「僕が全部悪い」カラテカ入江が闇営業問題を謝罪、芸能界復帰については「今は何も考えられてない」

 闇営業を仲介したとして吉本興業の契約を解除されたカラテカの入江慎也(42)が、騒動後初めて、カメラの前に姿を見せた。

 入江は、今月から、8がつく日の午後8時に清掃のボランティアを行う団体「チーム渋谷888」に参加しているという。マスコミから「今はどんな生活をされている?」と質問されると、入江は「今はもう、自分の生活があるので、自分の仕事しながら…」とコメント。「どんな仕事ですか?」と問われると、入江は「掃除の仕事をしています」と答えた。

 現在はハウスクリーニング業者で働いているという入江。芸能界に大きな騒動を巻き起こしたことについて聞かれると、「本当にもう、僕が全部悪いので…。先輩方、後輩、そして同期を巻き込んでしまったので。本当にすみません」と被っていたキャップを取り、頭を下げた。また1997年からコンビとして活動してきた相方の矢部太郎については「今回、相方には1番電話していますね。もう、相方に励まされている感じですかね」「1番迷惑かけてしまいましたし、1番厳しい言葉も言われました。でも1番、今電話しています」と、現在も頻繁にやりとりがあることを明かしていた。

 また芸能界復帰について聞かれると、入江は「全然、今は何も考えられてないです。すいません」と答えた。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶︎【映像】"闇営業"吉本興業が宮迫さん&亮さん以外の謹慎解除 パンサー向井「事前に…」

吉本興業が「闇営業」巡り会合
吉本興業が「闇営業」巡り会合
契約の在り方などで