"卑猥だ""早稲田生どうなってんだよ"と大学に通報に通報されてしまう。「恐る恐る教務課に行った。そしたら、違法なことはしていないし、読ませる文章だからファンになっちゃったよと褒めている教員もいたようで、これからも法にだけは気を付けてと言われた。それで"早稲田最高"ってツイートしたら。バズって5000いいね!を超え、急にブログが読まれるようになった」。

 この騒動は瞬く間に拡散。週刊誌やネットニュースにまで取り上げられる。そして、ついに母親にカミングアウトする日が来る。「livedoorニュースにも載っていたし、地元ではちょっと話題になってきていたから、バレるだろうとは思っていた。夜中に風俗ブロガーさんと電話しているのを聞かれてしまって、"あんた風俗?AV男優?全部話しなさい"って言われて…」。

 カミングアウトするときの様子を撮影しようと考えていた篠塚さんは、咄嗟のことではあったものの録画を開始。その時の映像が残されている。「で、俺、あの…え、AV出たいんだよ」「自分が、本当に何が好きかって考えたときに、もうエロしかなかったの」と主張する篠塚さんに、母親は「バカじゃない」「AV男優なんて誰でもなれるのに」「もう終わり。私の人生は終わり。明日会社辞めるわ」と嘆息。それでも篠塚さんは「親としてさ、子供の幸せってなに?子供が普通の人生を送ることが幸せ?」「誰でもなれるわけないじゃん」「好きなことで生きて、好きなことで死にたいよ。一度きりの人生だから」と力強く訴えた。

「日本一のAV男優になりたい」風俗ブログ早大生、母親とも和解し出演に備える日々

 猛反対に遭うも諦めきれない篠塚さんは、家出を決意、Twitterのフォロワーの家を転々としている。「フォロワーさんに"風俗代奢るから一緒に行こうよ"って言われて、吉原にある8万円の超高級のソープ奢ってもらったりとか、熟女デリヘル奢ってもらったり。"風俗奢ラレヤー"です(笑)」。

 それだけではない。イベント出演の依頼のほか、ついに出演オファーをもらうまでになった。打ち合わせでAVメーカーの担当者は「AV男優さんって日本に80人しかいない。それに対して女優さんは何万人もいる。だからどっちかっていうとAV業界の久保建英くん、みたいな感じかな。そういうノリで良いと思う」と篠塚さんに語りかけた。

 そして母親とも雪解けムードに。「もう一度親に話しに行ったら、ブログを全部読んだらしい。それまで僕のこういう活動を何も知らなくて、"あんた意外ともしかしたら才能あるかもね"って言われた。親にも大学にも応援はしない、でも理解はする、そういうやり方も生き方もあると言われている。家に帰る必要もないから、来週からシェアハウスに住もうと考えている」。

「日本一のAV男優になりたい」風俗ブログ早大生、母親とも和解し出演に備える日々

 夢に向かって動き始めた篠塚さん。AVメーカーには、「普通に男優になっちゃうのはもったいなし、男優になる前からここまで発信している人はいないから、それをうまくコンテンツにしよう」との提案を受けたという。「少ないからこそ飛び込んでいきたい。しみけんさんの本とか森林原人さんの本を読んでいて、1番大事なのは人と人との触れ合いだ。信頼関係。人間力が1番大事といわれていて、気遣いが1番。優しい男と書いて男優なので優しい男にならないと。まだ勉強の段階だけど、今日も朝から仕事をしてきた。素人の女の子とAV男優さんの絡みを見に行った。僕が事前にインタビューをして、現場を正座しながら見た。それをもとに連載を書こうかなと。デビューの時期はまだ分からない。しようと思えばいつでもできるっちゃできる。でも、そんなに急がなくてもいいかなと。これから監督や脚本、カメラワークを勉強しようという話もしている」。

 その日に向けて、体作りにも余念がない。「今は風俗に行きまくっていて、フォロワーさんと一緒に3、4件はしごしたり。AV男優になるために行っているわけではないが、この間はニューハーフヘルスでケツに指を入れてもらって、"開発"してきた。どんな人でも抱けるようになりたいし、どんな人にも抱かれるようになりたいという意味で、自分でほぐしている。今月は忙しかったが、夏には筋トレを始めたい」。

 男優を引退した後のことも既に見据えている。「もともと男優だけで生きていくつもりはさらさらない。それこそしみけんさんだって男優だけで生きているわけでもない。文章が好きなので、それこそエロのメディア立ち上げるのもいいし、仲のいい風俗の経営者からは、店長やってみないかとも言われている」。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

エロ体験を記事に!
エロ体験を記事に!
夢は日本一のAV男優