8日、都内にて『奪い愛、夏』(AbemaTV/同日11時よりスタート)の放送を記念し、「奪い、奪われ試写会」が開かれ、試写会後のトークイベントに水野美紀、小池徹平、松本まりかが登壇。劇中で多発するキスシーンに対する本音を3人が語った。

 本作は、主演の水野と共に、鬼気迫る演技に定評のある小池と松本の“豪華怪演陣”が一挙に集結し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマ。テレビ朝日系で2017年1月から放送され、俳優陣の怪演っぷりとドロドロの愛憎劇が話題を呼んだドラマ『奪い愛、冬』と同様に鈴木おさむが脚本を手がる。

 第1話では、マッチングアプリ会社「ラブネクスト」の女社長・花園桜(水野)が、同社の広報部員である桐山椿(小池)に「1億円で私と結婚しなさい!!」と突如提案。父親が1億円の借金を抱えてしまった椿は、苦悩の末に桜との結婚を決断するが、椿は同じ広報部に勤める空野杏(松本)と交際していた。桜の執拗な監視の目をくぐり抜けながら、椿は彼女との逢瀬を重ねるも、その関係に気づいた桜が飛んでもない行動をとり始める…というストーリーだ。

 MCより第1話の見どころを聞かれると、水野は「いきなりキスシーンの応酬で、皆さんそわそわしませんでした?」と逆に観客に向け質問。「いろんなキスシーンがあるんですけど、(本作に出演している)田中みな実さんはプライベートで全部やったことがあると言っていました(笑)」と続け、会場の笑いを誘った。

 キスシーン、ラブシーンの多さにはキャスト一同驚いたといい、松本は「脚本を読んだときから多すぎじゃないかと。また展開が早すぎじゃないかと思いました。もうそんなことしちゃうの?と(笑)。杏も『まだ、ダメ』とか言いながらすぐ受け入れちゃう!」と自身の演じた杏の行動にツッコミ。

 小池は「ほぼ撮影初日だったので、そわそわしました(笑)」と撮影を振り返り、松本も「一日中キスシーン・ベッドシーン。多すぎて全然ナチュラルな感じでした」と感覚が麻痺するほどだったと説明。水野が「今では二人は挨拶がわりにキスしてますからね(笑)」とジョークを飛ばすと、小池は「変な意味にとられて記事にされますよ!」と慌てていた。

写真:野原誠治

テキスト:堤茜子

■番組情報

『奪い愛、夏』第1話

番組URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/DjzmuVR8CW4rKZ

新ドラマ『奪い愛、夏』第1話 1億円で私と結婚しなさい!
【あらすじ】 マッチングサービス「ラブネクスト」で広報部に所属する桐山椿(小池徹平)は、同じ部の空野杏(松本まりか)と恋に落ちた。「会社では秘密」という杏の条件の中、交際を始める二人。 椿の実家は…
AbemaTV