AbemaTVにて、8月31日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~』のact.4が放送され、女優の西野未姫の怒りの演技に絶賛の声が寄せられた。

西野未姫、“怒り”のエチュードで圧巻の演技力を披露 「面白すぎる」と大反響
番組をみる »

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の矢野聖人、お笑いコンビ・ジャルジャル福徳秀介小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあを迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、高崎凌(以下:りょう/20歳)、西川俊介(以下:シュンスケ/25歳)、藤田富(以下:とむ/27歳)、山口大地(以下:ダイチ/31歳)、小泉遥(以下:こいはる/23歳)、後藤郁(以下:かおる/23歳)、詩島萌々(以下:もも/21歳)、西野未姫(以下:ミキ/20歳)、溝口恵(以下:めぐ/25歳)の男女9人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、9人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 3話目のドラマ稽古を前に、メンバーたちはさらに演技を磨くため、距離を縮めるために全員でピクニックに行くことに。ダッシュや筋トレなどの体力づくりや、その場で即興演技をするエチュードを行なった。

西野未姫、“怒り”のエチュードで圧巻の演技力を披露 「面白すぎる」と大反響

 怒りのエチュードでは、トップバッターとなったミキがこれまで2回のペア決めでひとりの男性を巡ってライバル関係となっためぐを指名。「お前さぁ、ずっと思ってんだけどさぁ、まじで毎回わたしの好きな人とんないでもらえますかぁ??」と溜めてきた怒りを見事に演技にして表現。流暢な喧嘩口調とオーバーなリアクションでほかのメンバーを圧倒した。

西野未姫、“怒り”のエチュードで圧巻の演技力を披露 「面白すぎる」と大反響

 さらに、ダイチから指名されると、再び腕を組んで喧嘩モードにスイッチオン。その場で作り出される即興シーンに、ぴったりな喧嘩腰のセリフを次々と繰り出すミキには、スタジオメンバーも大爆笑で、「おもしろいなぁ~」「怒りがうまいね~」「いいなぁ~」と絶賛。視聴者からも大好評だった。

■番組情報

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~』act.4

番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1300_s1_p4

[[BTN::dorakoi]]

「ドラ恋」シーズン1キス名場面集
「ドラ恋」シーズン1キス名場面集
西野未姫、AKB48卒業後に洗脳されていた!
西野未姫、AKB48卒業後に洗脳されていた!